CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年10月 | Main | 2013年12月»
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
笹ちゃん
西わらび (06/13) 山内翼
うどとそら豆のキッシュ (05/24) ウェストランド
8月15日満席です (08/15) みねちゃん
ジャスト75 (08/11) 埼玉在住 坂本
盛農米 (08/08) Ritsuko Westlund
サーターアンダギー (08/14) ヒロ&マユ
おでん専用日本酒届きました (12/02) ヒロ&マユ
土佐しらぎく (07/05) ヒロ&マユ日記
土佐しらぎく (06/29) お泊りたろー
シアントロー (03/13)
月別アーカイブ
最後のよ市 [2013年11月30日(Sat)]

最後のよ市
DSCN1876.jpg
今年最期のよ市です。
国家機密保護法案 [2013年11月30日(Sat)]

国家機密保護法案
DSCN2310.jpg
国は外から滅ぼされたのではなく
内から壊れたから
外から滅ばされたことは
歴史が証明しています。
こんな法律が成立したら
日本はどうなってしまうんだろう。
本気で心配です。
しかし、報道の根幹が
破壊されようとしているときに
日本のテレビは
どうして声高に反対しないのだろう。
いえ、そうでした。
日本のテレビ局はすでに報道ではなく
娯楽でしたね。



複雑 [2013年11月30日(Sat)]

複雑な気持ち
DSCN2315.jpg
DSCN2313.jpg
DSCN2312.jpg
小説の資料として
読んでいますが
複雑な気持ちになります。
里芋の皮 [2013年11月30日(Sat)]

里芋の皮
DSCN2308.jpg
里芋の一番の旨みは
皮のすぐ下にあります。
ですから里芋の皮を
剥くときは包丁より
(きれいな)金たわしがおすすめ。
やり方も簡単。
洗って泥を落とした里芋を
金たわしでこするだけ。
それに包丁より金たわしのほうが
断然大きな里芋を楽しめます。
We peel yam with a steel scrub brush.
風邪の予防に [2013年11月29日(Fri)]

風邪の予防に
DSCN2293.jpg
DSCN2295.jpg
風邪の予防にニラ入り肉団子作りました。
肉団子のつなぎに山形町の昔豆腐をいれました。
豆腐の風味が肉の旨みを引き立てます。
肉と畑の肉、大豆の共演ですね。
さらに島唐辛子
コーレグスで体がぽかぽかに。
Meat ball with Chinese chive.
It might help to prevent getting cold.
塩辛作り [2013年11月29日(Fri)]

塩辛作り
DSCN2297.jpg
朝採りのスルメイカで塩辛作っています。
一晩干すと余計な水分が抜けて
格段に甘さが増します。
DSCN2303.jpg
フワタは塩を振っておきましょう。
Drying fresh squid to make siokara.
3日間満席です [2013年11月29日(Fri)]

11月29日
11月30日
12月2日満席です


忘年会シーズン。
11月29日11月30日12月2日
3日間はご予約で満席となりました。
ありがとうございます。
We are full house till Dec. 2.
We will have busy days.
Because it is the bounenkai season.
Traditionally Japanese has parties
to thank for safe and happy
through whole year or
to forget getting sickness
and unhappy happening.
11月28日8時まで貸切です [2013年11月28日(Thu)]

11月28日
8時まで貸切です


11月28日
本日は8時まで貸切です。
それ以降お席に多少余裕がございます。
Nov. 28
We will open to public from 8:00.
根菜屋のまかない飯 [2013年11月27日(Wed)]

根菜屋のまかない飯
DSCN2275.jpg
11月26日
ラフテーご飯
里芋の汁
鱈のアラ煮
大豆のひたし豆
山形青菜漬け
Nov. 26
Staff meal
和菓子のアン [2013年11月27日(Wed)]

残念な本
DSCN2244.jpg
文章も構成も甘すぎて
わたしには残念な本でした。
| 次へ