CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«人に優しいお店 | Main | メキシカンフーズ»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
笹ちゃん
西わらび (06/13) 山内翼
うどとそら豆のキッシュ (05/24) ウェストランド
8月15日満席です (08/15) みねちゃん
ジャスト75 (08/11) 埼玉在住 坂本
盛農米 (08/08) Ritsuko Westlund
サーターアンダギー (08/14) ヒロ&マユ
おでん専用日本酒届きました (12/02) ヒロ&マユ
土佐しらぎく (07/05) ヒロ&マユ日記
土佐しらぎく (06/29) お泊りたろー
シアントロー (03/13)
月別アーカイブ
シアントロー [2012年03月12日(Mon)]

シアントロー

シアントローなんてシランジャロー
という人も
台湾料理の香菜(シャンツァイ)
タイ料理のパクチー
なら聞いたことがあると思います。

すべて同じハーブです。

英語ではコリアンダーです、
コリナンダーと言わないように。

さて、先日盛岡育ちのシアントローを入手しました。
001.jpg
そこで、メキシカン料理に挑戦です。

かつてスタッフの半分近くがメキシコ人という
環境で働いてたため
メキシコ料理には馴染みがあるほうです。

また、盛岡でもハラペーニョなどの
現地のスパイスは割合簡単に
手に入れることが可能です。

しかし、肝心要のトルテーヤが無いのです。

トルティーヤとは小麦粉やとうもろこしの粉で作る皮です。

トルティーヤにおかずを包んで食べるのが
まさにメキシコ風なのです。

つまり、トルティーヤの無いメキシコ料理は
白米の無いおにぎり!
米粒の無い焼き飯!みたいなものです。

ということでトルティーヤも自作してみることに。

ロスアンジェルスでは
ドラッグ(タバコのことです)を買うより
簡単にトルティーヤの皮が手に入るので
トルティーヤ自体を買ったことはありません。

初挑戦です。

輸入食材を沢山扱うマーケットに行くと
トルティーヤを作るとうもろこしの粉もちゃんとありました。

粉はきめ細かく薄い菜の花色。

表にはトルティーヤの作り方も書いてあります。

使うのはともろこしと小麦の粉を同量。

これで用意万端のはずでした!

しかし、ここで余計なことを思い出したのです。

いつもテンガロンハットを被って登場する
ロヘリオ・ロドリゲスの一言です。

「本当のメキシカンは小麦のトルティーヤなどは食べない!」

その言葉を信じてとうもろこし100%のトルティーヤを作ることに。

これが失敗の元になるとはこのときは分かりませんでした。

メキシコ料理作りの顛末は次回に。










トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
懐かしい人の名前がブログの中にあったので、ついついコメントしてみました。ロイちゃん元気ですかね・・・
Posted by: お泊りたろー  at 2012年03月13日(Tue) 23:31