CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 展示の裏では・・ | Main | ココ見て!»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜速報展 第2回ギャラリートークを開催しました〜 [2017年05月18日(Thu)]

 5月13日(土)、現在開催中の速報展「ふるさとの歴史を守る〜古文書を未来に伝えるために〜」の第2回のギャラリートークを開催し、9人の参加がありました。

 速報展担当の中山玄貴史料調査専門研究員が、出雲市多伎町の廻船業者の古文書を題材にして、なぜ、古文書を後世に伝えなければならないのか、わかりやすく説明しました。

 HP DSCN5055.jpg

 速報展は5月22日(月)までです。ぜひこの機会に一度お立ち寄りください。

〜ギャラリー展関連イベントを開催しました〜 [2017年05月15日(Mon)]

 5月13日(土)13時から、現在開催中のギャラリー展「山陰最古の弥生遺跡−原山遺跡は何を語るか−」のギャラリートークを開催し、12名の参加がありました。
 解説を行ったのは、展示を担当した島根大学考古学研究室4回生の若山さん。初め少し緊張していたようですが、わかりやすく説明していただきました。参加者からは、石剣の用途や籾の圧痕の付き方、土器の文様の違いなどについて質問があり、的確に答えていました。

  DSCN5061.jpg

  DSCN5070.jpg

 第3回目、島根大学考古学研究室の学生によるギャラリートークは、6月10日(土)13時から行います。

 次回が最終回です。ぜひ、ご参加ください。


〜島根県高等学校文化連盟新聞部専門部 新聞作成コンクールのため、博物館の取材に!〜 [2017年05月11日(Thu)]

 このコンクールは、島根県内の高校の新聞部員が集まり共通の取材を行い、グループごとに新聞を作成して、生徒同士が技量を磨くものです。
 4月28日(金)は、県内の新聞部の部員、顧問の先生を含め32名の皆さんに来館いただきました。

 出雲弥生の森博物館に、初めて来館した生徒もおり、花谷館長から、博物館の設立経緯や設置目的、また、企画展のテーマを作りあげる過程などの説明に聞き入っていました。

 また、常設展の案内や普段は入れないバックヤードを見学し、取材を楽しんでくれたように感じます。

  ジオラマ取材.jpg


 短時間の取材でしたが、博物館で感じたワクワクやドキドキをどのように新聞にまとめてくれるのか楽しみにしています。

 博物館で取材し作成された新聞は、博物館の1階市民ギャラリーで展示される予定です。
四隅突出型クッションが当たりました! [2017年05月08日(Mon)]

 おかげさまで、出雲弥生の森まつりは盛況に終えることができました。
 さて、まつり最終日の昨日、キャラ探しスーパーのプレゼント「四隅突出型クッション」が、松江市からお越しの方に当たりました!

  IMG_0681改.jpg

 以前にも、ご家族でご来館いただいたことがあり、その時にとても楽しめたから再び遊びにお出かけいただいたそうです。
 よすみちゃんが待っているので、また、遊びに来てくださいね!


〜「出雲弥生の森まつり2017」(5月3日 まつり3日目)〜 [2017年05月03日(Wed)]

 連日、多くのお客様にお楽しみいただいています「出雲弥生の森まつり2017」。
 3日目は、イノシシ肉を使った出雲弥生の森特製大鍋をみなさまに召しあがっていただきました!イノシシ肉はとても柔らかく、具だくさんで大好評でした!限定100食を用意しましたが、約15分でなくなるほどの盛況ぶりでした。

 鍋1.jpg
 鍋2.jpg


 また、ものづくり体験ができる「古代体験フェスティバル」では、弥生土器を使った炊飯体験、和同開珎づくりなど、5つの博物館の体験メニューを楽しんでいただきました。

 炊飯1.jpg
 炊飯3.jpg 
 復元した弥生土器でご飯を炊こう!(協力:みよし風土記の丘・広島県立歴史民俗資料館)

 おゆまる1.jpg
 おゆまる2.jpg
 おゆまるで作ろう!まが玉ストラップ(協力:八雲立つ風土記の丘)

 和同開珎1.jpg
 和同開珎2.jpg
 和同開珎づくり(協力:古代出雲歴史博物館)

 プラ板2.jpg
 プラ板1.jpg
 オリジナルプラ板づくり(協力:荒神谷博物館)

 消しゴム2.jpg
 消しゴム1.jpg
 まが玉消しゴムづくり(出雲弥生の森博物館) 


 5月4日(木・祝)〜7日(日)は、「キャラ探しスーパー」を開催します。
 博物館に隠れているキャラクターをすべて探しだし、クイズに答えて、素敵なプレゼントをもらっちゃおう!
 みなさんのご来館をお待ちしています!
 IMG_0633改.jpg
 開催期間:5月4日(木・祝)〜7日(日) 9:00〜16:00

〜「出雲弥生の森まつり2017」(4月30日 まつり2日目)〜 [2017年04月30日(Sun)]

 「出雲弥生の森まつり2017」2日目は、バルーンアートショー、よすみちゃん和菓子づくり、火起こし体験、勾玉づくり体験などを開催し、多くの方にご来館いただきました!

  20170430132342_p.jpg
  20170430133228_p.jpg
  バルーンアートショー
  
  DSC_0228.jpg
  DSC_0237.jpg
  DSC_0268.jpg
  よすみちゃん和菓子づくり

  DSC_0216.jpg
  火起こし体験

  DSC_0168.jpg
  勾玉づくり体験


 出雲弥生の森まつりは、まだまだ続きます!
 5月3日には、出雲弥生の森特製大鍋の無料配布(100食限定)や、各博物館のものづくり体験が大集合する「古代体験フェスティバル」を開催します。
 ぜひご来館ください!

 詳しくは下記ホームページをご確認ください。
 http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1396681213621/index.html

※5月2日(火)は休館日となります。


〜出雲弥生の森博物館は来館者数30万人を達成しました!〜 [2017年04月30日(Sun)]

 平成22年4月29日に開館して以来、出雲弥生の森博物館は、地元の皆さまに愛される博物館を目指して努力してまいりました。

 みなさまのおかげで、本日、来館者30万人を達成することができました!

 30万人目のお客様は、今市町北本町からお越しの安立瑠心ちゃんでした。初めてのご来館とのことで、早速、当館マスコットキャラクター「よすみちゃん」のお友達になってもらいました。
  DSC_0130.jpg


 今後も、歴史文化のまち「出雲」の交流拠点の一つとして、また、一昨日に認定を受けた「日本遺産」の情報発信の拠点の一つとして、古代出雲の魅力を皆さまにお伝えしてまります。
 これからも出雲弥生の森博物館をご愛顧いただきますようお願いいたします。


〜「出雲弥生の森まつり2017」がスタートしました!〜 [2017年04月29日(Sat)]

 当館の開館記念日4月29日に合わせて、今日から「出雲弥生の森まつり2017」がスタートしました!

 オープニングセレモニーとして、笛作家 樋野達夫さんと大津小学校6年生による土笛演奏を開催し、弥生の音色をお楽しみいただきました。また、6年生が5年生時に学んだ、土笛作りから土笛野焼きまでの様子をまとめたビデオも上映しました。
 DSC_0037.jpg

 また、花谷館長が「ふるさと おおつ」と題して、大津小学校児童たちが住んでいる「おおつ」についてお話しました。児童たちは、自分たちのふるさとについて興味深く聞いていました。
 DSC_0069.jpg

 史跡公園の野外遊びコーナーでは、まてばしい飛ばし、吹き矢などを開催しました。
 DSC_0082.jpg
 DSC_0080.jpg

 明日は、バルーンアートショー、よすみちゃん和菓子づくり、火起こし体験などイベント盛りだくさんです。また史跡公園では、屋台村や野外遊びコーナーを引き続き開設します。
 みなさんのご来館をお待ちしています。

 詳しくは下記ホームページをご確認ください。
 http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1396681213621/index.html
〜ギャラリー展関連イベントを開催しました〜 [2017年04月26日(Wed)]

 4月22日(土)、現在開催中のギャラリー展「山陰最古の弥生遺跡−原山遺跡は何を語るか−」のギャラリートークと講演会を開催しました。

 はじめに、13時から、展示を担当した島根大学考古学研究室4回生の松尾さんによるギャラリートークを行い、23名の方にご参加いただきました。松尾さんは、多くの参加者を前に緊張することもなく、わかりやすく説明し、質問にも的確に答えていました。

  DSCN4988.jpg

  DSCN1756.jpg

 14時からは、島根大学考古学研究室准教授、平郡達哉氏による「東北アジアの磨製石剣」と題した講演会を開催しました。
 平郡先生からは、朝鮮半島の磨製石剣が青銅器でつくられた剣を模したものであること、またお墓の副葬品として使われることが多いことなどを、多くの事例を基にお話ししていただきました。また、原山遺跡で採集された磨製石剣は、木の柄をつけるタイプで、他の石剣の刃部を再加工してつくられた可能性があることを指摘されました。
 講演会には63名の方に参加いただき、講演会が終了した後も質問があるなど、熱心にご聴講いただきました。

  DSCN1764.jpg

  DSCN1763.jpg

 島根大学考古学研究室の学生によるギャラリートークは、5月13日(土)、6月10日(土)いずれも13時から行います。
 ぜひ、ご参加ください。


〜「大津小学校古代体験学習」土笛野焼きを行いました〜 [2017年03月13日(Mon)]

 3月10日(金)、史跡公園弥生の森で大津小学校5年生児童と土笛の野焼きを行いました。
 大津小学校の古代体験学習は、出雲市在住の笛作家 樋野達夫さんに指導をいただき、9月に土笛づくりを行いました。そして今回、児童たちが作った土笛を野焼きの窯に並べ、児童による火入れの儀式で、野焼きが始まりました。

  IMG_0300加工.jpg

 朝からお昼過ぎまでじっくり時間をかけて土笛を焼きあげます。時間が経つにつれ、茶色だった土笛が赤茶色に変化していきます。その後、ゆっくり時間をかけて冷やし、土笛の焼きあがりです。

  IMG_0369加工.jpg

  IMG_0386.jpg IMG_0385.jpg

 その他、当日は、土器を使った炊飯体験や勾玉づくり体験も行いました。児童の皆さんにはとても貴重な体験となったのではないでしょうか。


  P1060320.jpg IMG_0361.jpg
  土器を使った炊飯体験



  IMG_0360.jpg IMG_0356.jpg
  勾玉づくり体験


 来月4月29日の出雲弥生の森まつりのオープニングでは、6年生になった児童たちに、今回焼き上げた土笛を使っての演奏を披露していただく予定です。博物館に素敵な土笛の音色が響き渡ります。今から楽しみですねるんるん


| 次へ