CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«〜夏季企画展の展示説明会を開催しました〜 | Main | 〜藍の生葉染めを体験!〜»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜夏季企画展関連講演会を開催しました〜 [2017年07月24日(Mon)]

 7月16日(日)14時から、当館専門研究員 橋周が「『出雲国風土記』は中世出雲に存在したのか?−新発見の出雲郡建部郷・波迦神社の棟札をめぐって−」と題して講演を行いました。
 参加者は91名で、たいへん多くの人にご参加いただきました。

 DSCN1879.jpg

 講演会は、『出雲国風土記』が引用された波迦神社の棟札に焦点をあてて行いました。
 これまで『出雲国風土記』は、中世出雲においてどのように存在したのか、よく分かっていませんでした。しかし、今回の調査で新たに発見された波迦神社の棟札は、戦国時代に作成されたものであり、『出雲国風土記』の文章をふまえて書かれた可能性が高いことがわかりました。
 講演会では、その内容を詳しく説明するとともに、棟札が書かれた中世出雲において『出雲国風土記』が存在した可能性を指摘しました。

 DSCN1880.jpg

 講演会終了後は、参加者が企画展示室で波迦神社の棟札を確認するなど、『出雲国風土記』に対する関心の高さが伺えました。

 次回の講演会は、8月6日(日)14時から、荻原千鶴氏(お茶の水女子大学名誉教授)を講師に迎え、「神の時間−『出雲国風土記』の出雲郡をめぐって−」と題して行います。
 ぜひ、ご参加ください。

 詳しくは博物館ホームページをご覧ください。
 ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori


コメントする
コメント