CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年02月19日

いきいきシニアセミナー開催の様子(平成31年2月5日)

平成31年2月5日、いきいきシニアセミナーを開催しました。

講師は、芸術文化やダンスなど、様々な顔を持つ柴田和子さん。現在は、岩手県芸術文化協会会長、ダンスチームを主宰しています。

柴田さんは「ポジティブに年を重ねよう」と題して講演。

ご自身の生い立ちや、これまで関わってきた芸術文化、岩手県出身の宝塚女優、園井恵子さんの顕彰活動、ダンスなどについて、現在70歳でも精力的に活動される様子をお話ししました。

今年の5月に71歳を迎える柴田さんは、「年齢というものを考えたことがない」「気持ちが若いことが大事」「シワは勲章でもある」と話し、前向きに生きることを強調しました。

P1020544.JPG

1948年、岩手町に生まれた柴田さんは、幼少期から宝塚に憧れ、将来は宝塚歌劇団に入ることを夢見ていました。しかし、家庭の事情により断念。大学に入学すると、マジックサークルに入部。その経験を生かし、現在も、マジックによる施設慰問を続けています。

大学を卒業後、帰郷し、ある本に出会います。それは、岩手町沼宮内で育った宝塚女優、園井恵子さんを紹介する本でした。
柴田さんは、その後、園井恵子さんの顕彰活動や、地元女性有志とダンスチームを結成し、活動の幅を広げます。
ダンスの活動は広がりを見せ、県民会館でのステージには鳳蘭さんをゲストに迎えることができました。「断念した宝塚の夢がこういう形で叶えられたことに感銘した」と話します。

P1020546.JPG

現在は、岩手町沼宮内に男性のダンスチーム「ヌマザイル」を結成。男性のダンス活動にも関わっています。

またご自身は、古希にちなんだダンスチーム「コッキーズ」を結成したことも紹介。
「高齢になっても体を動かすことが必要」と、高齢者が体力を維持し、いきいきと過ごすことに触れました。



P1020548.JPG


なおこのセミナーでは、当サポートセンターの愛称受賞の贈呈式を行いました。
受賞者の千田由樹江さんに賞状と副賞が贈呈されました。

P1020538.JPG






posted by 高齢者サポートセンタ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー