CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 案内 | Main | イベント記録»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜特別展オープンまで あと1日 ^^;〜 [2016年03月04日(Fri)]

 特別展「出雲王 登場」の初日まで あと1日。
 学芸係の職員は 総出で 準備にあたっています。 展示の様子は、始まってからのお楽しみ・・・
 パネルの貼り付けやら、細かな資料のセッティング準備やら、最後まで気の抜けない作業が続きます。
 間に合うかなぁ。。。

IMGP4371.JPG

IMGP4372.JPG
職場体験 [2012年09月19日(Wed)]

 9月19日(水)から21日(金)の予定で、美郷町立大和中学校出雲市立河南中学校の3年生の生徒さんるんるん職場体験で受け入れていますぴかぴか(新しい)

 そこで今日晴れは・・・
 生徒さんに職場体験の初日晴れの感想を述べてもらいました手(チョキ)


 僕は職場体験をしに弥生の森博物館に来た大和中学校の中原章寛です。
 僕は、カンバッチと勾玉づくりに挑戦しました。カンバッチは、自分のオリジナルデザインがつくれるので、とても面白かったです。わーい(嬉しい顔)
 また、勾玉は角をなくして丸くするのが難しかったです。弥生の森博物館ならではの体験をすることができました。
 あと二日あるけど、仕事をきちんとこなせるようにがんばりたいです。パンチ
IMG_0769.JPG


 私もこの弥生の森博物館に職場体験できた河南中の呉堂真季です。
 この職場体験では、色々なことをさせていただきました。開館の準備や勾玉づくりなどもさせていただきました。勾玉をつくるのは、とてもたのしかったです。ぴかぴか(新しい)
 あと二日間あるので、いろいろなことを学べるようにがんばりたいです。るんるん
IMG_0763.JPG
出雲弥生の森公園フレンドクラブ [2012年09月15日(Sat)]

 出雲弥生の森博物館ぴかぴか(新しい)は、多くのボランティアのみなさんるんるんに支えられていますグッド(上向き矢印)

 今日は地元ボランティア団体出雲弥生の森公園フレンドクラブのみなさん公園美化清掃活動がありましたexclamation
@20120915.JPG


現在、出雲弥生の森公園フレンドクラブには、約40名のみなさんが在籍なさっており、弥生の森(西谷墳墓群史跡公園)の美化清掃活動を定期的に行なってくださっていますわーい(嬉しい顔)
B20120915.JPG


最近は美化清掃活動以外に、 弥生の森まつりなどのイベント支援手(チョキ)にも、活動の輪新月を広げていらっしゃいますNEW

会長の井上明男さんは、「弥生の森は、出雲の宝ぴかぴか(新しい)というよりも世界の宝ぴかぴか(新しい)です。この貴重な財産を、きれいな状態で見てもらいたい。」と話していらっしゃいましたパスワード

クラブのみなさんぴかぴか(新しい)、いつもありがとうございます晴れ
今日も暑いなか、ありがとうございましたexclamation×2
C20120915.JPG


インターンシップ研修生の小林です [2012年08月18日(Sat)]

こんにちは晴れ
関西学院大学からやってきました、インターンシップ研究生の小林遥です。
只今研修2日目です!
おそうじ1.JPG

今日は博物館の開館準備、勾玉作り実習、勝部文庫整理などを体験させていただきましたexclamation×2

勾玉つくり2.JPG

勾玉作りは小さいお子さんから大人の方まで楽しんでいただけると思います目
まだ作ったことのない皆さん、是非一度出雲弥生の森博物館で勾玉作りに挑戦してみてくださいひらめき

勾玉つくり4.JPG

ちなみにこれが私の作品です。
不器用なりに頑張りました!!


実習はあと3日間あるので、その間に沢山のことを吸収したいと思いますexclamation×2









ホワイトデー [2012年03月15日(Thu)]

 昨日3月14日ホワイトデーでしたexclamation

 博物館アテンダントぴかぴか(新しい)のみなさんには、いつも大変お世話になっていまするんるん

 館内での接客や…
PA290344-1.JPG

 内職的な仕事…
IMG_0004-2.JPG

 日々の雑用的な仕事まで…
IMG_0001-3.JPG

 そこで、日頃の感謝を込めて、キャンディークッキーを贈らせていただきましたグッド(上向き矢印)
HACHI.JPG
 
 来館者の皆さまぴかぴか(新しい)からのアンケートでも、アテンダントぴかぴか(新しい)の「対応が良かった」との意見をよくいただきます耳
 来館者の皆さまぴかぴか(新しい)の励ましのお声は、スタッフ全員の大きな励みにもなっています手(グー)

 何か気がつかれたことがありましたら、ぜひお声がけくださいひらめき


 

博物館アテンダント研修 [2012年01月19日(Thu)]

1月17日(火)は休館日クローバーでした汗
 この日太陽は、休館日クローバーを利用して、博物館アテンダントの研修が行われました笑顔

 研修は来館者キラキラの皆さまに博物館キラキラをより楽しんでいただくため、アテンダントの資質向上音符を目的に3か月毎に行っています笑い

 今回は外国人来館者の方への対応というテーマキラキラで実施しましたダッシュ
 市国際交流室のロバート=バートン氏(アイルランド)を講師に、様々なシチュエーション音符での英会話キラキラに挑戦しましたが、学校を卒業して以来の英語キラキラというアテンダントも多かったようで、外国キラキラの方を前にして最初は緊張した様子でした悲しい



しかし日本語キラキラに堪能なバートン氏に、次第に緊張も解きほぐされていきました拍手
1対1乾杯の会話キラキラにも挑戦です〓



座学を行った後、実際にお客さまキラキラと触れ合うスペースに出て走る実践学習キラキラを行いましたウインク
バートン氏が外国人のお客さんキラキラという設定で、様々なシチュエーション音符での英会話キラキラに挑戦してみました笑い



ミュージアムショップ音符では、バートン氏が主に商品キラキラについて質問メガホンしました鐘



また展示室キラキラでは・・・
当然専門用語も多くなるので、より高度キラキラな内容になりました困った

 

この日太陽の短時間の研修音符では、もちろん完璧な力こぶ英語キラキラをマスターすることはできませんが、外国人来館者キラキラの方にも満足していただけるよう、心構えはしっかり学んだつもりです力こぶ

より良い博物館キラキラを目指し、日々研鑽キラキラキラキラキラキラしていきたいと考えていますので、
今後とも出雲弥生の森博物館をよろしくお願いしますラブ


 

 


新春ミニ企画展「ふるさと出雲お宝展」ただいま準備中! [2011年12月23日(Fri)]

今年もいよいよあと1週間ほどになり、めっきり冬らしく寒くなってまいりました雪

そんな中、博物館では1月11日(水)からはじまる新春ミニ企画展>「ふるさと出雲お宝展の準備を進めていますダッシュ

この展覧会は、出雲市内の各地域のコミュニティセンターで大切に保存、展示されてきた歴史資料や書、絵画など約100点星を展示するものですキラキラプレゼント>冠

今回、コミュニティセンターでの書額の集荷作業を紹介しましょうびっくりウインク

島根が誇る星県初の総理大臣「若槻禮次郎」さんの書額を慎重に梱包します。笑い


書面に梱包材が接触しないよう、薄葉紙というとても柔らかい専用の紙で紐をつくり、木枠の高さで巻いていきます。



この状態から、梱包材で慎重に包んでいきます。



ここから、さらにダンボールで箱を作成し、ロープでしっかりと縛って完成です。ウインクプレゼント>

みなさま。新春ミニ企画展にぜひお出かけくださいびっくり



出雲弥生の森博物館のホームページ
まだ雪が・・・ [2011年03月17日(Thu)]

こんにちはびっくりみなさんいかがお過ごしですかはてな


今日は朝起きてびっくりされた方も多いんじゃないでしょうかびっくりはてな私はかなり驚きましたびっくり
3月も中旬に差しかかっているのに雪が積もっていましたね雪
      











もう西谷の丘は春の準備をし始めていただけに、余計に寒さを感じますペンギン


王様は風邪などひいていないかな・・・温泉
ひょうたん [2010年09月07日(Tue)]

博物館の裏庭で育てていました「瓢箪(ひょうたん)」がずいぶん大きくなってきました。



あと10日余りで終了する特別展「弥生人の彩エンス」では、焼きごてを当てて文様が描かれた瓢箪を展示しています。

その弥生人の絵心と、描いた感性が、とても心に響きます。ドキドキ小


手前が西川津遺跡(松江市)出土の文様を描いた瓢箪容器。向こう側が復元品です。




このような文様を描いた容器には何が入っていたのでしょうか?

何か大事なもののような気がします
お金


ところで、裏庭の瓢箪ですが、たくさんできたので、お見せしましょう。めがね

ジャ〜ン電球



この育てた瓢箪を何に使うかはお楽しみです!! 
もうすぐ特別展開催! [2010年07月08日(Thu)]

7月17日(土)からいよいよ開館記念特別展「弥生人の彩(サイ)エンス」が開催されます。

現在のその準備でおおわらわ 走る 
この特別展では、弥生の出雲王が愛した色をテーマに鮮やかな弥生の色彩に迫っていきます。

その一つとして、植物の“藍(あい)”を実際に育て、それを使って染めてみようという企画も行います。


奥にあるつる状に延びているのが「瓢箪(ひょうたん)」で、手前の低いものが「藍」です。


博物館の裏側に、こんな畑があって今育てている最中です。


この藍の葉っぱをちぎって、ミキサーにかけ、布に詰めて絞って出てきた汁が染料として使えることになります。

今月終わりごろになると、もっと育ってきますので、それを待って収穫する予定です。

太陽実際に夏休み体験教室として、7月25日(日)
14時から「藍で染める」を開催
します。

定員25名で、事前申込みが必要です。材料費として500円必要です。



講師は、現在でも染物工場を営んでいらっしゃる地元大津の「長田染物工場の長田茂伸さん」です。 ふるってご参加くださいびっくり



実際に弥生時代の染料と染め方で染められた布と糸です。


青いものが「藍」です。すごくきれいですね ウインク

学芸員によると、体験教室で行う染め方は「生葉染め」という生の葉っぱをそのまま使うので、薄い青色になるそうで、ここまで青くはならないようです。でも、布が色に染まっていくのを体験するのは考えただけでわくわくしますびっくり



一方瓢箪は、当時実の中身を取り出して器にしたりしていました。

育てている瓢箪は、実ができるまでまだまだ時間がかかりますから、今回それを使うことはできないかもしれませんが・・・




瓢箪に絵を描いた海外の民芸品を参考に「よすみちゃん」を焼きごてでスタッフが描きました。


右の小さいものが海外の民芸品です。

焼きごてを強く当てたり、弱く当てたりして濃淡を表現しているそうです。

とてもうまく表現されていますね 笑顔



最後に、準備でおおわらわの様子をこっそりお見せしましょう。

学芸員、スタッフ一同 がんばって準備していますので、ぜひご来場ください。

| 次へ