CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2012年04月 | Main | 2012年06月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2012年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
【予告】鰐淵寺調査速報展を行ないます! [2012年05月31日(Thu)]

NEW予告】鰐淵寺調査速報展開催exclamation
調査の状況.JPG発掘調査現場の様子
速報展示コーナーのお知らせ
【展示期間】6月13日(水)〜8月20日(月)
【内容】昨年度出雲市が発掘調査を行なった鰐淵寺等澍院(とうじゅいん)南地区で出土した遺物を展示します。備前焼大甕、越前焼大甕、天目茶碗、青磁皿、青白磁梅瓶(めいぴん)など中世後半の貴重な遺物を展示します。観覧料は無料です。
【場所】出雲弥生の森博物館 1階 
    ミュージアムショップ隣り


SX01 土器出土状況.JPG遺物が集中して出土しています。
IMG_2691.JPG貴重な中国から輸入した梅瓶(お酒など入れる瓶)
IMG_2692.JPG
中国から輸入した天目(てんもく)茶碗
SK01・SK02 甕.JPG 備前焼大甕・越前焼大甕が出土しました。
IMG_2381.JPG
備前焼大甕の復元作業(展示の準備中です!)

 鰐淵寺の発掘で出土した遺物の初公開です。目ぜひこの機会にごらんください。


大土地神楽 出雲の文化財〜Part20〜 [2012年05月30日(Wed)]

 ”古事記編纂1300年”
 最近良く耳にされる言葉だと思いますが、各地でそれにちなんだ行事が開催・予定されていますイベント
 県内では神話博しまねが島根県立古代出雲歴史博物館を主会場に7月21日から11月11日までの114日間にわたりに開催されます演劇
 
今回、出雲市の文化財Part20ということで、出雲大社のお膝元、出雲市大社町で250年以上民衆によって受継がれている
大土地神楽(おおどちかぐら)を紹介いたします目

 大土地神楽は古くから大土地荒神社の注連職によって神事(神楽)として舞われていましたが、寛政10年(1798)に記された「祷家順番帳(とうやじゅんばんちょう)」等の記録によると1750年頃から民衆によって神楽が舞われたいたことが確認でき、その頃から子どもによる神楽も舞われていたようですexclamation×2今では多くなった子ども神楽の草分けですねぴかぴか(新しい)
出雲大社の門前町として早くから芸能としての部分も影響を受けたと思われ、観る人を喜ばせるような演目も多数ありますわーい(嬉しい顔)
250年以上前から民衆(若衆・子ども)による神楽”素人神楽”が舞われ、今日でも同じように継承されている事が認められ、平成17年には国の重要無形民俗文化財に指定されていますひらめき 
 毎年10月第3or4土曜日には午後6時から夜中の3時まで大土地荒神社へ神楽が奉納され、前日の金曜日には”本ならし”とよばれるリハーサルが同じ時間帯で行なわれ、2日間とも約20演目が明け方近くまで奉納されます(大変あせあせ(飛び散る汗)

@八戸(前素尊)3.jpg


 また、平成18年からは神楽(伝統芸能)の素晴らしさ・大切さを少しでも多くの皆さんに伝えようと、自ら企画した
稲佐の浜夕刻篝火舞(いなさのはまゆうこくかがりびまい)を毎年開催雲南市の深野神楽保存会さん等を招待し共演しておられますわーい(嬉しい顔)
P1020207.JPG

 今年で7回目となる稲佐の浜夕刻篝火舞は6月2日(土)午後5時30分から9時まで、”国譲り神話の舞台稲佐の浜で篝火を焚き、他地域の神楽団体も招待して4演目が上演されますイベント
 神話の舞台稲佐の浜で開催される夕刻篝火舞、大土地荒神社で奉納される大土地神楽を観に行かれてはいかがですかexclamation&question
 時を越えて神話の世界へタイムスリップするかも知れませんよ目
旧大社駅 出雲の文化財〜Part19〜 [2012年05月28日(Mon)]

 先日、個人的に米子で開催されたいきものがかりさんのLIVEるんるんに行って来ました手(チョキ)
 以前、ブログでも紹介したことがありますが、「いきものがかりのみなさんぴかぴか(新しい)は、NHK連ドラゲゲゲの女房や映画砂時計の主題歌るんるんなど、島根県にとても”ご縁ハートたち(複数ハート)”のあるアーティストるんるんですグッド(上向き矢印)

 出雲市には・・・
 3年前に、NHK全国学校音楽コンクールの関連番組収録で、出雲第一中学校ぴかぴか(新しい)
 2年前には、メンバーの1人である山下穂尊さんが、ファンクラブ会報の撮影カメラ旧大社駅にいらっしゃいましたぴかぴか(新しい)
 写真はその時撮影カメラされた「1年2組いきものがかり新聞第15号」の旧大社駅掲載ページですひらめき
 いきものがかりのみなさんメロディ、次は出雲弥生の森博物館にお越しくださいねグッド(上向き矢印)

 ところで・・・
 旧大社駅は国の重要文化財ぴかぴか(新しい)となっている施設ですが、せっかくなので、久しぶりに旧大社駅電車紹介をします!

 忘れた人のためにチョットおさらいをいたしますと・・・

 大正時代電話1(プッシュホン)出雲大社の参詣者が飛躍的に増えたことから、表玄関としてふさわしい駅舎ぴかぴか(新しい)を作ろうということになり、1924(大正13)年2月に作られましたワイングラス
 現在は国の重要文化財に指定されていますメロディ



 左の写真は、駅構内の切符売場だったところですぴかぴか(新しい)モダンな感じが良いですよねexclamation&question実際に見てみたくなりますぴかぴか(新しい)

 1990(平成2)年に廃線電車となってしまいましたが、観光地としても人気ぴかぴか(新しい)ですぴかぴか(新しい)
 縁結びの神様ハートたち(複数ハート)出雲大社からも歩いて行くことができますので、出雲大社に行かれる際には、ぜひ旧大社駅にも脚を運んでみてくださいねわーい(嬉しい顔)
離れているけど同じ顔 [2012年05月27日(Sun)]

5/16(水)から7/9(月)まで
ギャラリー展示
離れているけど同じ顔
〜松江市山代郷南新造院跡と
 出雲市大寺谷遺跡出土の軒丸瓦〜

を開催中です。

P5260124.JPG

「同じ顔」わーい(嬉しい顔)というのは、人の顔ではなくて瓦の紋様のことです。

P5260127.JPG

約28キロ離れた、松江市と出雲市の2つの遺跡から見つかった瓦
の紋様が全く同じものであることが、研究の結果明らかになりました。

これはいったい何を意味するのでしょうかexclamation&question

ぜひ展示をご覧ください!わーい(嬉しい顔)
速報展示コーナーがマイナーチェンジ! [2012年05月26日(Sat)]

速報展示コーナー(無料!)をマイナーチェンジしました!
博物館エントランスの速報展示コーナーでは4月11日から神門寺付近遺跡の発掘調査速報展を行っていますが,その一角が新しくなりました。
画像 490.jpg先週塩冶小6年生のみなさんをご招待した神門寺付近遺跡,ブログでもご紹介したように弥生時代の「たて穴住居」が発見されていますexclamation×2
残念ながら現場はすでに埋め戻しが始まっていて,今後現地を見学することはできません・・・もうやだ〜(悲しい顔)しかし,この掘りたてほやほやいい気分(温泉)の最新成果を今回速報展示コーナーの一部でご紹介しましたexclamation×2
掘りたてなので弥生土器もバラバラのままですが,かえって生々しくていいですよねわーい(嬉しい顔)写真やイラストも使って分かりやすく展示しているので,みなさんぜひ見に来てくださいね目
もちろん遺跡の目玉展示物である古代寺院の瓦たちも引き続き展示してあります。神門寺付近遺跡の速報展示は6月11日(月)まで、その後は調査報告書作成のため当分一般公開の予定はありません。まだご覧になっていない方はお急ぎをexclamation×2
画像 491.jpg


ウミネコの調査を行ないました [2012年05月25日(Fri)]

5月20日に出雲市大社町の経島(ふみしま)で、ウミネコの調査を行ないました。この島は、日本海西部のウミネコの繁殖地として、今から90年前(大正11年・1922年)に国の天然記念物に指定されており、文化財保護のため、毎年行なっています。
umineko2012.5.jpg

今回の調査は、3月の飛来数、4月の産卵数に次ぐ、最後のふ化調査で、卵からかえったヒナの状態を確認するものです。専門調査員と文化財課の職員が船で経島に渡り、調査を行ないました。ヒナの数は過去30年平均を上回り、9年ぶりに1,000羽を超え、1,120羽でした。
このヒナたちは親鳥と一緒に、7月下旬には島を離れ。北の海を目指して旅立つことになります。
山陰中央・島根日日掲載[1].jpg

※追伸
このウミネコの生態地調査を、50年の長きにわたり続けてこられた中井春治さんに、調査報告書の執筆をお願いしています。刊行が決まりましたら、また、お知らせします。

オリジナルうちわ発売です! [2012年05月24日(Thu)]

省エネ・節電のため、博物館では、この季節、館内にうちわを置いて、来館者の方にお使いいただいています。
yosumiutiwa2012.5.jpg

このうちわを今回、一枚100円で発売することになりました。
アテンダントさんの発案で、よすみちゃんスタンプが片面に押してあり、あとは白紙です。自分で好きなデザインを入れることができます。おまけに、5つの顔を持つよすみちゃんシール、出雲弥生の森博物館のシンボルマークシール2枚、さらに、よすみちゃん塗り絵も付いています。

この夏、涼風を呼ぶオリジナルうちわで乗り切ろう。わーい(嬉しい顔)
orijinaruutiw2012.5.jpg
日食・・・それから [2012年05月23日(Wed)]

 今朝晴れ、メールを開いてみると、館長さんの自宅からメールが届いておりましたexclamation
 ぜひ見てほしいexclamationということだったので、ブログでも紹介しますexclamation×2

 それがこれです右斜め下
20120521nisshoku.jpg

 太陽晴れが欠けていく様子がよくわかりますねぴかぴか(新しい)
さすが館長さんexclamation×2


 せっかくなので・・・ひらめき
 前回、ブログに掲載した中国の天文台の話を少し・・・手(チョキ)

 中国では古くから公設の天文台ぴかぴか(新しい)が置かれていましたるんるん
 明・清代には、欽天監とよばれる天文を司る機関がその役割を担っていましたが、清代になると、多くの西洋人がその機関の長官欽天監正となりましたグッド(上向き矢印)
 世界史に登場するイエズス会宣教師湯若望アダム・シャール・フォン・ベル南懐仁フェルディナント・フェルビーストも、この欽天監の長官になったことがありますわーい(嬉しい顔)
 
 西洋の暦法ぴかぴか(新しい)が採用され、多くの西洋人ぴかぴか(新しい)が長官として登用されている事実は、中華思想台風を考えると、少し意外に思われるかもしれませんが、中国皇帝は時をも司る存在であり、正確な暦ぴかぴか(新しい)を頒布する必要があったことから、他の暦法に勝っていた西洋暦法を取り入れたのです手(グー)

 しかし、宗教上の理由などから、西洋暦法が採用されるまでには、やはり紆余曲折がありましたふらふら
 長くなるので割愛しますがあせあせ(飛び散る汗)、深く掘り下げてみるとかなり面白いるんるんですひらめき

興味のある方は・・・
 『東西暦法の対立―清朝初期中国史』アドリアン・グレロン著/矢沢利彦訳 平河出版社
                      などがわかりやすいと思いますので、ぜひご覧になってください演劇
史跡公園から・・・ [2012年05月22日(Tue)]

 今日晴れは火曜日のため、博物館ぴかぴか(新しい)は休館眠い(睡眠)していますもうやだ〜(悲しい顔)
 毎週火曜日は博物館の休館日眠い(睡眠)(祝日と重なる場合は翌日)ですが、休館日も史跡公園の2号墓展示施設ぴかぴか(新しい)は見学することができますexclamation×2
IMG_0326-.JPG


 天気晴れの良い時に墳墓の上に上がると・・・
 出雲平野を遠くまで望むことができますよ手(チョキ)
IMG_0322-.JPG


 息抜きに史跡公園に脚を運んで車(セダン)みてはいかがでしょうかexclamation&question
出雲でも日食が観察できました! [2012年05月21日(Mon)]

IMG_8685.jpg 今朝晴れのテレビTVは、朝早くから金環日食新月の話題で持ちきりでしたexclamation

 古代中国ぴかぴか(新しい)では、日食やや欠け月は天の警告爆弾とみなされ、統治者は日食やや欠け月の観測にとても関心を持っていましたひらめき また、統治者は「時ぴかぴか(新しい)をもつかさどる」という考え方から、暦を頒布していました手(チョキ)
 そのために天体観測三日月を行う省庁が置かれ、豊富な記録が残されていますカメラ
 日本では、推古天皇の頃、西暦で628年の記録が日本書記にあり、これが日本最古の日食やや欠け月の記録です耳
 
 日食やや欠け月は世界各地で古くから関心を持たれ、記録に残されてきた自然事象といえますひらめき

 今回の日食やや欠け月は・・・
 太平洋側では、日食やや欠け月の中でもさらに珍しい金環日食新月を見ることができたそうですexclamation×2

 出雲では、残念ながら金環日食新月という形では見ることができませんでしたが、部分日食やや欠け月として観察することができましたexclamation×2
IMG_5620-.jpg

 観察には出雲科学館で作った日食観察用メガネ眼鏡を使用しました手(チョキ)

IMG_7767-.jpg
 メガネ眼鏡を通してみると、月の影ぴかぴか(新しい)で太陽晴れが欠けて見えるのがわかりまするんるん

 ちなみに・・・
 今回見ることができなかった「金環日食新月」を、次に出雲で見ることができるのは900年くらい先だそうですがく〜(落胆した顔)

 残念ながら、900年後の「金環日食新月」を見ることは叶いそうにありませんが、出雲でも「金環日食新月」を見てみたいですねわーい(嬉しい顔)
| 次へ