CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
笹ちゃん
西わらび (06/13) 山内翼
うどとそら豆のキッシュ (05/24) ウェストランド
8月15日満席です (08/15) みねちゃん
ジャスト75 (08/11) 埼玉在住 坂本
盛農米 (08/08) Ritsuko Westlund
サーターアンダギー (08/14) ヒロ&マユ
おでん専用日本酒届きました (12/02) ヒロ&マユ
土佐しらぎく (07/05) ヒロ&マユ日記
土佐しらぎく (06/29) お泊りたろー
シアントロー (03/13)
月別アーカイブ
こがねあかりと平和 [2011年12月31日(Sat)]

こがねあかりと平和

一年の締めくくりの日。

強く心に残る震災があっただけに
去り行く年に思いも複雑ですが
今年最後のブログなので
美味しい話とちょっとほろ苦い話。

こがねあかり

袋に貼られたラベルの
控えめで頼りない
文字に目が留まりました。

それは聞いたことのない
名前であっただけでなく
なにかおめでたい予感もしたからでした。

黄金明かり
漢字で書いたらきっとこうでしょう。

切ったら中に金貨が
入ってる訳でないけれど
(出たらそれはうれしいけれど)
味が金メダル
そんな気がして
気が付いたら
自分のバッグの中にびっくり
ではなく
産直の買い物かごの中に
入っていたのです。
 
店に戻ってよく見ると
形はメークインみたいです。

とりあえず
蒸かしてみると
美味しいジャガイモ特有の
ほっくとした甘い香りが
鼻の奥をくすぐります。

蒸しあがったら
皮を剥くのですが
表面がつるっとしているので
すうーっと簡単に剥けます。
これは男爵イモにはない爽快感。
きれいなお肌は藤原紀香なみです。

早速切って味見。

型崩れしない切り口はメークイン系です。

さてお味は。

これが今まで食べたことのない
ジャガイモの味。

男爵ほどほっこり感はないけれど
メークインよりもとろけるような食感。

甘さも十分。
まるで栗とサツマイモと
男爵イモとメークインが
渾然一体となったような味わいなのです。

また、メークインのように型崩れしないので
おでんには最適です。

初めてなので
いつもこの味なのかは
分かりませんが
こがねあかり
これから注目のじゃがいもです。

名前には生産者の想いも
その特徴も現しています。

やはりネーミングは大事ですね。



とは言え
名前や言葉だけには
騙されてはいけないことも
世の中にはいっぱいあります。

日本は長い間
武器輸出を原則として
禁止してきました。

戦火で焼かれた
悲惨な経験のなかから
生まれた原則でした。

その原則を政府は
緩和することを正式に表明しています。

その要件は
国際平和に貢献する場合は
武器の輸出を容認する
というものです。

さて、国際平和に貢献する武器とは。

武器で踏みにじられる人の命や生活
を元にした平和は長続きしないことは
幾多の歴史が証明しています。

世界中の人たちが
普通に生活して幸せを
感じることできますように
そう願うことは
宮沢賢治が生まれた岩手で
生きる者の責務のような気がします。

では、来年が皆様にいい年でありますように。

釜石朝獲りの魚が入荷 [2011年12月30日(Fri)]

釜石朝獲りの魚が入荷
 

朝獲りだから 鮮度は2倍
市場直送だから 価格は2分の1

12月30日
今年最後の入荷です。

黒ソイ 
歯切れのいい食感なので今夜はポン酢で
お好みでゆず胡椒を入れて
380円

あいなめ 
甘みを感じる白身です
380円

やりいか
甘くて透明で幸せを感じる味わいです
380円

手作り塩辛
仕込んで4日目
味が馴染んでお酒が進みそうです
280円
本日カウンター席が4席空きました。

年の瀬
おでんとお刺身で
ほっこり、まったりしたい方
お電話ください。
笑顔計画2012 [2011年12月29日(Thu)]

笑顔計画2012

3月11日に起きた地震と大津波、
福島の原発事故と
悲惨な出来事が続いた
2011年ももうすぐ終わり
新しい年が始まります。

しかし
収束できない原発問題悲しい
納得できない消費税の引き上げ落ち込み
国民の理解不足のまま進むTPP困った
国民の理解不能のまま進む国会怒り

2012年も
なかなか
光明の兆しが見通せませんね。

せめて、根菜屋にお越しのお客様には
楽しいひと時を過ごしていただけたらと思います。

ということで、根菜屋は2012年から
「笑顔計画」を始めます笑顔

では、「笑顔計画その1」です。

根菜屋の通常営業の初日1月4日。

お越しのお客様全員に
盛岡のいきいき牧場の
りんごジュースを
プレゼントいたします
笑い

盛岡産を使った
無添加の安心安全なりんごジュースです。

美味しいのはもちろんですが
障害のある方の自立支援にもなりますので
町で見かけたらぜひご購入を。













今年もありがとうございまいた [2011年12月28日(Wed)]

食で作る絆

2011年、
今年ほど人と人が繋がることの
尊さを感じた年は
ありませんでした。

そして、普通に生活できることが
一番かけがいのないものだと
思えた年でもありました。

根菜屋も食を通して
人と人が繋がることが出来るお店に
また
普段使いのほっこりと幸せを感じることの
出来るお店にと
心がけてきました。

京都大学で霊長類を研究している
人類学者山極教授によると
人だけが食事を通して
コミュニケーションを
取ることができるのだそうです。


「同時に食べること」
ではなく
「一緒に食べること」。

それは、人が人と繋がって
生き延びてきた
革命とさえ言い得る出来事です。

これからもずっと根菜屋は
人と人が繋がる食べ物屋さんを目指して
努力を続けていきたいと思います。


今年も残すところ4日ですが、
この一年たくさんのお客様に
お越しいただきありがとうございました。

営業は12月30日までですが、
年内はご予約で
席がすべて埋まっております。すいません

遅い時間でしたらお席に余裕ができる場合もございますので
ご来店の際にはお電話いただけると幸いです。

思い立ったら「でんわ急げ」です走る



迷い子 [2011年12月27日(Tue)]

迷い子

根菜屋の店の前で小さな迷い子です。

しーんと静まりかえった夜更け。
一面は凍てつく雪。
その白い闇のなかで
ひとりぼっちでただずむ
ちいさな子を見つけました。

忘れられたのでしょうか。
それとも置き去りにされたのでしょうか。

どちらにしても悲惨な状況ですが、
そんなことはおくびにも出さずに
無邪気な笑みさえ浮かべていました。

あまりのけなげさと可憐さで
そのままにしておくことはできませんでした。

ということで、
根菜屋では
この迷い子を預かることにしました。

特徴は次のとおりです

体長5センチ
体重30グラム(推定)
性別不明
体の特徴 全体として黄色、口先は赤

こころ当たりの方は根菜屋まで。










神茂の煮こごり [2011年12月27日(Tue)]

神茂の煮こごり

日本一のはんぺんとも称せられる
東京日本橋「神茂」

神茂の隠れた名品が
はんぺんの原料青さめの皮から作る
煮こごりです。

寒くなる冬限定です。

煮こごりってこんなに美味いのか!
熟練の職人が作る味に
絶句してしまうこと間違いありません。

この絶品煮こごり
12月27日限定でメニューに。

1人前400円
ホウボウ [2011年12月27日(Tue)]

釜石朝獲りの魚が入荷 ホウボウ
 

朝獲りだから 鮮度は2倍
市場直送だから 価格は2分の1

釜石漁港からホウボウが入荷しました。

平目釣りの外道として釣り人にはあまり人気のない魚です。
特に小ぶりのボウボウは食べるところが少ないので
捨ててしまうという人も多いようです。

しかし、癖もないので塩焼きでもから揚げでも
美味しくいただける魚なのでもったいない話です。

この不人気のホウボウも
体調40センチを超えると別格。

旬は冬。

ジュワっと口の中に広がる脂の乗りは
極上の白身魚のひとつです。

先日、根菜屋の白身魚三点盛り
「平目、黒ソイ、ホウボウ」
でも、ホウボウの旨さが突出しておりました。

さらに旬のホウボウは肝も旨いので
魚好きには堪らない珍味です。
(根菜屋でも初日で売り切れでした)

このホウボウ 12月27日も在庫があります。

1人前450円。





釜石朝獲りの魚が入荷 [2011年12月26日(Mon)]

釜石朝獲りの魚が入荷
 

朝獲りだから 鮮度は2倍
市場直送だから 価格は2分の1

12月26日の入荷です

ひらめ 刺身
420円

黒ソイ 刺身
420円

ほうぼう 刺身
420円

やりいか 刺身
420円

するめいか 刺身
350円

〜今夜のお刺身スペシャル〜

白身刺身セット
ひらめ ほうぼう 黒ソイ
480円

いか刺身セット
やりいか するめいか
450円

月の輪酒造の新酒 [2011年12月25日(Sun)]

月の輪酒造の新酒

クリスマスが過ぎると
2011年も残すところ幾日か。

新たに来る年に
期待や希望を寄せる気持ちと
過ぎ去る1年を見送る
やるせない気持ちが
交差します。

そんな年の瀬に飲みたい
お酒が入荷しました。

月の輪酒造の新酒。
純米しぼりたて 生原酒

仕込みは末広がりの八号。
昔ながらのきぶね造りで
心が洗われるような端麗さが持ち味

120cc480円
クリスマスイブに熱燗を [2011年12月24日(Sat)]

クリスマスイブに熱燗を


12月24日。
待ち望んでいた人にも
怖れていた人にも
やって来ました
クリスマスイブ。

ところでクリスマスイブ
日本語ではクリスマスの
前夜祭的なところがあります。

しかし、クリスマスイブのイブは
evening(夕方)から来ています。

つまり、12月24日はすでにクリスマス。
そして、12月25日の夜は
クリスマスが終わっているのです。
知らなかった人には驚きです。

どうしてこういうことが起きるかというと
一日の始まりをいつにするかの
考え方の違いからなのです。

クリスマスが始まった頃の西洋では
日没が一日の始まりだったのです。

仕事が終わるアフター5こそが
一日の始まりとする考え方に近いのでしょうか? 

さて、根菜屋の
クリスマススペシャルメニュー
「渋く決めよう!クリスマスの3S」の
SAKE HOTのお酒が決まりました。

福島の銘酒
大七 生もと純米酒です。

福島のお酒を飲むことで
少しでも福島にお金が回ればと思い決めました。

お燗をすると
まろやかで心がやさしくなる味わいです。
 
来年のクリスマスは
福島を含む日本の人が
放射能との戦いにおびえずに過ごせる日々が
来ていることを願います。








| 次へ