CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


岐阜県関市平成30年7月豪雨災害救援活動(7月15日) [2018年07月16日(Mon)]
 今日6時より朝食を食べ、その後各現場の説明がされました。

180715seki_1.jpg

学生とOB・OG、事務局員総勢175名が16チームに分かれて活動しました。

 8時30分に作業を開始しました。
 引き続き床下の泥のかきだしや側溝の掃除、土のう作りなど鳥谷市地区のニーズを完遂するために学生たちは全力で作業に臨みました。

 また、ただ作業をするだけではなく自分達がいなくなった後鳥屋市の方が少しでも早く元の生活が戻れるように、家の梁や窓を拭いたり自分達が出来る事を一生懸命探し取り組みました。

180715seki_2.jpg

 床上浸水をしてしまったあるお宅では、お宅の中だけでは無く、庭の畑や側溝なども川の氾濫により被害に遭い、お宅の中だけでは無く外も作業させていただきました。
 昨日から作業をさせて頂いていて、今日の午前10時にそのお宅の作業を終了しました。
 お宅の方からは、「中も外もこんなに綺麗になって嬉しい ほんと助かるよありがとう」と最後にお言葉を頂きました。

180715seki_3.jpg

 午前中は6件のニーズを完遂しました。

 お昼ご飯を食べた後最後の活動に取りかかりました。
 私たちの昨日今日の成果を見てくださった方々から、「ここも綺麗にしてほしい」「これを片付けてほしい」などのニーズが少しずつ上がりました。
鳥屋市を完遂するべく最後の力を振り絞って学生達は作業していました。

180715seki_4.jpg

 私たちの作業風景を見て土嚢の運び出しを一緒にしてくださるお宅の方もいらっしゃいました。

 ニーズを完遂することも含め来た時以上に綺麗にすることを心がけお宅の掃除も行いました。

 最終的に関市上之保の鳥屋市地区20世帯に入り全件完了しました。
 当初の計画通り、鳥屋市地区のニーズを完遂することができました。

 最後の閉会式にて鳥屋市 自治会長の波多野友司さんから、「この2日間被災者のみなさんのために来ていただき本当にありがとうございます。被災者のみなさんを代表してお礼申し上げます。みなさんが真剣に活動していてお宅の方々もとても感動していました。災害が起きないことが一番ですが、これからも他の困ってる人たちを助けてあげてください」とお話を頂きました。

 一人ひとりがこの活動を通して感じたこと、考えたことは様々だと思います。しかしこの災害というものに対してもしこれが自分の家で起こったことであったら、自分にも起こりうることであると私たちは考えました。
 そして今回活動させていただいたお宅の一日も早い復興を願っております。

180715seki_5.jpg

 関東の学生は16時30分、関西の学生は18時に活動を終了しバスに乗り込んでそれぞれ解散となりました。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml