CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


岡山県倉敷市真備町平成30年7月豪雨災害救援活動(7月28日) [2018年07月29日(Sun)]
 本日7時30分より関東、関西の学生、OB、事務局総勢16名が揃い、開会式が行われました。

 開会式では今回隊長を務める浦野真凪(立命館大学4年)から、「作業だけでなく、学生らしい元気を置いてこよう」と挨拶があり、当協会の特別顧問である黒澤司さんからは真備地区の水害の現状や、今日活動をさせて頂くお宅の説明をして頂きました。

 8時より活動を開始し、午前中はお宅の玄関先の砂出しや、倉庫内の砂に埋まった農機具を掘り起こす作業を行いました。

180728mabi_1.jpg

 午後からの活動は午前に引き続き砂のかき出しと、家財の泥を洗い流す部隊に分かれて、夕方まで活動しました。

180728mabi_2.jpg

 活動を行ったお宅の方からは、「わざわざ遠くから若い人たちがこんなに来てくれて、本当にありがとう」とお言葉を頂きました。

180728mabi_3.jpg

 当初は29日も活動する予定でしたが、台風の進路予想を受け1日早く活動を終了して岡山からの帰路につきました。

 帰りのバスの中では簡単な反省会をし、災害の現場を目の当たりにした自分に何ができるのか、被災されたお宅の方、地域の方とどのように関わり、今後に繋げるために今回の活動に参加をした私たちは何をすべきかを話し合いました。

  "負けてたまるか"背中に刻まれたこの言葉の通り、今後も復旧・復興ために自分たち一人ひとりがどう行動していくべきかを非常に考えさせられる機会となりました。

180728mabi_4.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
愛児園子ども隊2018は無事に終了しました(7月22日) [2018年07月23日(Mon)]
 朝食を食べた後、活動前に考えた「どんなお兄さん、お姉さんとして子どもに接したいか、その中で大切にしたいことは何なのか」のふり返りをワークシートに記入しました。

 ふり返りワークは自分の事前目標と活動の中で気付いたこと、それを通じてどう考えが変わったかを書くものです。

180722tochio_1.jpg

 それから、ふり返りシートをもとに、班ミーティングを行い、内容を共有しました。
 班ミーティングでは最終的に隊員がそれぞれ「これから子どもと接する時に大切にしたいこと」「こどもを取り巻く社会問題にどのように関わっていきたいか」を考えました。

 班ミーティング終了後、隊員たちは「♡シート」を書きました。♡シートとは、隊員がこの活動で見つけた、他の隊員の良いところ、好きなところを記入するシートのことです。
 一緒に活動してきた仲間の良いところ・好きなところを書き合う、心の温まる企画であったと同時に、各々の自己肯定感を高めることにもつながる企画でした。

180722tochio_2.jpg

 その後、昼食の夏野菜カレーを食べて元気になった隊員たちは、2日間活動させていただいた宿舎への感謝の気持ちを持って清掃しました。

180722tochio_3.jpg

180722tochio_4.jpg

 そして、学生30名、事務局員1人は宿舎を出発し、無事に到着しました。

 到着後、愛児園子ども隊2018のリーダーである大塚駿(高崎経済大学3年)から、「今回の活動ではたくさんの気づきがあったと思います。そのままにするのではなく、きちんとかみ砕いて消化して、次の活動へと繋げてください」と挨拶があり、愛児園子ども隊の活動は終了しました。
岐阜県関市平成30年7月豪雨災害救援活動(7月22日) [2018年07月22日(Sun)]
 本日はまだ回りきれてないお宅に伺って作業をしました。

 午前中は一件のお宅を訪ね、ご近所の軽トラックで流木やがれきを仮置き場へ搬出しました。

 撤去作業は高齢の方が一人で行うのは難しく、学生の若い力が求められていることを感じました。

180722seki_1.jpg

180722seki_2.jpg

 午後の作業は一件のお宅の消毒作業をしました。
 最終日で暑い中でしたが、安全に気をつけて丁寧に作業しました。

 また、この2日間で地域の方からたくさんの差し入れやご支援をいただき、学生たちは作業をがんばることができました。この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

180722seki_3.jpg

180722seki_4.jpg

180722seki_5.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
岡山県倉敷市真備町平成30年7月豪雨災害救援活動(7月22日) [2018年07月22日(Sun)]
 6時より朝食を食べ、宿舎の清掃をしました。金光教本部から宿舎を提供していただき、また、昨日の夕食と本日の朝食は金光教大阪災害救援隊の隊員に提供いただきました。誠にありがとうございました。

 今日は学生、OB・OG、事務局員総勢39名で、昨日ニーズの完遂ができなかったお宅で作業をしました。

 朝礼では本協会の特別顧問である黒澤司さんから、「いろんな人の支えで活動が成り立っていることを忘れず、悔いのないように今日やりきってほしい」と激励がありました。

180722mabi_1.jpg

180722mabi_3.jpg

 午前の活動では、生活道路に出した家財をダンプに積み込む作業をしたり、泥で汚れてしまった家財を綺麗にしたりしました。また、床下にもぐって土砂のかき出しをしました。

180722mabi_2.jpg

180722mabi_4.jpg

 お昼ご飯を食べたあと、午後からも引き続き、生活道路に出した家財をダンプに積み込む作業と、泥で汚れてしまった家財を綺麗にする作業をしました。

 お宅の方から、「暑い中本当にありがとう。ここまで片付けてくれて嬉しかった」とお話をいただきました。

 気温が高く日差しも強い中の活動でしたが、体調不良や、怪我なく2日間の作業を終えることができました。

180722mabi_5.jpg

180722mabi_6.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
前期愛児園子ども隊2018(7月21日) [2018年07月22日(Sun)]
 7月21日と22日の2日間、学生30名と本協会の事務局員1名で子ども隊の活動を実施します。

 朝食を楽しんだあと、初めて子ども隊に参加する学生たちは、IVUSAの理事で新潟県長岡市の市議会議員の桑原望さんから、「はちおの話」としてIVUSA と聖母愛児園との関係のはじまりや今までの歴史についてのお話を聞き、経験者は企画の準備をして、子どもたちを迎えました。

180721tochio_1.jpg

 昼企画では、子どもたちと「ビンゴゲーム」「愛の借り人競争」「人間知恵の輪」をして交流しました。

180721tochio_2.jpg

 昼企画の後、学生たちは子どもたちと共にお風呂に入りました。古民家に戻り、食育でデザートとしてパフェを作りました。

180721tochio_3.jpg

 食育終了後、夜企画として、「ラブレター企画」を実施しました。子どもたちは将来の自分に向けての手紙を書き、学生の手作りポストへ投函しました。子どもたちが書いた手紙は、子どもたちが大人になった時に渡してもらえるように施設の方へ預けられました。

 また、学生は子どもに向けて手紙を書き、昼企画で撮った写真と共に子どもたちに渡すことが出来ました。

180721tochio_4.jpg

 おわりの会が終了し、子どもたちとお別れをしました。

180721tochio_5.jpg

 子どもたちと別れたあと、班ミーティングと交流会が行われました。班ミーティングでは、1日目のふり返りや活動前と活動後での考え方の変化を共有しました。その後、学生のみでの交流会が行われ、1日の活動を無事に終えました。
岐阜県関市平成30年7月豪雨災害救援活動(7月21日) [2018年07月21日(Sat)]
 本日は前日にお預かりしたニーズについて一軒一軒お宅を回りながら作業しました。

 午前には床下の泥出しが終わっていても、消毒が行えていないお宅や家財の運び出しが終わっていないお宅を訪問し、生活再建のために消毒作業や清掃作業を丁寧に行いました。

180721seki_1.jpg

180721seki_2.jpg

 午後はお宅の消毒作業を行いました。
 床下、束石、束柱基礎部分など居住スペースやお宅周辺の消毒をしました。念入りに消毒することで家屋復旧と健康被害を防ぐことに役立ちます。

180721seki_3.jpg

180721seki_4.jpg

 明日は、まだ回りきれていないお宅を訪問して作業をしていきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
岡山県倉敷市真備町平成30年7月豪雨災害救援活動(7月21日) [2018年07月21日(Sat)]
 今日から、既に現地調査のため現地入りしているメンバーをあわせ、学生、OBOG、事務局員総勢38名で活動します。

 開会式では本協会の特別顧問である黒澤司さんから、「水害ではアルバムなどの大切な思い出とも断ち切らなければならない時がある。配慮して作業することを心がけるように」と説明がありました。

 そして今回の活動のリーダーである今石卓也(関西大学4年)から、「試験などで忙しいなか選んだ災害救援で、少しでもやれること出し切って帰ってほしい。2日間頑張ろう」と挨拶がありました。

180721mabi_1.jpg

 午前の活動は2つの現場に分かれ、家財の運び出しをしました。

 他のボランティアの方と協力して、家財をトラックに積み、真備東中学校にある一時の集積所に運びました。

180721mabi_2.jpg

180721mabi_6.jpg

 午後は生活道路に出してある家財をダンプに積み込む作業と、泥で汚れてしまった家財を綺麗にする作業を行いました。

 高い気温で日差しも強い中の活動でしたが、体調不良や、怪我なく本日の作業を終えることができました。

180721mabi_4.jpg

180721mabi_5.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
岐阜県関市平成30年7月豪雨災害救援活動(7月20日) [2018年07月21日(Sat)]
 10時過ぎ、関東から事務局1名、OB1名、学生6名の計8名で、先週150人での活動をした岐阜県関市に向け出発しました。

 関市のボランティアセンターは本日をもって閉所ですが、今回の隊ではボランティア作業完了扱いとなっている家屋での状態チェックと復旧にむけた技術支援をします。

 16時ごろに関市ボランティアセンターに到着し、ボランティアセンターの会議に出席しました。

180720seki_1.jpg

 その後、明日と明後日で取り組むニーズ7件の現状調査を行いました。

180720seki_2.jpg

 明日からは現状調査をしたニーズへの対応と、巡回チェックをしていきます。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
岡山県倉敷市真備町平成30年7月豪雨災害救援活動(7月20日) [2018年07月21日(Sat)]
 7月20日は昨日に引き続き、学生2名、OB1名、事務局3名で活動しました。

 宿舎を出た後、倉敷市真備町にある災害ボランティアセンターの川辺サテライトへ行き、他のボランティアの方々と朝礼を行い、各々が本日作業する内容の共有をしました。

180720mabi_1.jpg

 朝礼後、被災された方のお宅に向かい、浸水した家財をダンプカーが通れる道の近くまで運び出しました。

180720mabi_2.jpg

 午後からは運び出した家財をダンプカーに積み、真備東中学校にある一時の集積所に運びました。

180720mabi_3.jpg

180720mabi_4.jpg

 作業終了後は、明日から作業を実施する現場へ向かい、下見を行いました。

 本日は暑い中でしたが、熱中症や怪我もなく終えることが出来ました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
前期愛児園子ども隊2018が始まりました(7月20日) [2018年07月20日(Fri)]
 7月21日から22日までの2日間、新潟県見附市の児童養護施設「聖母愛児園」で生活する子どもたちと学生が交流して、子どもたちの自己肯定感をより高めるために活動する「子ども隊」が始まります。

 7月20日に都内の大学にて結団式が行われ、関東、関西の学生計27名が合流しました。

 初めに今回の隊の目標、達成要件のふり返りがありました。

 そして、学生たちは「知り、気づき、成長する」という目標を隊員全員が達成できるように、全員が子どもの現状、活動する目的を理解しました。

180720tochio_1.jpg

 その後、班に分かれて想定ワークという当日の子どもたちの行動を想定し、学生たちがどのように対応するべきなのかを考えるワークをしました。

 実際、想像していなかった子どもたち(子どもの役をしていた学生)の行動に戸惑う学生もいましたが、当日に向け気持ちを引き締める良い機会になりました。

180720tochio_2.jpg

 最後に前期愛児園子ども隊2018のリーダーである大塚駿(高崎経済大学3年)より「勉強会で目標の”知る”という部分を担保できたので、今後、隊員全員が活動を通して”気づき・成長”してほしい」と挨拶がありました。

180720tochio_3.jpg

 明日より本格的に活動が始まります。学生としての子どもとの関わり方を考えながら、子どもたちの成長のために活動していきます。

180720tochio_4.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml