CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


長野県飯山市「雪と光の祭典」活性化活動(3月8日) [2019年03月09日(Sat)]

 今日は雪と光の祭典の準備と、昨日に引き続いて民宿訪問をグループに分かれて活動をしました。

 観光客の方に祭典の会場である戸狩温泉スキー場だけでなく、周囲の名所にも立ち寄り、その魅力を感じてもらえるよう、高源院、延命地蔵尊でLEDキャンドルの光の道をつくるための準備をしました。

 延命地蔵尊とは、別名子育て地蔵とも呼ばれ、子どものない人が信仰すると子どもが授かり元気に育つと言われています。

 高源院は、1400年開創の曹洞宗のお寺です。毎年梅雨の時期に20種約800株のあじさいが咲くため、あじさい寺として地域の人に親しまれています。

 どちらも雪かきをして、観光客の方が通れるように道を作りました。その後延命地蔵尊では道の脇に雪の壁を作りました。

190308iiyama_1.jpg

 「雪と光の祭典」当日には戸狩温泉スキー場ペガサスゲレンデにて2つの企画を実施する予定です。1つ目は飯山市の四季、1年間の魅力を感じられる菜の花やあじさいなどを形作った「花のLEDキャンドル」、2つ目は5,000個のLEDキャンドルを使用し、天の川をモチーフにしたイルミネーションです。本日の午後はこれらの準備も行いました。

190308iiyama_2.jpg

 本日の活動の最後には、この活動のリーダーである栗栖崇光(京都外国語大学4年)より、「私たちIVUSAの行動が良いか悪いかで観光客の方が抱く飯山や戸狩への印象が決まります。楽しみつつ自覚を持って活動してほしい」との話がありました。

 明日は雪と光の祭典当日です。自分の行動のひとつひとつの大切さを意識して活動していきます。
タグ:飯山市
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml