CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«〜出雲市立第三中学校 職場体験〜 | Main | 〜第7回 弥生の森 お月見コンサートを開催しました〜»
プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
〜夏季企画展関連講演会「後塩冶氏と京都系土師器皿」を開催しました〜 [2016年09月17日(Sat)]

 9月17日(土)14時から、当館の橋周専門研究員が「後塩冶氏と京都系土師器皿」と題して講演会を行いました。


 講演では、京都系土師器皿の特徴について解説し、中世後期の出雲地域に広く京都系土師器皿が展開したことを指摘しました。そのうえで、これまでは尼子氏が16世紀半ばに京都系土師器皿を出雲に導入したとされることについて、築山遺跡出土の資料から、15世紀後半に京都と結びつきの強かった後塩冶氏が既に取り入れていた可能性を話しました。後塩冶氏の所領にあたる遺跡からは、京都系土師器皿を模倣したと考えられる同時期の土器が出土することも、これを裏付けると指摘しました。

 京都系土師器皿という特徴的な土器の出土する意味や、後塩冶氏の支配下での展開などについて、皆さん興味深く熱心に話を聞いておられました。

 また、会場には出土した土師器皿を展示し、講演会終了後にはそれらを間近でご覧いただきました。

改良IMG_8503.jpg

IMG_8500.jpg

改良IMG_8507.jpg


夏季企画展「出雲の武将 塩冶判官高貞 −その実像と虚像−」 
今月26日(月)まで開催中!!

◆夏季企画展ギャラリートーク  
   展示の見どころをわかりやすく解説します。

  日時:9月24日(土) 14:00〜
  場所:出雲弥生の森博物館 2F 企画展示室
      ※申込み不要、無料
      

コメントする
コメント