CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«あけましておめでとうございます | Main | とっとり・しまね発掘速報展開催!»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
土椋烽跡 出雲の文化財〜Part16〜 [2011年01月07日(Fri)]

 今日太陽は土椋烽跡(とくらのとぶひあと)炎を紹介しますびっくり。 
 

 烽(とぶひ)とは「のろし炎」を上

げて、緊急事態メガホンを知らせるため

の施設で、「出雲国風土記」には、

奈良時代の出雲国内に馬見烽(う

まみのとぶひ)炎・土椋烽炎・多

夫志烽(たぶしのとぶひ)炎・布自

枳美烽(ふじきみのとぶひ)炎・暑

垣烽(あつがきのとぶひ)炎の5か

所が設置されていたことが記載されていますメモ


 現在の大袋山(標高358m,写真右奥の山)の頂上朝日付近にあったと考えられている土椋烽炎はそ

のうちの1つで、他の烽を経由して出雲国庁ビルへ緊急事態を伝えていましたメガホン


 当時としては非常に効率的な通信手段黒電話だったのでしょうびっくり笑い。 

コメントする
コメント