CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


平成29年7月秋田県豪雨災害救援活動1次隊(8月1日) [2017年08月02日(Wed)]
 午前9時20分より、事務局2名学生4名で作業を開始しました。

 初めに、今回初めて入るお宅で、泥出し作業をやりやすくするために根太を外してから、部屋が汚れないように保護をする作業をしました。

170801akita_1.jpg

170801akita_2.jpg

 午前中は、昨日床板剥がしが完了したお宅と、引き続き床板剥がしをするお宅、今日最初に入ったお宅の3つの現場に分かれて作業をしました。
 また、今日は陸前高田市から高田高校の野球部の皆さんとともに作業しました。

 床板剥がしが完了したお宅では、二部屋分の泥出しをしましたが、高校生のパワーによってみるみる泥が運び出されていきました。

 お宅の方から「若い人の力に涙が出ます。助けていただきほんとありがとうございます」と仰っていただきました。

170801akita_3.jpg

170801akita_4.jpg

 今日最初に入ったお宅では夫婦で大工経験のある方で、ご自身たちで畳上げも床板剥がしも出来る方々でした。
 しかし二人だけでは負担も多いと感じたので、もっとボランティア人数を増やしたいと強く思いました。

170801akita_5.jpg

 引き続き床板剥がしをするお宅では、IVUSAが床板を剥がして高校生に床下の泥を運ぶのを手伝ってもらいました。
 高校生のパワーによってあっという間に泥が運び出されました。初めての災害現場だと話していましたが、お互い声をかけあいながら無事に作業終えることができました。

170801akita_6.jpg

170801akita_7.jpg

 高校生は、「普段よく練習試合などを秋田県の高校生とすることがあるのと、以前自分たちのところが被災した時に秋田県からも多くの方に助けてもらったから今回ボランティアに参加した」と言っていたのが印象的でした。

170801akita_8.jpg

 午後3時、高校生が撤収後、初日に泥出しをしたお宅にて一部屋分の床板の消毒と床下の消毒をして本日の作業を終了しました。

170801akita_9.jpg

 本日は合計3件のお宅に入り、主に床板剥がしと床下の泥出しを行いました。

 明日からは本体が合流し2次隊が始まります。そのための受け入れ態勢を整えるために、会議を持つ予定です。

 尚、この活動は公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成を受けて実施しています。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml