CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


三重県熊野市熊野大花火大会活性化活動の様子が8月28日付「熊野新聞」で紹介されました [2019年09月02日(Mon)]

190828kumano_1.jpg

#三重県 #熊野市 #地域活性化 #熊野大花火大会
新潟県関川村大したもん蛇まつり活性化活動の様子が9月1日付「サンデーいわふね」で紹介されました [2019年09月02日(Mon)]

190901iwafune_1.jpg

190901iwafune_2.jpg

#新潟県 #関川村 #地域活性化 #大したもん蛇まつり
利島活性化活動2019は無事に終了しました(8月31日) [2019年09月02日(Mon)]

 本日は活動最終日ということで、6日間お世話になった宿舎の清掃をしたのち、班ごとに最後のミーティングをおこないました。
 ミーティングでは活動を振り返り、個人目標に対しての達成度や今後利島に対して自分たちになにができるのかといったことについて意見を出しあいました。

 港で30分ほどの自由時間が設けられ、農家さんに色紙や手紙などを渡して感謝を伝え、別れを惜しみました。
 その後船に乗り、島の方々に見送られながら、利島を後にしました。竹芝埠頭に到着し、解散しました。

 今日一日で私たちの活動が利島の未来へ繋がっていることが再確認できました。

 本活動にご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

190831toshima_2.jpg

190831toshima_1.jpg

#NPO #IVUSA #地域活性化 #ボランティア #利島 #椿
フィリピン減災・環境保全スタディツアー(9月1日) [2019年09月02日(Mon)]
 午前中は昨日に引き続き話し合いが行われました。IVUSAの学生とラオ―市のユースの話し合いでは、ユースたちがこれからどのような減災・環境保全活動を行なっていきたいか聞くとともに、IVUSA学生、ユースともに活動を行っていく上でのアイデアを出し合いました。

190901philippines_1.jpg

 お昼を食べた後、イントラムロス観光をしました。イントラムロスとは、スペイン語で「壁の内側で」という意味で、約6〜7mの高さの壁に囲まれたスペイン時代に作られた地区です。

 まずサンチャゴ要塞の見学をしました。要塞内部を見学するとともにリサール記念館の見学をしました。ホセ・リサールはフィリピンの反植民地運動を語る際に、この人抜きでは語れないという重要人物であり、記念館ではリサールについてらの様々な展示を見ていきました!

190901philippines_2.jpg

190901philippines_3.jpg

 その後はマニラ大聖堂やマニラ戦記念碑の見学も行うなどフィリピン近現代史について学んでいきました!
 寮に戻った後は、IVUSAのOGで現在フィリピンで働いている前川亜希子さんからフィリピンの経済状況や貧困などのフィリピンの抱える問題についてお話していただきました。

190901philippines_4.jpg

 お話を聞いた感想として大嶺奈那(龍谷大学2年)は、「フィリピンに住んでいるからこその視点からお話を聞けて、フィリピンの経済状況について知ることができました。特に貧困についてのお話はとても興味深かったです」と話していました。

190901philippines_5.jpg

#国際協力 #フィリピン #海外ボランティア #減災
岡山県備前市日生諸島活性化活動(9月1日) [2019年09月02日(Mon)]

 昨日から開催しているかしらじまマルシェは2日目最終日を迎えました。

 昨日に引き続き、小さなお子さんから年配の方まで幅広い年齢層の方々がかしらじまマルシェに来て下さいました。

190901hinase_1.jpg

 午後には、昔日生で行われていたドンがめレースが復活し、会場は大いに盛り上がりました。学生チームと地元の方のチームが合わせて5チーム出場しました。学生チームは手作りの筏やユニークな形のオールの扱いづらさに苦戦しながらも、会場の声援を受け、ゴールに漕ぎ付いていました。地域の方が懐かしさを思い出し、来年以降も継続していけるようになって欲しいとの声がありました。

190901hinase_2.jpg

 休憩所では、IVUSAがこれまで行ってきた日生での活動を紹介する展示物を設置し、学生は来場者の方に日生とIVUSAのつながりについて説明しました。また、来場者の方に感想を書いていただくコーナーでは、展示を見て思ったことやかしらじまマルシェで楽しかったことなど、多くのコメントをいただきました。
 学生は、1日目の経験や改善点を生かしてそれぞれの場所で頑張っていました。

190901hinase_3.jpg

 夜には交流会があり、田原隆雄備前市長はじめ地域の方々26名がかしらじまマルシェの成功を労うと共に交流を深めることができました。日生町漁業協働組合の山口清貴支所長から乾杯のご発声があり、日生でとれた海産物を食べながら、マルシェのこと、日生のことなど様々な話をして交流を深めました。

 明日は活動最終日ですが、悔いのないよう、最後まで日生に対して向き合っていきます。

190901hinase_4.jpg
岡山県備前市日生諸島活性化活動(8月31日) [2019年09月02日(Mon)]

 本日は8月31日と9月1日の2日間行われる「かしらじまマルシェ」の初日です。かしらじまマルシェとは、備前焼や地元の飲食店と瀬戸内海の魚介が堪能できるブースや紙皿水族館などのワークショップなどが行われるイベントです。

 そのほかにも底引き網体験やカヌー体験などのアクティビティ、海上綱引きやドンがめレースなどもあります。

190831hinase_1.jpg

 マルシェ開始前に行われた決起会で学生は、かしらじまマルシェのスタッフの一員としての自覚を再度認識しました。マルシェのメイン会場は開始前からたくさんの来場者の方が来て下さり賑やかな様子でした。

190831hinase_2.jpg

 また、午前中には海上綱引きが行われました。IVUSAから1チーム4名が参加し、2位入賞を果たしました。会場が一番盛り上がったのは参加者が次々と海に落ちる場面でした。見ていた来場者からは「見ているだけで楽しい。やってみたい」という声があがりました。

190831hinase_3.jpg

 午後も引き続き、マルシェの運営補助を行いました。来場者の誘導やブース・ワークショップのスタッフや次回以降のマルシェをより良くするためのアンケート回収などそれぞれの役割を全うしました。

190831hinase_4.jpg

 夕食後には今日の反省と明日の改善点について学生内で話し合いました。船とバスの誘導方法やアンケート回収のタイミングなどについてたくさんの意見が出ました。今日出た意見を元に明日のマルシェがより良いものになるように学生一同誠心誠意取り組んでいきます。

190831hinase_5.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml