CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

出雲弥生の森博物館さんの画像
出雲弥生の森博物館
プロフィール
ブログ
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
出雲弥生の森博物館職員
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/19) まるまど
西谷横穴墓群 出雲の文化財〜PART12〜 (08/18) 出雲弥生の森博物館職員
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/11) まるまど
博物館オリジナルグッズ〜Part4〜 (08/10) 出雲弥生の森博物館職員
第1回夏休み体験教室開催! (07/30) まるまど
第1回夏休み体験教室開催! (07/29) 出雲弥生の森博物館職員
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/23) 出雲国風土記
俳優の佐野史郎さんが来館! (07/10) 出雲弥生の森博物館職員
博物館を面白くするアイデア!? (05/22) アルビくん
博物館を面白くするアイデア!? (05/21)
リンク集
スタッフ通信
〜講演会「破鏡からみた弥生時代の社会構造」を開催します〜 [2018年01月19日(Fri)]

 出雲市文化財課では、昨年7月から9月にかけて白枝荒神遺跡の発掘調査を行いました。調査では弥生時代の遺構が確認されたほか、市内初となる中国鏡が発見されました。
 これに関連して講演会を開催します。
 多数のみなさまのご参加をお待ちしています。

 日   時: 2月12日(月・振休)14:00〜16:00
 演   題: 「破鏡からみた弥生時代の社会構造」
 講   師: 南 健太郎 氏(岡山大学埋蔵文化財調査研究センター助教)
 その他: 講演会にあわせて、
        ミニ展示「白枝荒神遺跡の発掘調査〜市内初の中国鏡出土〜」を開催!
        開催期間:2月10日(土)〜2月19日(月)

 H29速報展「白枝荒神」(再).jpg

 詳しくは、博物館ホームページをご覧ください。
 ⇒ http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori



〜平成29年度 「館長講座」を開催しました〜 [2018年01月18日(Thu)]

 館長講座 3.jpg

 1月13日(土)、当館の花谷浩館長による第2回館長講座を「とぶとりの飛鳥と やくもたつ出雲 その二」と題して開催しました。

 講座では、推古天皇の在位中、王宮をほぼ飛鳥に定めた飛鳥時代について話しました。
日本書紀のなかに、出雲国でのできごとが、百済滅亡とそれに伴うわが国防備の予兆、さらには斉明天皇の崩御する凶兆と記録されています。
 この兆しが現れる時と場所について、アニメーション映画「君の名は」を例えにし、ヒトの世とカミの世との境についてわかりやすく説明しました。
 また、奈良時代後半には、わが国への仏教伝来により出雲の「近代化」がどのように行われていったか、寺院の瓦の文様などからわかりやすく話しました。

 受講者も多く、飛鳥と出雲の関係を探るこの講座への高い関心をうかがえました。

 館長講座.png
  −受講者からの質問にも、図を描いてわかり易く解説−


 その他の博物館情報は、出雲弥生の森博物館ホームページをご覧ください。 
 ⇒ http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori



 
〜市民ギャラリー「星野和子ちぎり絵展」開催中!〜 [2018年01月15日(Mon)]

 星野和子さんは、出雲市所原町在住のちぎり絵作家です。

 和紙を丁寧にちぎり、四季折々の自然の美しさを繊細に表現しておられます。
 来場された方から、「これ全部一人でつくられたのですか!?」、「和紙だけで、こんなに奥行きが出る絵がつくれるのですね。」など、感嘆の声があがっています。

 IMG_0981.JPG

 IMG_0941.JPG

 IMG_1004.JPG

 開催期間は、1月22日(月)までです。
 みなさん どうぞご観覧ください!

 IMG_0940.JPG
           ちぎり絵作家の星野和子さん




〜講座「文化財保護審議会委員講座」を開催します〜 [2018年01月10日(Wed)]

文化財のプロフェッショナルが出雲の歴史を語ります!!

 出雲市の文化財保護施策の諮問機関である文化財保護審議会は、文化財各分野の専門的知識を有する方々で構成されています。
 当博物館では、この審議会の委員を講師とする講座を毎年開催し、出雲の文化財や歴史を専門分野の立場から、みなさまにわかりやすく解説しながら紹介しています。
 みなさまのお申し込みをお待ちしています。

 昨年講座の様子.jpg

第1回 2月3日(土)
  「出雲市内の民具と暮らし」
   講師:淺沼 政誌 氏(島根県教育庁文化財課企画幹)

第2回 2月24日(土)
  「鷺銅山と石見銀山」
   講師:中村 唯史 氏(島根県立三瓶自然館学芸員)

第3回 3月10日(土)
  「コウノトリに学ぶ出雲の自然」
   講師:佐藤 仁志 氏(公益財団法人日本野鳥の会副会長)

【各講座共通】
  ■時間    14:00〜16:00
  ■会場    出雲弥生の森博物館 たいけん学習室
  ■定員    各講座 80名 
  ■受講料   各講座 300円
  ■申込方法 博物館までお電話ください。(0853-25-1841)
          博物館ホームページからもお申し込みできます。
          ⇒http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori



〜日本遺産「日が沈む聖地出雲〜神が創り出した地の夕日を巡る〜」がテレビ放送されます!〜 [2018年01月04日(Thu)]

 文化庁が認定する「日本遺産」の魅力に迫るシリーズ番組『日本遺産』のシーズン2が、昨年12月3日からBS-TBSで放送されています。

 SCAN-1265.jpg

 このシーズン2の中で、出雲市が平成29 年(2017)4月に認定を受けた「日が沈む聖地出雲〜神が創り出した地の夕日を巡る〜」が放送されます!!


 1月7日(日)9:30〜10:00放送
  2017『日本遺産』シーズン2  「日が沈む聖地出雲」

  稲佐の浜04.jpg
                      稲佐の浜の弁天島と夕日 

 全編4Kカメラの撮影により、出雲の美しい夕日がより美しく描きだされます。
 ぜひご覧ください。

 詳しくは、番組『日本遺産』ホームページをご覧ください
 ⇒ http://www.bs-tbs.co.jp/nihonisan/



〜あけましておめでとうございます!〜 [2018年01月01日(Mon)]

   よすみちゃん謹賀新年.jpg

 出雲弥生の森博物館は、多くの皆さまにご愛顧いただき、今年で開館8周年を迎えます。
 今後も、展示・講座・イベント等を通じて、出雲の魅力を広く情報発信していきます。

 本年も出雲弥生の森博物館をよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)

     

【休館日のお知らせ】 
 1月1日(月)〜3日(水):休館日
 1月4日(木)〜      :開館(休館日:毎週火曜日 祝日の場合は翌平日)

【展示のお知らせ】
 ギャラリー展 「日本遺産認定記念 日が沈む聖地の考古学」(無料) 
                                 〜2月5日(月)まで
   H29ギャラ展「日が沈む聖地の考古学」ポスター.jpg

 速報展 「出雲平野に眠る大集落 京田遺跡発掘調査」(無料)
                                        〜3月5日(月)まで
    H29速報展「京田遺跡」ポスター.jpg



〜今年も1年間 ありがとうございました〜 [2017年12月28日(Thu)]

 出雲弥生の森博物館は、本日、12月28日が今年最後の開館日となります。

 今年もたくさんのお客様にご来館いただきありがとうございました。

 来年も出雲弥生の森博物館をよろしくお願いいたします。
      文書22.jpg

 【年末年始休館日のお知らせ】
 
  休館日:12月29日(金)〜1月3日(水)



〜第1回「日が沈む聖地出雲」フォトコンテストを開催します〜 [2017年12月27日(Wed)]


 日本遺産「日が沈む聖地出雲」に関連したフォトコンテストを開催します。

  photo-con_omote.jpg

 【募集テーマ】
  「日が沈む聖地出雲」をイメージさせる夕景。 今回は秋〜冬の写真を募集します。


   ○募集する写真の撮影期間
     平成27年度から平成29年度の10月〜2月に撮影したもの。 

   ○応募条件
     どなたでも応募できます。(プロ・アマを問いません。)

   ○募集締切
     平成30年2月28日(水)必着


 詳しくはこちらをご覧ください。



〜「島根考古学会 2017年度第2回例会」開催予定!〜 [2017年12月22日(Fri)]

 島根考古学会は、県内の考古学者や文化財行政担当者のみならず、考古学や古代史に関心のある市民などで構成されている団体です。今回、今年度第2回の例会として、県内各地でおこなわれている最新の発掘調査の報告会を、出雲弥生の森博物館で開催することといたしました。
 この機会に「しまねの考古学の今」にふれてみてください。


1 日時
   平成30年(2018)1月27日(土)13:05〜16:50

2 会場
   出雲弥生の森博物館 たいけん学習室
     〒693-0011 島根県出雲市大津町2760番地
     TEL 0853-25-1841 FAX 0853-21-6617

3 内容
   報告1 「大田市 鳥井南遺跡」
         野島 智実 氏(大田市教育委員会)
   報告2 「大田市 平ノ前遺跡」
         伊藤 智 氏(島根県埋蔵文化財調査センター)
   報告3 「大田市 御堂谷遺跡」
         仁木 聡 氏(島根県埋蔵文化財調査センター)
   報告4 「益田市 大元1号墳」
         佐伯 昌俊 氏(益田市教育委員会)
   報告5 「安来市 米垣横穴墓群」
         大塚 充 氏(安来市教育委員会)

  竪穴建物(御堂谷遺跡).jpg.jpg 焼失住居と作業風景.jpg.jpg
   竪穴建物(御堂谷遺跡)            焼失住居と作業風景(御堂谷遺跡)

  写真:2点とも島根県埋蔵文化財調査センター提供

4 参加対象者
   問わず

5 資料代
   300円(会員は無料)

6 事前申込み
   不要 (当日お出かけください。)

7 問い合わせ先
   出雲弥生の森博物館
     〒693-0011島根県出雲市大津町2760番地
     TEL:0853-25-1841      
     FAX:0853-21-6617
     e-mail:yayoi@city.izumo.shimane.jp


                    主催 島根考古学会
                    共催 出雲弥生の森博物館



〜日本遺産「日が沈む聖地出雲〜神が創り出した地の夕日を巡る〜」がテレビ放送されます!〜 [2017年12月21日(Thu)]

 文化庁が認定する「日本遺産」の魅力に迫るシリーズ番組『日本遺産』のシーズン2が、
12月3日からBS-TBSで放送されています。

 SCAN-1265.jpg

 このシーズン2の中で、出雲市が平成29 年(2017)4月に認定を受けた
「日が沈む聖地出雲〜神が創り出した地の夕日を巡る〜」が放送されます!!



 平成30年(2018)1月7日(日)9:30〜10:00放送

  2017『日本遺産』シーズン2  「日が沈む聖地出雲」

   稲佐の浜04.jpg
                           稲佐の浜の弁天島と夕日


 
 全編4Kカメラの撮影により、出雲の美しい夕日がより美しく描きだされます。
 ぜひご覧ください。

 詳しくは、番組『日本遺産』ホームページをご覧ください



| 次へ