CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


令和元年8月九州北部豪雨災害 調査隊(9月3日) [2019年09月03日(Tue)]

 本日火曜日の8時30分ごろから学生6人、事務局1人、本協会特別顧問の黒澤司さん、(一社)OPEN JAPANの3者で多久市の土砂崩れの被害を受けたお宅で作業させていただきました。主に土砂の掻き出しなどを行いました。一般ボランティアの方も20名ほど来られ、一緒に作業を行いました。

190903kyushuhokubu_3.jpg

 一緒に作業する中で、地域の方は「学生の力を見て、元気を貰った」と話してくださいました。

190903kyushuhokubu_1.jpg

190903kyushuhokubu_4.jpg

 また黒澤さんから「木の種類ごとに根の張り方が違う。スギなどの針葉樹が多く生えている場所は土砂崩れの危険性が高くなる」と教えていただきました。

190903kyushuhokubu_2.jpg

 明日は報道でも大きく取り上げられている順天堂大学病院近くの大町町下潟でお昼まで作業させていただき、その後帰阪する予定です。

#NPO #IVUSA #令和元年8月九州北部豪雨災害 #佐賀県 #武雄市 #大町町 #多久市
令和元年8月九州北部豪雨災害 調査隊(9月2日) [2019年09月03日(Tue)]

 8月27日から数日にかけての豪雨により佐賀県をはじめとする九州北部を中心に各所で被害が発生しました。
 報道だけではわからないことも多いため、被害状況の確認等を目的とし、9月2日の午前3時半ごろに学生6名、事務局1名が佐賀県に向け出発しました。

 最初に武雄市、大町町の被害状況とボランティアの活動状況を確認するために、各ボランティアセンターを訪れ、情報共有をしていただきました。
 武雄市、大町町ともに、比較的泥や土砂は少ないですが、浸水した住宅が多く、各地域とも住民とボランティアの方が浸水した家財や畳などを住宅から搬出し、集積場へ運搬しているという状況でした。

190903kyushuhokubu_1.jpg

190903kyushuhokubu_2.jpg

 また、所々土砂崩れの被害が出ています。多久市のあるお宅で本協会の特別顧問である黒澤司さんが活動されており、被害状況を説明してもらいました。
 本日火曜日はこちらのお宅に入らせていただき、瓦の撤去や土砂の掻き出しなどを行う予定です。

190903kyushuhokubu_3.jpg

190903kyushuhokubu_4.jpg

 報道も多くされている大町町の順天堂病院付近では未だ冠水している場所もあります。近くの鉄工所から流出した油とその臭いが漂い、生活復旧をしていくためにどうこの油を除去していくのかが課題となっています。

190903kyushuhokubu_5.jpg

#NPO #IVUSA #令和元年8月九州北部豪雨災害 #佐賀県 #武雄市 #大町町 #多久市
フィリピン減災・環境保全スタディツアー(9月2日) [2019年09月03日(Tue)]
 午前中はデ・ラ・サール大学へ訪問しました。デ・ラ・サール大学では大学内のボランティア団体であるCOSCA-LOVEに会い、お互いの団体紹介やそれぞれの団体への質疑応答、これからどんな分野で協力できるのか、いつだったら一緒に活動することが可能なのかを話しました。

 その他にも大学のセキュリティオフィスの方から大学の災害に対する想定訓練や備えなどのお話を伺いました。

190902philippines_1.jpg

 COSCA-LOVEの学生の案内のもと大学を見学し、デ・ラ・サール大学についてたくさん教えていただくことができました。

190902philippines_2.jpg

 COSCA-LOVEと会った感想として、大村樹那(日本大学2年)は、「COSCA-LOVEの活動がIVUSAの活動と似てるところがあり驚いた。これから一緒に活動してくことができたら面白いなと感じた」と話していました。

190902philippines_3.jpg

 午後はフィリピン最大級のMOA(モール・オブ・アジア)で買い物をしました!今回の活動は自分たちの保護者をはじめ多くの方々の支援があって行うことができます。そんな私たちを後押ししてくれた方々へ感謝を込めてお土産を買いました。

 MOAの近くから見えるマニラ湾での夕陽は残念ながら見ることはできませんでしたが、最後にデ・ラ・サール大学の学生たちがお別れの挨拶に来てくれ、また会おうと話せてよかったです!

190902philippines_4.jpg

 寮に戻った後はIVUSA、ラオー市のユース、現地コーディネータとおつかれさま会をしました!
 みんなでお菓子を食べ、音楽を奏でながら素敵な時間を過ごしました。

190902philippines_5.jpg

#国際協力 #フィリピン #海外ボランティア #減災
日本財団「海と日本PROJECT」山形県日本海沿岸清掃(9月1日) [2019年09月03日(Tue)]

 活動最終日である本日は遊佐町の西浜海岸にて一般の方と共に清掃活動をするところから始まりました。

 午前中には8名の方が参加してくださいました。
 参加された方からは「遠いところからこんなにたくさんの学生が来て、浜を綺麗にしてくれて嬉しい。来年もあればぜひ参加したい」とのお言葉をいただきました。
 午後は、午前と同様の場所で一般の方4名と一緒に清掃活動を行いました。遊佐町町長の時田さんから「地域貢献していただけること、大変感謝しております。チリも積もれば大きな力になります。これからの活動に期待しています」とのお言葉をいただきました。

190901yamagata_1.jpg

 ゴミを拾い終わった後は全員で声をかけながらバケツリレーでゴミを運搬し、清掃活動は終了しました。

190901yamagata_2.jpg

190901yamagata_3.jpg

 清掃活動後、庄内地方にある社会課題を解決するべく私達にできることを考え、企画するという未来創造会を実施しました。班ごとに考えた企画を、地元の方の前で発表しました。

190901yamagata_4.jpg

 その後、解団式を行い山形県の学生と別れました。新宿へと向かうバスに乗り、5日間に及ぶ山形県日本海沿岸清掃活動を無事終えました。

#NPO #IVUSA #大学 #学生 #大学生 #ボランティア #ボランティア活動 #学生ボランティア #夏休み #えがお #若者 #環境 #環境保護 #環境保全 #守る #自然#日本財団 #海と日本 #umigomi #Y4B #山形県
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml