CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年09月 | Main | 2018年11月»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜ギャラリー展関連講座を開催しました!〜 [2018年10月17日(Wed)]

 10月13日(土)、好評開催中のギャラリー展「『黄泉の穴』の人骨」の関連講座として、人骨考古学を専門とされる舟橋京子先生(九州大学大学院講師)をお招きし、「古人骨からみた出雲に生きた人々」と題した講演をしていただきました。
 舟橋先生は、人骨の形質やその出土状況から何が分かるかといった基本的な話のほか、九州や朝鮮半島などの人骨と山陰の人骨の類似点や相違点などを解説されました。
 出雲地方の代表的な古人骨として、古浦遺跡(松江市)の出土人骨は、その形が渡来系弥生人の特徴を強く持っている一方で、抜歯の儀礼や埋葬の仕方に縄文的要素や山陰独自の特徴がみられること、猪目洞窟の人骨も渡来系の特徴が強いが、その埋葬状況などは不思議な点が多く、今後も継続的に研究していきたいと話されました。
 講座には68名の方が参加され、皆さん熱心に聴いておられました。
 ギャラリー展「『黄泉の穴』の人骨」は、12月3日(月)まで開催します。
 また、ギャラリートークを11月17日(土)10時から開催します。展示の見どころを分かりやすく解説しますので、ぜひ、ご参加ください!

DSC_2272.JPG

DSC_2252.JPG

 出雲弥生の森博物館ホームページ