CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


大阪北部地震救援活動(7月1日) [2018年07月02日(Mon)]
 活動12日目を迎えました。100名単位で活動できるのは土日のみなので、最後まで自分たちにできることを一人ひとりが考えながら、活動を進めました。
 茨木市、高槻市の両市で作業を行い、計108名の学生、事務局、OBOGが参加しました。

 午前8時、茨木市では若園公園に、高槻市では古曽部ベースにそれぞれ学生、事務局、OBOGが集合しました。

 茨木市では、@ニーズのヒアリング調査、A家財整理のお手伝い、B瓦屋根修繕の補助作業の3つのグループに分かれて活動しました。

 ニーズ調査のグループでは、昨日に引き続き一軒一軒お宅を回り、家財の整理に人手が必要かどうか、何か困っていることはないか等お話をさせていただきました。

180701osakahokubu_1.jpg

180701osakahokubu_2.jpg

 また、ニーズは無くても「学生さんとお話できて少し安心した」という声も頂き、単にニーズを聞き取るだけではなく、会話を通して地域の方の心に寄り添うことができると実感できた活動となりました。
 午前から計1,949軒のお宅に訪問し、16件のニーズを吸い上げることができました。

180701osakahokubu_3.jpg

 家財整理のお手伝いのグループでは、散乱した家財のうち、不必要な物を外に運び出しながら作業を進め、1軒のお宅のニーズを完遂しました。

180701osakahokubu_4.jpg

 瓦屋根修繕のお手伝いのグループでは、瓦屋根へのブルーシート張りの補助要員として、上から降ろされた瓦を運搬したり、ブルーシートを固定するために必要なヒモを土嚢にくくりつけたりする作業をしました。結果、2軒のお宅でニーズを完遂することができました。

180701osakahokubu_5.jpg

 高槻市では、社会福祉協議会に上がってきたニーズと、屋根のブルーシート張りを行う技術を持ったボランティアの方のマッチングに加え、土嚢づくりも行いました。

 午後からは、明日の作業現場に出向くための準備を行いました。また、より良いボランティアセンターの運営を目指し、社会福祉協議会の方や技術チームの方と会議を行いました。

180701osakahokubu_6.jpg

180701osakahokubu_7.jpg

 また、本日は社会福祉協議の方や地域の方々より、食べ物や飲み物等の差し入れを頂きました。暑い中での作業でしたが、たくさんの差し入れのおかげで最後まで元気に活動することができました。誠にありがとうございました。

180701osakahokubu_8.jpg

180701osakahokubu_9.jpg

 茨木市での100名規模の活動は、今回で一度区切りとなり、明日以降は高槻市を中心に活動していく予定です。これからも、一日でも早い被災地の復旧のために、一丸となって取り組んでいきます。

180701osakahokubu_10.jpg

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1371461
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml