CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


大阪北部地震救援活動(6月21日) [2018年06月22日(Fri)]

 活動3日目の本日は、茨木市に加え高槻市でも作業を行いました。
 午前9時、茨木市福祉文化会館に学生36名事務局2名OB2名、高槻市社会福祉協議会に学生9名事務局2名が集合しました。

 茨木市では、午前中は昨日に引き続き、土嚢作り、避難所へのポスター配布、お宅の家具移動のお手伝いの3グループに分かれて作業を行いました。

 土嚢作りのグループでは、皆で声を掛け合い合計178袋の土嚢を作ることが出来ました。

 また、高齢者の一人暮らしのお宅では部屋の整理がなかなか進まない状態の所もあり、「お手伝いに来てくれて助かった」という声をいただきました。

180621osakahokubu_1.jpg

180621osakahokubu_2.jpg

 午後からは、土嚢作り、お宅の家具移動や整頓のお手伝い、お風呂屋さんの駐車場の整備、住宅地でのチラシの投函の4つの作業を行いました。

 午前に引き続き行った土嚢作りでは、午前中以上にお互いに声を掛け合いながら作業し、午後に168袋、1日を通じて346袋を作成することができました。

180621osakahokubu_3.jpg

 さらに、ボランティアセンターが開設された旨を周知するために、ボランティア依頼に関するチラシを住宅のポストに投函しに回りました。2地区で合計152件のお宅に投函することができました。

 また、高槻市では午前午後ともに、ボランティアセンターが設置されたことを伝えるため、避難所を回りニーズの調査を行いました。
 避難者の中には「片付けしたくても、余震が怖くて自宅に戻れない」と言ってる方もいました。

180621osakahokubu_4.jpg

180621osakahokubu_5.jpg

 午前午後合わせて14箇所の避難所を回ることができました。避難者の数はだんだん少なくなって来ています。しかし、夜は自宅で寝るのが怖い人もいるため、夜だけ避難所に来る方も多数いるそうです。
 避難所での生活やどのような物資が届くのかなどの話もすることができました。

 明日以降も、引き続き茨木市と高槻市で活動を行っていく予定です。しっかりと休み、明日に備えます。

※写真は、避難者や家の方の許可を得て撮影・掲載をしています
大阪北部地震救援活動(6月20日) [2018年06月20日(Wed)]
 本日も昨日に引き続き、朝9時頃大阪府茨木市福祉文化会館に学生36名と事務局3名が集合し、災害救援活動を開始しました。

 午前中は各グループに分かれ、トラックの誘導や地震の被害にあわれたご家庭での家具の移動を行いました。
 山水温泉では駐輪場の整備を行うとともに、茨木市中央南グランドでは土嚢づくりを実施しました。この土嚢は損壊した屋根にかけたブルーシート上に重りとしてのせるために利用されます。
 学生同士声を掛け合いながら342袋を作り、午前中の活動を終了しました。

S__34922562.jpg

S__34922563.jpg

 お昼ご飯をとり新たに学生5名が加わった後、再びグループに分かれ午後の活動を開始しました。
 茨木市の避難所をまわり、災害ボランティアセンター開設のお知らせのポスターやビラを配ったり、避難された方がどういったことに困っているのか、直接お話を伺いました。

S__34922564.jpg

S__34922565.jpg

 避難所では余震や雨による二次被害を恐れている方、未だに復旧しないガスに不安を募らせている方が多くいらっしゃいました。

 そして午前に引き続き行った土嚢づくりでは、午後は180袋、今日1日で522袋を作りこの日の活動を終了しました。

S__34922566.jpg

 参加した学生からは「実際に被災地へ行くことが重要であり、被災された方のために自分たちができることをしていかなければならない」といった感想もありました。

 明日からの活動に向けて、私たち学生ができることが何なのか一人一人考え、気を引き締めて取り組んでいきます。
大阪北部地震救援活動を開始しました(6月19日) [2018年06月20日(Wed)]
 6月18日午前7時58分ごろ、大阪北部を震源とした最大震度6弱の地震が発生し、高槻市で約4万6,000戸、茨木市で6万4,000戸のガスの供給が停止され、高槻市では南部を中心に大規模な断水が起こっています。

 6月19日、大阪府茨木市にて災害ボランティアセンターが開設されました。そのセンターが設置されている茨木市福祉文化会館に、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)の学生4名と事務局3名が向かいました。

 ボランティアセンターでは、@打ち合わせを行うグループ、A二軒のお宅での室内作業をお手伝いするグループの2組に分かれて活動しました。

180619osaka_1.jpg

 一軒目のお宅では、倒れたタンスの移動をお手伝いしました。
 そして二軒目のお宅では、床に散乱した食器・家具の整理や崩れた土壁の清掃、壁に掛けられている大きな額の移動作業を行いました。

180619osaka_2.jpg

180619osaka_3.jpg

 約1時間30分と短い作業時間でしたが、お宅の方からは、「一人では作業がはかどらなかったから、とても助かった」という言葉を頂きました。

 6月20日から、OICの学生たちを中心に救援活動を行う予定です。今後増えてくるニーズに対応できるよう、準備を進めます。
初夏トレーニング を実施しました(6月3日) [2018年06月05日(Tue)]
 6月3日に横浜市内の大学にて、初夏トレーニングが実施されました。

 これは、新規入会者対象にボランティアへ参加するために必要な研修を受講できるものです。
 学生180名、事務局1名が参加しました。

 10時よりオープニングが始まり、スケジュールを共有し、諸注意や研修の説明をしました。
 その後、11時よりそれぞれのグループに分かれ、研修を開始しました。
 マネジメント研修、危機対応講習などさまざまなプログラムを実施しました。

 マネジメント研修では、「人を動かす「をテーマにグループワークや座学を通してスケジュールの作成やコミュニケーション能力について学びました。和気藹々とグループワークを行なっていました。

180603trainig_1.jpg

 危機対応講習では、実技指導を通じて、身の回りの危機を知る、予測する、準備することから対応が生まれるというサイクルや、目配り、気配り、心配りの大切さを学びました。また、BLSいかに重要なのかを学びました。受講生は最初は戸惑いつつも、真剣に受講していました。

180603trainig_2.jpg

 19時より全てのグループが集まり、エンディングのプログラムを行いました。

 班での話し合いを通して、研修前後での変化やこれから自分が挑戦したいことは何かを考え、共有しました。「これからいろんなことに挑戦したい、成長したい」という意見が出ました。これからのIVUSAでの活動を楽しみにしているようでした。

 最後に、リーダーの一人の竹中千晶(神奈川大学3年)から、「今日、学んだことをしっかり家に帰って復習してください」と挨拶がありました。

180603trainig_3.jpg
静岡県西伊豆町ヤーコンの里事業6月隊は無事に終了しました(6月3日) [2018年06月03日(Sun)]
 最終日は、地元住民の方と清掃活動をしました。

 7時30分に学生が朝食をとった後に、8時より宇久須地域柴区の住民の方と清掃活動を行いました。

180603nishiizu_1.jpg

180603nishiizu_2.jpg

 暑い中での作業となりましたが、学生は住民の方と協力しながら楽しく活動しました。
 作業を終えた学生は、西伊豆町田子地区で行われる田子港祭りへ向けて現地調整を行いました。

180603nishiizu_3.jpg

 宿舎に戻ると学生は、個人で感じたことを共有して夏に行われる活動に向けて考えを深めることができました。

 13時に昼食をとり、14時30分頃西伊豆を出発しました。その後20時30分に三軒茶屋駅に到着し、解散しました。

 この2日間、ヤーコンの経過観察を行うと同時に、夏に行われる活動に向けてできることを共有し、西伊豆町活性化活動の本来の意味を考えることができました。
静岡県西伊豆町ヤーコンの里事業6月隊が始まりました(6月2日) [2018年06月03日(Sun)]
 「ヤーコンの里事業」とは、2016年2月にIVUSAが西伊豆町と地域連携協定を結んだ際に提案したもので、年間を通してヤーコンを育て、特産品として発信していこうというものです。

 7時30分、IVUSA学生10名と事務局2名が西伊豆に向けて出発しました。
 11時頃に、現地のIVUSAがお借りしている休耕田(あめみや農園)に到着し、昼食を取りました。
 午後はあめみや農園でヤーコン畑の整備活動をしました。

180602nishiizu_1.jpg

 ヤーコン畑は持続可能な地域活性化を目指す事業の一環として、西伊豆町にお借りしている現在使用されていない畑で年間を通じて継続的にヤーコンの栽培を行なっています。
 今回の活動では苗の周辺に生えている雑草抜きと苗を覆っていたマルチの一部取り外れており、およそ5時間雑草除去、マルチ張りを行いました。

180602nishiizu_2.jpg

 暑い中の作業でしたがすべての作業を終えることができました。

 また、それに平行して4名の学生が田子地区・安良里地区の区長さんやまちづくり協議会の方々と夏休みの活動に向けて調整を行いました。

 明日は宇久須地域柴区の住民の方との清掃活動と夏の活動に向けてのフィールドトリップを予定しています。
初夏トレーニングを実施しました(6月2日) [2018年06月03日(Sun)]
 6月2日に都内の大学にて、「初夏トレーニング」が実施されました。
 「初夏トレーニング」とは、新規入会者対象にボランティアへ参加するために必要な研修を受講できるものです。
 学生200名、事務局1名が参加しました。

 10時よりオープニングが始まり、スケジュールや諸注意を共有しました。
 その後、11時よりそれぞれのグループに分かれ、研修を開始しました。
 マネジメント研修、危機対応講習など様々なプログラムを実施しました。

180602training_1.jpg

 マネジメント研修では、「人を動かす」をテーマにグループワークや座学を通してスケジュールの作成やコミュニケーション能力について学びました。

 CMT(危機対応講習)では、実技指導を通じて、身の回りの危機を知る、予測する、準備することから対応が生まれるというサイクルや、目配り、気配り、心配りの大切さを学びました。
 また、BLS(Basic Life Support=一次救命処置)いかに重要なのかを学びました。受講生は皆、真剣に受講していました。

180602training_2.jpg

 その他のプログラムでは、自分の人生をふり返りながら、これからどうIVUSAと関わっていくのかを考えました。

 19時より全てのグループが集まり、エンディングを行いました。班での話し合いを通して、今日をどう感じたかやこれから自分には何ができるのかを考え、共有しました。これからのIVUSAでの活動に向けてワクワクした表情でした。
 リーダーの一人の竹中千晶(神奈川大学3年)は、「IVUSAの活動は研修が一番重要である」と強調しました。

180602training_3.jpg

 最後に全体写真を撮り、初夏トレーニングを終えました。
みんな集まれボランティア [2018年05月23日(Wed)]
 4月28日に茨木市中央公園グラウンドにて実施された、「みんな集まれボランティア」というイベントに学生14名が参加し、運営のお手伝いをしました。

 みんな集まれボランティアとは、茨木市社会福祉協議会が主催する茨木市にあるボランティア団体が集まり、誰もが楽しめるお店やステージなどでボランティアの啓発活動に繋げる地域のイベントです。大阪茨木クラブでは茨木市社会福祉協議会の方からお声をかけていただき、数年前から参加しています。

 学生は7時半に集合した後、お店で使うテントや机などの備品の設置や場外設営の作業を行い、10時から始まった開会式では、参加した学生のうち2名が司会者として参加させていただきました。

 茨木市の各ボランティア団体との合同のゲームコーナーでは、追手門学院大学の方々と一緒に、小さい子どもが楽しむことのできるコロコロ迷路と年輪パズルを実施しました。

 コロコロ迷路はダンボールを使い独自の迷路をつくり、年輪パズルは切り株をパズルのように切って遊ぶ手作りのゲームです。学生と子どもたちは交流を深めながら、終始笑顔に溢れていました。

180428ibaraki_1.jpg

 IVUSAブースでは新聞紙や日用品を使用し、家庭で気軽に作れる防災グッズコーナーを設け、新聞スリッパや新聞コップなどを地域の方々と作りました。親子連れも多く、防災グッズが簡単に作れることから、楽しみながら防災を知ってもらうことを心がけていました。

180428ibaraki_2.jpg

 今回は場外設営や開会式、ゲームコーナーやIVUSAブースといった様々な部分で運営のお手伝いをさせていただきました。たくさんの地域の方々が来てくださり、学生たちは地域の方々と交流を深める良い機会となりました。

 茨木市社会福祉協議会をはじめとするこの活動でお世話になった他団体の方々、誠にありがとうございました。(立命館大学2年 栗栖 みのり)
わんぱく相撲世田谷区大会(東京砧クラブ) [2018年05月05日(Sat)]
 4月21日と22日の2日間にかけて、学生延べ35名で東京都世田谷区の世田谷区立総合運動場体育館にてわんぱく相撲世田谷区大会の運営のお手伝いをしました。

 わんぱく相撲大会とは、日本国内200地区(主催青年会議所単位)の予選から勝ち上がり、東京・両国国技館で全国大会の決勝が行われる、小学生対象の最大規模の相撲大会です。
 砧クラブでは東京青年会議所世田谷区員会からお声をかけていただき数年前からわんぱく相撲のボランティアに参加させていただいています。

 21日の事前準備では翌日開催される大会で使用する土俵やテントなどの搬出作業を行いました。前日に予定された作業はたくさんありましたが昨年よりも参加者が多かったこともあり予定した時間よりも早く終えることができました。

 22日の大会当日は、8時に集合し場外設営から作業を開始しました。前日に運んだテントや机などの備品の設置を東京青年会議所世田谷区員会やボーイスカウトの方々と行いました。
 10時から大会が始まり会場内で子どもたちの誘導や土俵周りの安全確保、会場外では駐車場の整理をしました。

 最後に、閉会式にて野口俊治(日本大学3年)が閉会宣言を務めさせていただき、大会の様々なところで運営に関わらせていただきました。

1804wanpaku_1.jpg

1804wanpaku_2.jpg

 わんぱく相撲世田谷区大会では小学校1年生から6年生の男女合わせて400名以上が出場し熱戦を繰り広げました。
 わんぱく相撲の目的は、「勝つことの喜びと負けることの悔しさを体験することにより、勝者を称え、敗者を思いやる気持ちを育むこと」です。子どもたちは相撲を通じて、目標に向かって努力することの大切さや真剣勝負での勝つことの喜び、負けたときの悔しさを経験し、成長の場になったようでした。

 東京青年会議所世田谷区員会をはじめとする大会でお世話になった世田谷区の方々、誠にありがとうございました。(日本大学3年 渡邉 武)
ポイ捨てボクメツ大作戦(大阪東大阪クラブ) [2018年04月25日(Wed)]
 大阪府東大阪市にて、3月18日に「ポイ捨てボクメツ大作戦」を学生37名、一般参加者25名で、そして23日には「長田クリーン大作戦」を学生24名、一般参加者24名で実施しました。

 今回は、「地域の人や東大阪クラブの参加者が身近なごみ問題を実感し積極的に動き東大阪の美しい街並みを取り戻す」ということを目的としました。そのために事前に東大阪市のごみ問題やポイ捨てについての資料を配付し、各々で勉強し、当日を迎えました。

 ポイ捨てボクメツ大作戦では、歩道のごみ拾いや水路の清掃、ぼんぼり付け、近隣の小学校で作成していただいたポイ捨てを防ぐための看板を一般参加者の方々とともに設置しました。

 水路にはたくさんのごみが落ちており、陸上からの網ですくい上げる作業は非常に大変でしたが、2人のバディを組むことで、効率よく作業をすることが出来ました。

1803nagataclean_1.jpg

 親子で参加していた保護者の方からは、「子どもと一緒にボランティアをしたいと思っていたので、今回はすごくいい機会になりました。子どもたちも楽しそうにゴミを拾っていたので良かったです」とお話を頂きました。

1803nagataclean_2.jpg

 長田クリーン大作戦では一般参加者の方々と共に歩道・高架下のごみ拾い、草刈りを行いました。参加者みんなで協力することで、楽しく作業することができました。

1803nagataclean_3.jpg

1803nagataclean_4.jpg

 最後に今回の2つの活動のリーダーである宇野遥香(近畿大学2年)から、「私にとってもいい経験になりました。この活動を今後も多くの人に知ってもらい、活動をすることで、東大阪の街がより綺麗になっていくことを願っています」と挨拶がありました。

1803nagataclean_5.jpg

1803nagataclean_6.jpg

 今回は地域の方を巻き込んでの活動ということで、多くの地域の方々と交流することができました。これからも東大阪クラブと地域の方々の交流を深めて、更により良い関係づくりをしていきます。(近畿大学2年 小原 康祐)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml