CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


京都府和束町「茶源郷まつり2018」活性化活動は無事に終了しました(大阪吹田クラブ) [2018年11月12日(Mon)]
 11月11日、茶源郷まつり2日目が9時から開催されました。昨日に引き続き沢山の人が祭りへと来場しています。

 12時30分からはIVUSA大阪吹田クラブの学生がよさこいを披露し、会場は盛り上がりました。

181111waduka_1.jpg

 また、私たちの企画では、チェキというすぐに現像できるカメラのブースを出し、和束町のマスコットキャラクターである茶茶ちゃんの格好の写真を撮るなど、和束町に興味を持ってもらう機会を作りました。

181111waduka_2.jpg

 学生は最後にこの二日間をふり返るため班内で話し合い、京都府和束町茶源郷まつり活性化活動は終了しました。
新潟県長岡市 子ども隊(双葉寮)は無事に終了しました(11月11日) [2018年11月12日(Mon)]
 起床後、子どもと一緒に海まで散歩してきました。子どもたちは海を眺め、また波から逃げたりして楽しく過ごしました。

181111nagaoka_1.jpg

 青少年研修センターに戻り、朝食を食べたあと、子どもたちに食の大切さや一緒にご飯を作る楽しさを知ることを目的とした食育の企画として「みたらし団子」を一緒に作りました。

 団子の生地を作るとき、だんだん固くなり、混ぜるのが大変でしたが、学生と子どもが協力することにより上手に作ることができました。

181111nagaoka_2.jpg

 自由時間後、企画の一環として「ジェンカ」という踊りを学生と子どもを交えて踊りました。踊っていくうちに、みんなの顔から笑顔が溢れていました。

 ジェンカを踊ったあと、昼食と午前中に食育で作ったみたらし団子を美味しく食べました。

 昼食後、おしまいの会が開かれました。おしまいの会では、今回の活動で子ども隊の参加が最後になる小学6年生に向けての卒業企画が行われました。

 今年卒業する子には、学生全員からのメッセージを、子どもたち全員には班からのメッセージを贈りました。別れの時間が近づいていることを実感し、涙を流す学生や子どももいました。

 最後に子どもをお見送りをし、今回のプログラムは終了しました。

181111nagaoka_3.jpg

181111nagaoka_4.jpg

 プログラム終了後、新潟県長岡市にある青少年研修センターから東京に向けて出発しました。道中、学生全員に向けてこの活動で何を感じたのかを話し合い、どんな所で愛を感じるのかを改めて考えるきっかけとなりました。

 これで、今回の子ども隊のプログラムが終了しました。

 各々がこの子ども隊を通して思ったこと、考えたことをこれからの日常生活で生活する上で、また今後の「子ども隊」に活かしていきます。
木津川アート2018に運営ボランティアとして参加しています(11月11日) [2018年11月11日(Sun)]
 木津川アート第2週2日目の本日は学生20名が参加し、主にアート作品の見回りや見守りなどの運営補助を行ないました。

181111kitsukawa_1.jpg

 加茂駅とアート展示会場の一つである恭仁宮跡を結ぶシャトルバスでは、アナウンスを担当させていただきました。車内には地元の子どもたちが作ったどんぐりの人形が揺られていました。

181111kitsukawa_2.jpg

 また、各展示会場では作家さんやお客様とお話しする機会が沢山ありました。積極的にお話したり、知識を得たりすることによって、自分たちも楽しみながら活動させていただいていました。

181111kitsukawa_3.jpg

 11日で2週目の活動は終了しました。この2日間は、学生それぞれが会話の中で木津川市やアートの魅力を発信することを心がけました。

 また、活動最終週である来週に向けて、今週は学生同士で内容の共有や勉強会などを実施します。

181111kitsukawa_4.jpg
京都府和束町「茶源郷まつり2018」活性化活動が始まりました(大阪吹田クラブ) [2018年11月11日(Sun)]
 11月10日から11日の2日間にわたり、京都府相楽郡和束町で開催される茶源郷まつりの運営補助をします。

 祭りは10時に開催され、吹田クラブ員85人と他クラブの学生6人がそれぞれ担当に分かれ、会場のお手伝いをしました。

181110waduka_1.jpg

 IVUSAの学生が出店したブースでは、ひまわり油を使ったほうとうなどを販売しました。

181110waduka_2.jpg

 祭りは16時まで行われ、17時から和束の方と交流会をさせていただきました。楽しく食事をし、出店者や現地の方々との交流を深めました。

181110waduka_3.jpg

 その後、宿舎に戻り一日のふり返りをし、活動1日目を終了しました。
新潟県長岡市子ども隊(双葉寮)が始まりました(11月10日) [2018年11月11日(Sun)]
 子ども隊は、新潟県長岡市の児童養護施設「双葉寮」で生活をする子どもたちと学生の交流を深める活動プログラムです。

 11月9日に都内の大学に学生が集合し、準備の後に、新潟県長岡市の青少年研修センター向けて出発しました。

 その後、11月10日の当日に合流する組と合流し、青少年研修センターにて事務局1名、学生33名、OB1名で結団式を行いました。結団式では学生同士の仲を深めるための交流を行い、事前の勉強会で行った子ども隊に対する約束事を復習しました。

181010nagaoka_1.jpg

 結団式終了後、子どもたちを迎えに行くチームと青少年研修センターで子どもたちを迎える準備をするチームに分かれ、それぞれ準備しました。

 子どもたちが青少年研修センターに到着後、開会式を行い室内と外に分かれて一緒に遊びました。

 親睦を深めたあと、一緒にミサンガを作りました。最初は作り方が分からなくて戸惑っていましたが、慣れてきて綺麗なミサンガを作ることができました。

181010nagaoka_2.jpg

 みんなで夕食を食べた後、夜の企画として学生と子どものペアを作り、消しゴムや車のおもちゃなどを懐中電灯を片手に探し回りました

181010nagaoka_3.jpg

 子どもたちが就寝後、双葉寮の職員からお話をいただきました。
 子どもたちのことをさらに深く知り、その後の各班に別れての話し合いでもっと個性を輝かせるにはどうしたらいいのかを深く考えるきっかけとなりました。

 最後に今回の活動のリーダーである的場琴子(近畿大学 3年)から、「今の子どもたちの愛情とこれからの子どもたちの愛情をしっかりともって明日も接していってほしい」と挨拶があり、本日の活動は終了しました。

181010nagaoka_4.jpg
こさかJAZZストリートに参加しました(大阪東大阪クラブ) [2018年11月11日(Sun)]
 10月7日に大阪府東大阪市で開催された「こさかJAZZストリート」の運営の手伝いとして学生27人が参加しました。

 「こさかJAZZストリート」とは、音楽文化の発展とにぎわいのある小阪の商店街・魅力のある街づくりに役立ちたいという願いから始まった、プロ・アマチュアJAZZミュージシャンと地域の方による交流イベントです。そして今年は開催10周年目となる年です。

181017higashiosaka_1.jpg

 今回私たちは、こさかJAZZストリート実行委員会と大阪商業大学の桑島ゼミと協力し、音楽を通した地域活性化を目指し活動しました。

 初めに河内小阪駅でビラ配りをしました。次に商店街の店舗と大阪商業大学の一部を合わせた8つの会場に分かれての活動となりました。内容は主に、来場された地域の方へのビラ配りやステージの設営、応援カンパの回収、機材の片付けでした。

 活動を行う中で、会場を探している方へ自ら声をかけ会場案内をするなど、地域の方と積極的にコミュニケーションを取ることができました。演奏終了後には、来年度の「こさかJAZZストリート」に繋がる提案書の作成のためにアンケートを行いました。

 休憩の時には、実際にミュージシャンの方たちの演奏を聴くことができ、私たち自身も音楽を楽しむことができました。

181017higashiosaka_2.jpg

 この活動でたくさんの地域の方々と交流することができました。さらに、私たちにとって様々な初めての経験をさせていただきました。この活動で学んだことを他の活動に活かしていけるように今後も取り組んでいきます。(大阪東大阪クラブ2年 中達 柾宏)

181017higashiosaka_3.jpg
木津川アート2018に運営ボランティアとして参加しています(11月10日) [2018年11月10日(Sat)]
 木津川アート2018の活動が京都府木津川市加茂町瓶原地域で始まりました。木津川アートとは、日常的な空間と現代アート を融合させることにより、住民たちがまちの魅力を再発見することを目的としている芸術祭です。

 本日は先週に引き続き2週目の活動で、関西大学をはじめとする学生22名が参加しました。

 始めに木津川市役所に集合し、市役所の方々から挨拶をいただきました。

181110kitsukawa_1.jpg

 午前10時から木津川アートが始まりました。アート作品の見回り、見守りなどの運営補助を行いました。

181110kitsukawa_2.jpg

 また私たちの企画として、木津川アートを市内外に発信するために、インスタグラムの枠を用いて撮影していただきました。本日もたくさんの方に撮影していただきました。ご協力ありがとうございました。

181110kitsukawa_3.jpg

 そして18時からはナイトツアーに補助として参加させていただきました。足元が暗いので提灯を持ってツアーをサポートしました。

 ライトアップされたアート作品は昼間とはまた違った一面があり、参加者のみなさんと一緒に楽しみながら活動させていただきました。

181110kitsukawa_4.jpg
まちのわ防災フェスタに参加しました(東京市ヶ谷クラブ) [2018年11月06日(Tue)]
 10月6日に東京都千代田区飯田橋グラン・ブルームにて、「まちのわ防災フェスタ」が開催されました!
 
 このイベントは千代田区に住んでいる方、働いてる方、そして私たち学生が交流する場として開催されており、市ヶ谷クラブは毎回ブース出展をさせていただいています。

「くらしの中に防災を」がテーマの今回は、防災グッズ工作の体験とバルーンアートの配布という2つのプログラムを出展し、市ヶ谷クラブ員27名が参加しました。どちらも事前に何日か準備日を設けて練習したので、本番では一人ひとりがスムーズに作れるようになっていました。

181006ichigaya_1.jpg

181006ichigaya_2.jpg

 防災グッズ工作では、新聞紙を使ったスリッパや紙コップの作り方を紹介しました。市ヶ谷クラブでは新聞紙を使った防災用品作りの普及に努めており、物資が不足する災害時に身の回りの物で安全を守ることの大切さを伝えました。

 今回は新聞工作に加えて、東京都の全家庭に配布されている「東京防災」を参照しつつ、新聞紙を使用した災害時の身の守り方についても来場者に紹介しました。来場者は、普段あまりその存在を意識することはない新聞紙の、災害時の用途の幅広さに驚いていました。

181006ichigaya_3.jpg

 バルーンアートでは、犬や剣、花などを子どもたちの前で作りました。恥ずかしがっている子どもにも、「こんにちは!何か作ってあげようか?」と積極的に声をかけ、来場者も学生も笑顔があふれていました。

181006ichigaya_4.jpg

 今回は例年よりもブースに来て下さった方の人数は少なかったですが、バルーンアートをもらった子どもたちの喜ぶ顔や、「ありがとう」などの感謝の言葉、またIVUSAの活動に興味を持って話を聞いてくださった方々など、一人ひとりとの交流を大切にできたと思います。
 また、今年から入会した1、2年生も大勢参加し、上級生との仲を深める機会となりました。

 最後となりますが、今回お世話になった株式会社スコープJPの今井様をはじめ関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。(立教大学3年 藤田 敦也)
八王子市の陵南公園の「KIDS DAY」に参加しました(東京多摩クラブ) [2018年11月06日(Tue)]
 10月6日に東京都八王子市内の陵南公園にてKIDS DAYが開催され、IVUSAから約90人が参加しました。
 通常のKIDS DAYとは異なり、当日が陵南公園50周年記念式典というイベントにあわせて開催されました。

 当日は8時30分に最寄りである高尾駅に集合し、事前準備を指揮していた1年生の指示のもと企画の準備に取り掛かりました。

181006tama_1.jpg

 今回の活動では、段ボールを使った秘密基地づくりとモグラ迷路を子どもたちに楽しんでもらう企画でした。モグラ迷路では、全長15メートルほどの段ボール迷路を事前に作成し、子どもたちに遊んでもらう形でした。

 学生たちは入口や随所のポイントに散らばり、子どもたちが安全に楽しくできるように目を配り、声をかけていました。事前の大量の段ボール集めや、短時間での巨大迷路づくりには苦戦しました。
 当日は子どもたちが普段は体験できない遊びだったからか非常に楽しそうな笑顔が印象的でした。

181006tama_2.jpg

 秘密基地づくりでは、子どもたちの想像力や自主性を生かし段ボールや装飾品を用意し学生たちがサポートすることで自由に楽しんでもらいました。

 学生たちは、特にハサミなどの取り扱いや子どもたちが作れないものなどのサポートをしました。秘密基地からは常に大きな声や発想力があふれ、学生たちも子どもたちの元気や想像力に圧倒されていました。

181006tama_3.jpg

 最後に今回の記念式典や日頃から環境活動でお世話になっている、NPO法人Birthさんと式典の出展者さんと写真を撮りました。(東京多摩クラブ2年 時川 峻平)
木津川アート2018に運営ボランティアとして参加しています(11月4日) [2018年11月05日(Mon)]
 活動2日目の今日は、学生26名が参加しました。昨日に引き続きアート作品の見守り、見回りや運営補助をしました。

181104kitsukawa_1.jpg

 さらに木津川アートツアーの案内補助や講演会の設営なども行いました。木津川アートツアーでは、案内補助で同行させていただくことで、私たち自身も木津川市の魅力を発見できる場面がありました。

 また、講演会を開催した万葉サロンの方々から手作りの飾りものをいただきました。

181104kitsukawa_2.jpg

 午後には、わたしたちの企画で木津川アートをSNSで発信して多くの人に知ってもらうためにInstagramの枠を持ち歩きました。
 色々な方々に一緒に撮っていただき発信のお手伝いをお願いしました。ご協力いただいた方ありがとうございました。

181104kitsukawa_3.jpg

 次に木津川アートに参加させていただくのは、11月10日、11日です。運営補助をさせていただきながら木津川アートを発信していきます。

181104kitsukawa_4.jpg
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml