CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年12月02日

イオンタウン釜石でセミナーを開催しました!

平成28年11月25日(金)、イオンタウン釜石でいきいきシニアセミナーを釜石支援センター望との共催で開催しました。 

講師は、自身も被災者で復興支援や地域づくりに取り組んでいる、NPO法人遠野まごころネット理事長の臼澤良一さん(68)。「高齢者は地域のフロントランナー」と題して講演しました。

講演では、遠野市土淵町・米通地区の住民が平成26年から始めた「米通(こめどうり)結の郷」活動を紹介。人口21人、平均年齢69歳の集落に水車を復活させ、6次産業へと事業を展開させている様子を、映像を交えながら話しました。 

image005.jpg

水力による電力はわずかで灯された明かりは微小でしたが、「やればできる」という住民の心に芽生えた情熱の灯は大きく、この成功体験をきっかけに様々な事業を展開。不要な小屋を解体し「爺・婆カフェ」の開設、地元産品の加工・販売など。活動をきっかけに食品衛生管理者の資格を取得した70代の高齢者もいます。まさに高齢者が地域の「フロントランナー」として地域を活気づけ、多世代の交流をも生み出しています。

image004s.jpg


 講演に引き続き、高齢者施設への慰問活動を行っている岩泉町の岩上敏一さん(72)が大道芸を披露。楽器演奏や軽妙な語りが会場の笑いを誘い、和やかな雰囲気のうちに閉会しました。

image003.jpg


posted by 高齢者サポートセンタ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー