CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«雨のよ市(4月23日) | Main | 空心菜?»
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
笹ちゃん
西わらび (06/13) 山内翼
うどとそら豆のキッシュ (05/24) ウェストランド
8月15日満席です (08/15) みねちゃん
ジャスト75 (08/11) 埼玉在住 坂本
盛農米 (08/08) Ritsuko Westlund
サーターアンダギー (08/14) ヒロ&マユ
おでん専用日本酒届きました (12/02) ヒロ&マユ
土佐しらぎく (07/05) ヒロ&マユ日記
土佐しらぎく (06/29) お泊りたろー
シアントロー (03/13)
月別アーカイブ
盛農米 [2011年04月24日(Sun)]

盛農米

4月23日、よ市では自分たちで育てた米を売っている高校生がいました。

盛岡農業高校の生徒達です。

雨の中懸命に声を出して売っている姿につい1袋購入。
銘柄はあきたこまち。
5キロ1700円。



炊いているうちから甘い香り。
これだけで食欲がぐっと増します。
炊きあがりは真っ白!
いつもは玄米なので白いだけで感動してします。
食べてみると米は適度な粘り。
その米を噛んでいるうちに自然な甘さが口の中に広がってきます。

さすが、岩手の農業をひっぱて来た盛岡農業高校です。
生徒が実習で作ってもこんなに美味しいとは。

ちなみに、盛農米は普段はよ市で販売していません。

また、予断ですが盛農米の袋の裏には興味深い写真が。



明治40年頃の盛岡農業高校は菜園にあったのですね。
洒落た服装で稲を作る生徒の後ろにはなんとなく見覚えのある石垣が。



そうです、岩手公園の石垣です。
この写真から推測すると今の川徳辺りも田圃です。

【いわての食を楽しむの最新記事】
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/551909

コメントする
コメント
はじめまして。
農業高校のお米ですか、一度は食べてみたいです。
私の家の近くには、農業高校が無いので、身近な存在ではありませんが、興味はあります。

実は、先日、盛岡農業高校さんにお願いして、りんごジュースを送っていただきました。
ついでに、パンフレットと、校名校章が刷られたオリジナルのビニール袋も欲しくてお願いしてしまいました。

空き缶・ビニール袋は大切に保存です。

お米の袋、いいですね。こういうのは捨てられません。
ちなみに、筆者さんは、袋、どうしました?
Posted by: 埼玉在住 坂本  at 2014年08月08日(Fri) 15:57