CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 展示の裏では・・ | Main | ココ見て!»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜体験「よすみちゃん おりがみ教室〈端午の節句〉パネルスタンドをつくろう!」を開催しました〜 [2019年05月06日(Mon)]

 5月2日(木・休日)に、「よすみちゃん おりがみ教室」を開催しました。
 
 今回は、端午の節句にちなんで、おりがみで鯉のぼりやかぶとなどをつくり、パネルスタンドに貼り付けました♪
 
 親子の参加者は、「おうちのテレビの横に飾って、いつも見られるようにしよう!」と喜んでいました。また、おりがみ好きの大人の参加者は、偶然にも本日がお子さんの誕生日とのことで、「子どもにプレゼントしよう!」と話しており、和やかな教室になりました☆


報告用@.jpg

上手に貼れたね♪


報告用A.jpg

「よすみちゃんの顔を描いてま〜す☆」


報告用B.jpg


大人も楽しめた折り紙でした!


参考サイト
出雲弥生の森博物館ホームページ


〜「第10回記念 出雲弥生の森まつり2019」(2日目)〜 [2019年04月29日(Mon)]

 「第10回記念 出雲弥生の森まつり2019」(2日目)は、「X+(えくすと)無料ライブ」で幕を開け、X+(えくすと)が制作した、出雲弥生の森博物館マスコットキャラクター「よすみちゃん」がテーマの、当館オリジナルソングが初披露されました。


X+ライブ.JPG

ライブ中♪


喫茶コーナー.JPG

地元女性ボランティアグループ「めめの会」による「喫茶コーナー」


博物館探検隊.JPG

「博物館探検隊」では博物館の裏側(バックヤード)を大冒険!


よすみちゃんクイズ.JPG

「よすみちゃんクイズ」



 おまつりはまだまだ続きます!

 5月3日(金・祝)〜5日(日・祝)
には、
 博物館に隠れているキャラクターを探す「キャラ探しスーパー」を開催します☆
 キャラクターを全部見つけることが出来たら、素敵なプレゼントがもらえますよ〜!

 また、5月2日(木・休日)は、
 「よすみちゃん おりがみ教室 〈端午の節句〉パネルスタンド飾りを作ろう!」を開催します♪
 詳しくはこちらをご覧ください♪

@.JPG

「見本」


 さらにさらに!
 5月6日(月・休日)には、ギャラリー展関連講座「遺跡が語るこしムラのレキシ -古志遺跡群の様相-」が開催されます♪
 ◆講師   三原一将
 ◆日時   5月6日(月・休日)14:00〜16:00
 ◆場所   出雲弥生の森博物館 
 ◆参加費  無料
 ◆申込み  事前にお申込みください。
       TEL:0853−25−1841


ゴールデンウィーク後半も、弥生の森で遊ぼう♪
皆さんのご来場をお待ちしています!
 

参考サイト
出雲弥生の森博物館ホームページ
〜「第10回記念 出雲弥生の森まつり2019」が始まりました!〜 [2019年04月28日(Sun)]

 いよいよ、「第10回記念 出雲弥生の森まつり2019」が始まりました♪
 
 今日は「出雲商業高校の書道パフォーマンス」がまつりのオープニングが飾り、「小学生向け特別講座」、また「復元した弥生土器でご飯を炊こう!」をはじめとする、たくさんの体験教室で、大盛り上がりの1日でした!


書道@.JPG

「書道パフォーマンス@」


書道A.JPG

「書道パフォーマンスA」


館長講座.JPG

「小学生向け特別講座」


炊飯体験.JPG

「復元した弥生土器でご飯を炊こう!」


火おこしA.JPG

「火起こし体験」



まが玉消しゴムづくり.JPG

「まが玉消しゴムづくり」


 
 イベントは明日も続きます☆

 明日、29日(月・祝)10:00からは、

  ・X+(えくすと)無料ライブ(13:00からもあるよ!)
  ・喫茶コーナー
  ・地元にぎわいコーナー
  ・野外あそびコーナー

 また、11:00〜12:00には、
 博物館の裏側(バックヤード)を探検できる「博物館探検隊」

 さらに、14:00〜15:00には、
 素敵なプレゼントがもらえる「よすみちゃんクイズ」が開催されます!

 そしてそして!
 「X+(えくすと)無料ライブ」では、X+(えくすと)が制作してくれた「当館オリジナルソング」を初公開♪♪


 詳しくは「公式ホームページ」または「チラシ」↓をご覧ください。


チラシ 表 解像度:高.jpg

「チラシ」


 1日目に来てくれた皆さんも、まだ来てないよ〜という皆さんも、ゴールデンウィークは弥生の森で遊ぼう♪
 皆さんのご来場をお待ちしています!


参考サイト
出雲弥生の森博物館ホームページ
〜春季企画展関連講座を開催しました!〜 [2019年03月25日(Mon)]

 3月17日(日)、春季企画展「ふるさと今昔物語その3−平田地域−」の関連講座として、元島根県埋蔵文化財調査センター所長の宍道正年氏に講演をしていただきました。
 「出雲市久多美地区の誇るべき歴史遺産〜古代文化、不昧公の巨石運搬、そして明治の米「北部」など〜」と題して、平田地域の久多美地区の歴史について、その意義や魅力をお話されました。宍道氏は久多美小学校の教員として勤めながら、地元の歴史を調べる中で「久多美はすごい場所」と感じられたことをお話になり、その思いが伝わってくる内容でした。
 県内で唯一発掘調査された多角形墳があること、地元の人と一緒に久多美石でつくられた松江市にある月照寺の寿蔵碑(大亀の石碑)の運搬方法を考えたことなどを紹介されました。また、明治に島根県内で誕生し、昭和初期に途絶えていた幻の米「北部(きたぶ)」を教え子が食べたいと言っていたことから、60年ぶりに復活させたというお話は、教員で
あった宍道氏らしいエピソードでした。
 講演会には58名の方が参加され、久多美地区の皆さんにも多数お出かけいただきました。また、「玖潭獅子舞(くたみししまい)」や当時のニュースなどの映像も流され、皆さん、興味深く聴講していました。

DSC_3466.JPG
講座の様子

 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori

〜体験教室「ガラスの勾玉をつくってみよう!」を開催しました!〜 [2019年03月07日(Thu)]

 3月3日(日)に、ガラス工房Izumo(出雲市斐川町出西)の“かわなべ かおり”さんを講師にお招きして、体験教室「ガラスの勾玉をつくってみよう!」を開催しました。
 当日は、多くの親子グループの参加がありました。
 ガラス勾玉をつくる前に、常設展示室を見学し、弥生時代の出雲王のお墓から出土したガラス勾玉を見てもらい、出土品や王墓の特徴を学芸員が説明しました。

@.JPG
【常設展示室見学の様子】

A.JPG
【西谷3号墓出土ガラス勾玉】
(島根大学考古学研究室蔵)

 常設展示室見学後は、かわなべ先生から、吹きガラス製品の作り方を教わりました。

B.JPG
【吹きガラス製品の作り方を学ぶ】 

C.JPG
【講師:かわなべ かおり さん】

 そして、いよいよガラス勾玉づくりです。
 材料は、練りガラスを使います。
 まずは、好きな色の練りガラスを選びます。
 次に、練りガラスを勾玉の形や、自分の好きな形に整えた後、ガラスピースで飾り付けを行います。
 最後に、730℃の高温で焼き上げて完成しますが、焼く作業と完成品の受け渡しは、後日、ガラス工房Izumoで行われます。
 どんな作品に仕上がるのか、完成が待ち遠しいですね♪

D.JPG
【好きな色の練りガラスを選びます】

E.JPG
【練りガラスの形を整えます】

F.JPG
【ガラスピースで飾り付け】

G作品【名前かくし処理済】.jpg
【たくさんの作品ができました】

 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori

〜大津小学校古代体験学習「墓上祭祀(ぼじょうさいし)の体験」を行いました!〜 [2019年02月28日(Thu)]

 2月26日(火)、博物館の地元、大津小学校5年生が「墓上祭祀の体験」を行いました。
 大津小学校と博物館は、年間を通した古代体験学習に取り組んでおり、今年度は「墓上祭祀」をテーマに、児童が自発的に考えた体験学習を行ってきました。
 「墓上祭祀の体験」とは、弥生時代に出雲の王が亡くなった際に、墓上で執り行われたオマツリを体験するものです。
 博物館に集合した児童たちは、まず、古代衣装を身にまとい、自分たちが作った勾玉や染色した布を身につけ、野焼きをした土器を両手で持ち、西谷2号墓へ向かいました。
 墓上では、弥生時代の人も見たであろう出雲平野を背景に、墓上祭祀について博物館の学芸員から学び、出雲や各地から来た参列者の様子を体験しました。また、児童全員による、弥生時代の人や「ふるさと大津」への思いをつづった「呼びかけ(群読)」の披露がありました。
 児童にとって、貴重な体験になったのではないでしょうか。
 博物館では、今後も、郷土への愛着や誇りを育んでもらえるよう、取り組んでいきたいと思います。

DSC_0020.JPG
両手で土器を持って、西谷2号墓へ移動

IMG_5040.JPG
西谷2号墓上で、学芸員による墓上祭祀のお話

DSC_0099.JPG
出雲平野を背景に、墓上祭祀を体験

 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori
〜「よすみちゃん おりがみ教室 ひな祭りスタンド&ランドセル」を開催しました!〜 [2019年02月25日(Mon)]

 2月17日(日)に、「よすみちゃん おりがみ教室」を開催しました。
 今回のテーマは、春の季節にちなんで、「ひな祭り」と今年の4月から新小学1年生になる子どもが背負うのを心待ちにしている「ランドセル」です。
 親子の参加者は、「玄関にひな祭りスタンドを置いて、おうちに来たお客さんに見てもらおうか」と話していました。また、新小学1年生になるお子さんは、「買ってもらったランドセルとは違う色のおりがみでランドセルをつくった。ランドセルが2個になった!」と喜んでいました。
 おりがみ教室の後、参加者はキャラ探しや発掘体験コーナーで遊び、博物館を楽しんでもらいました。
IMG_4983.JPG
じょうずにできた☆

IMG_4996.JPG
玄関に飾るよ〜♪

IMG_5002.JPG
発掘体験コーナーで「まがたま発見!」

 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori
〜ギャラリー展関連講座Aを開催しました!〜 [2019年01月17日(Thu)]

 1月12日(土)、好評開催中のギャラリー展「はかりの歴史−世界とつながる島根のおもり−」の関連講座として、考古学専門の 堀 晄 先生(田和山サポートクラブ副会長・元古代オリエント博物館研究部長)をお招きし、「中央アジアの分銅を探る」と題した講演をしていただきました。
 堀先生は、中央アジア周辺から出土した石製や青銅、鉛製の取手がついた下げ振りのようなものを天秤ばかりのおもりと推定された考古学者です。それらを電子ばかりで計量してまわり、8.6gを基準とする計量システムがあったことを世界ではじめて発表されました。講演では、世界を飛び回って研究を進めた時の出来事などを紹介しながら、世界最古の分銅についてわかりやすく話されました。今のところ、6000年前の中央アジアの分銅が世界最古ですが、その周辺と交易をしていることから、今後、メソポタミアやインダスでも6000年前の分銅が出土する可能性があるだろうと説明されました。
 講座には51名の方が参加し、皆さん熱心に聴講していました。
 中央アジアを対象とした講座は、当館では初めての試みでした。今後も、世界を視野にいれた展示や講座も開催していきたいと思います。

DSC_0098 - コピー.JPG
堀 晄 先生

DSC_0080 - コピー.JPG
講座の様子

 ギャラリー展は、2月25日(月)までです。
 また、展示のみどころをわかりやく解説するギャラリートークを、1月20日(日)と
2月9日(土)いずれも10時から開催します。
 ぜひ、来館ください。

 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayinomori

〜ギャラリー展関連講座を開催しました!〜 [2019年01月07日(Mon)]

 昨年の12月22日(土)、好評開催中のギャラリー展「はかりの歴史−世界とつながる島根のおもり−」の関連講座として、考古学を専門とされる森本 晋 先生(奈良文化財研究所企画調整部長)をお招きし、「考古学から見たはかりのおもり−日本の事例−」と題した講演をしていただきました。
 森本先生は、大阪府にある亀井遺跡で出土した石製品11点を、31年の時を経て、弥生時代(約2000年前)の天秤ばかりのおもり(石製分銅)であることを最初に指摘された先生です。
 講演では、3000年前から天秤ばかりが使用されていたことを世界各地の絵画から紹介し、そして、日本の天秤ばかりのおもりの特徴について説明されました。
 亀井遺跡の分銅はまとまって出土した点が重要で、「8.7g」を基準とし、その2倍・4倍・16倍・32倍の重さになるように作られていることや、島根県江津市古八幡付近遺跡の分銅は、亀井遺跡の基準値の32倍の重さに近いが、誤差が大きいため異なる基準で作られた可能性があることを話されました。
 講座には53名の方が参加され、皆さん熱心に聴講していました。

DSC_0092.JPG

 ギャラリー展の展示期間は、2月25日(月)までです。
 1月12日(土)14時からは、堀 晄 先生(元古代オリエント博物館研究部長)をお招きし、関連講座「中央アジアの分銅(6000〜3500年前)を探る」を開催します。
 また、展示のみどころをわかりやく解説するギャラリートークを1月20日(日)と2月9日(土)のいずれも10時から開催します。
 ぜひ、来館ください。

 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori

〜「よすみちゃん おりがみ教室 クリスマス&お正月」を開催しました!〜 [2018年12月26日(Wed)]

 12月16日(日)に「よすみちゃん おりがみ教室」を開催しました。
 今回のテーマは、開催要望が多かったクリスマス&お正月です!
 参加者は、3歳から大人までの19名。みなさんに「サンタクロース」や「門松」をおりがみでつくってもらいました。
 子ども達が楽しそうにつくるのを見て、大人の参加者から「ほっこり温かい気持ちになる」との感想が聞けました。また、親子の参加者は「お家のどこに飾ろうか」と話しており、和やかな教室になりました。

教室の様子.JPG
おりがみ教室の様子

楽しくつくったよ〜.JPG
楽しくつくったよ〜♪

勾玉の見学.JPG
おりがみ教室の後、常設展示室の「ガラスの勾玉」を見学

 出雲弥生の森博物館ホームページ
  ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori

| 次へ