CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«〜企画展「解明!古代の『出雲郡』−その始まりと復古まで−」ギャラリートークを開催しました!〜 | Main | 〜「第8回 弥生の森お月見コンサート」を開催します〜»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜「防災の日」にちなんで −関東大震災と「奇想建築」〜 [2017年09月01日(Fri)]

 7月12日、文部科学省庁舎で開催の全国博物館長会議に出席するため、東京へ出張しました。この時、築地本願寺と東京都慰霊堂にお参りしてきました。

 ともに、伊東忠太博士の設計による建物です。築地本願寺は1923(大正12)年9月1日、関東大震災によって倒壊炎上。そこに復興されたのが、いまの鉄筋コンクリート造の本堂です。伊東忠太は、仏教発祥の地インドを彷彿(ほうふつ)とさせる建物をこの地に出現させました。

 2 夜の築地本願寺.jpg
  夜の築地本願寺

 3 東京都慰霊堂.jpg
  東京都慰霊堂

 東京都慰霊堂は、大相撲で有名な両国にあります。ここには関東大震災前に軍服などを作る大工場があったのですが、それが移転し、その跡地を都営公園とする計画がありました。なので、震災当時はまだ広い空地でした。そこに押し寄せた4万人もの避難民を火災旋風が襲いました。わずか1時間の惨劇で、95%の方々が亡くなったといいます。その悲劇の地に建てられたのが、やはり伊東忠太設計の「震災記念堂」でした。被災者の遺骨を納め慰霊するこの建物は純和風デザインですが、背後に納骨堂としての三重塔が建ちます。完成は1930年でした。
 それから15年後の1945(昭和20)年3月10日、東京の下町一帯は米軍B29の激しい空襲によって火の海となりました。「東京大空襲」です。しかし、鉄筋コンクリート造の「震災記念堂」は奇跡的に焼け残りました。
 1951年、関東大震災の犠牲者5万8000人に加え、都内戦災犠牲者10万5000人を祀り慰霊する施設として再出発したのが、東京都慰霊堂です。

 1 築地本願寺を守る怪獣.jpg
  築地本願寺を守る怪獣

 4 慰霊堂内部の照明(修正).jpg
  東京都慰霊堂内部の照明

 築地本願寺と東京都慰霊堂、ともに震災・戦災を記憶する建物ですが、その各所にはグロテスクかつユーモアにあふれた怪獣たちが配置されています。「奇想建築」で著名な伊東忠太ならではの建造物です。


コメントする
コメント