CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IVUSA公式ブログ

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動を紹介するブログです。


三重県熊野市地域活性化活動2019が始まりました(2月21日) [2019年02月22日(Fri)]
 2月21日から2月24日かけて、約80人の学生が市内の各地域に分かれてフィールドワークを行うとともに、夏の熊野大花火大会の運営に焦点をあてた市民会議を開催します。

 午前6時45分に京都駅に集合し、活動のリーダーである千代智也(立命館大学3年)からの挨拶のあと、熊野に向けて学生70人を乗せたバスが出発しました。

190221kumano_1.jpg

 11時30分に熊野市の七里御浜に到着し、先発隊と本隊が合流し全隊82名となりました。

 合流後、12時20分から開会式を行いました。

 開会式では始めに熊野市観光スポーツ交流課観光交流係長の横平修一さんから、「長い時間での移動でお疲れの中、ありがとうございます。皆さんの若い目線で各地域を見て頂いて意見を頂ければと思います」との挨拶を頂きました。

 そして、活動のリーダーである千代智也(立命館大学3年)から、「この活動は熊野市の皆様からのご協力があっての活動となります。私たち学生一同、熊野のために全力で頑張らせていただきます」と熊野市の方々に向けた意気込みを込めた挨拶で開会式は終了しました。

190221kumano_2.jpg

190221kumano_3.jpg

 開会式のあとは、三重県熊野市にて、市内5地区8隊に分かれて活動を行なっていました。

 5地区の内4地区は、神川、飛鳥、荒坂、丸山で、各地域でフィールドワークや交流会を行い、地域の方々から、各地域の魅力や問題点についてのお話しをお聞きすることができました。

190221kumano_4.jpg

190221kumano_5.jpg

190221kumano_6.jpg

 また、学生5人で糸川屋製菓株式会社さんと熊野漁業協同組合さんと協働して、新開発の地魚すり身製品「すりみん」を使用した新しい商品開発に向けたアイデア出しに取り組むすりみん隊の活動がありました。

 さらに、Instagramを使って熊野市をPRするために様々な観光名所を巡り、写真映えする景色や撮り方を研究するインスタ隊といった地区内のフィールドワークだけではなく、熊野市を盛り上げていくことに特化した隊がありました。

190221kumano_7.jpg

190221kumano_8.jpg

 フィールドワークや交流会を通し、隊員一同は地域の新しい発見や関係性を深めると共に、各地域が直面している課題の大きさを改めて知るものとなりました。

 明日はお昼頃まで各地域で活動をし、夜には共有をし合う時間となります。より多くのことを吸収し、市民会議での糧としていきます。
【第12次インド生活支援活動(2月21日) [2019年02月22日(Fri)]
 8日目となる今日は、夕方に交流会を行うため、朝からバスでA.I.M.S(AMRITA INSTITUTE OF MEDICAL SCIENCES)へ向かいました。A.I.M.Sはケララ州コーチンにあるM.A.MATHが設立した総合医療機関です。

190221india_1.jpg

 交流会はアムリタ大学の医療系の学部に通う学生と行い、ラーマーヤナの叙事詩を基にしたダンスを含む、インドの様々なパフォーマンスを披露していただきました。

 こちらからは柔道などの武道の実演や四季に行う行事、慣習の説明、また日本舞踊やよさこいの披露をしました。

190221india_2.jpg

190221india_3.jpg

 交流会終了後、参加していたアムリタ大学の学生に話を聞くと、「日本の学生が行なったどのプログラムも良かったが、特に最後に披露してくれたよさこいが力強く印象的だった」という言葉を頂きました。

190221india_4.jpg

190221india_5.jpg

 明日からろ過装置の設置作業、衛生教育を再開します。作業は残すところあと2日となりました。グループごとのミーティングなどを行い、これまでの作業で出てきた課題や問題点を改善し、残りの作業に取り組んでいきます。

190221india_6.jpg
静岡県西伊豆町活性化活動が始まりました(2月21日) [2019年02月22日(Fri)]
 2月21日から25日にかけて第11回目の静岡県西伊豆町活性化活動が実施され、学生104名と事務局1名の合計105名が参加します。

 西伊豆町は、静岡県で最も高齢化率の高い町です。消滅可能性都市にも指定され、今後の存続が危ぶまれています。その町で、学生の力で地域と共に活性化に向けた活動をしています。

 今回の活動は、「これまでの活動で築き上げたものを用いて一緒に西伊豆の未来を考えてくれる人を増やす」という目的を掲げています。主に町民との交流を通して西伊豆町の現状を知り、西伊豆町の未来図を作成することを目指します。

 活動初日は、7時半に新宿都庁前広場に集合し西伊豆町に向けて出発しました。天気に恵まれ幸先の良いスタートを切ることができました。

190221nishiizu_1.jpg

 バスは11時半頃現地に到着し、活動場所のヤーコン畑に向けて移動しました。

190221nishiizu_2.jpg

 ヤーコン畑では、毎年お世話になっている「NPO法人 緑の地球ネットワーク(GEN)」の藤原さんと宇久須まちづくり協議会の浅賀さんの挨拶があった後、収穫作業を行いました。

 最初にマルチシートとマルチおさえを外し、茎を抜いていきます。その後、土に埋まっているヤーコンを収穫しました。東京より過ごしやすい気候で、作業がより一層捗りました。

190221nishiizu_3.jpg

190221nishiizu_4.jpg

 今回収穫したヤーコンは、昨年植えられたヤーコンで、去年のバトンをしっかり受け継ぐことができました。明日はこのバトンを来年に繋げるために、新しい塊茎の作付け作業を頑張ります。

190221nishiizu_5.jpg

 明日はヤーコン畑と鉱山跡地に分かれて活動します。
 学生一同、明日からの活動にも全力で臨んでいきます。
沖縄県戦没者遺骨収集活動2019(2月21日) [2019年02月22日(Fri)]
 活動3日目を迎えた本日の天気は晴れでした。天気にも恵まれ、事前の勉強会や昨日までの資料館見学で、感じたことや考えたことを胸に、いよいよ学生たちは現場での遺骨収集を開始しました。

 朝食の後、活動のリーダーである浦野真凪(立命館大学 4年)から、「遺骨収集できるのは3日間だけなので、気持ちを切り替え気を引き締めて臨みましょう」と挨拶がありました。それを聞いた学生たちは改めて真摯に遺骨収集をするという決意を固め、現場へ出発しました。

190221okinawa_1.jpg

 それぞれの現場に移動し、午前9時頃から作業が開始されました。

 午前の活動では、壕の周りの整備を中心にご遺骨や遺留品の捜索も行われました。午前の活動を終えた学生から「当時使われていたであろう生活用品が出てきて、戦没者やご遺族のための作業ができているのかなと思うことができました」と話していました。

190221okinawa_2.jpg

 昼食をいただいたあと、学生たちは午後からの作業を再び開始しました。
 午前中の反省を踏まえ、より安全に作業するにはどうすればいいのか話し合いながら、現場の周辺の木々を整えたり、土を運んだりしていました。

 本日の作業は午後5時頃に終了しました。宿舎に戻り、各自夕食や入浴を済ませた学生たちは、1日目の遺骨収集を終えての反省点や改善策を話し合うミーティングを行いました。

 今回の活動で初めて遺骨収集に取り組んだ学生からは、「遺骨収集という非日常に居ても、現場の周囲からは日常の音が聞こえて来て、すぐ近くなのに非日常と日常が分かれているのだと感じました」という意見がありました。

190221okinawa_3.jpg

 本日の反省や課題をしっかり見直し、明日からの遺骨収集にも丁寧かつ真摯に取り組んでいきます。
沖縄県戦没者遺骨収集活動の様子が、2月21日のNHK沖縄夕方のニュースおきなわHOTeyeで放送されました [2019年02月22日(Fri)]
https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20190221/5090005825.html

190221okinawanhk.png
沖縄県戦没者遺骨収集活動2019(2月20日) [2019年02月21日(Thu)]
 活動2日目の本日はあいにくの曇り空でした。本日は資料館見学と、現場見学を行いました。

190220okinawa_1.jpg

 最初に資料館見学を行いました。3つのグループに分かれて、糸数アブチラガマ、旧海軍司令部壕、ひめゆりの塔を巡りました。

 学生たちは当時の状況を想像して、感じたことを忘れてしまわぬよう、ノートに書き記していました。

 事前に行われた2回の勉強会で得た知識に加えて、実際にガマや壕に入り当時の状況に想いを馳せ、貴重な経験をすることができました。

190220okinawa_2.jpg

 資料館見学の後、現場研修に向かいました。実際の現場での道具の使い方の再確認や、現場でのリスク想定を行い、明日からの作業に向けて意見交換を行う学生の表情はとても真剣でした。

190220okinawa_3.jpg

 その後、宿泊施設に戻り、戦中に現場付近に住んでいた、仲西冨士子さんのお話を聞きました。
 講話を聞いた学生は、「実際に戦争を経験した方の貴重なお話を聞くことができた。明日からの活動をより真摯に取り組むことができると思う」と話しました。

 明日から遺骨収集活動が始まります。それぞれの学生が、実際に現地に来て感じたことをふり返り、改めて、どんな思いで活動に取り組むのか考えて、明日に備えます。
第12次インド生活支援活動(2月20日) [2019年02月21日(Thu)]
 7日目の今日は、昨日と同様に3グループに分かれ、ろ過装置の設置作業を行ないました。一日を通して、6つのろ過装置を設置しました。

190220india_1.jpg

 午前の活動場所の一つであるAMRITA VIDYALAM PATHANAMTHITTAでの作業では、そこへ通う学生も作業を手伝ってくれる場面もありました。

190220india_2.jpg

 午後には、作業を行なった村にインドの国内メディアのアムリタTVがJivamritamプロジェクトの取材に訪れました。その際、今回の活動のリーダーである下道寛人(法政大学4年)もインタビューを受け、「このプロジェクトへの参加を通して、水問題の深刻さやろ過装置を設置することの重要性を改めて感じた。実際にろ過装置の設置をすることで、多くの人の命を救うことにつながるということに大きなやりがいや意味を感じる」と話しました。

190220india_3.jpg

 また、私たちが作業をしていた際に、村の人々が、私たちが用意した衛生教育の資料を自ら手に取り、眺める姿も見受けられました。

190220india_4.jpg

 作業後に行なった衛生教育では、村に暮らすお年寄りから子どもまでたくさんの人が集まり、興味を持って私たちの話を聞いている様子でした。

190220india_5.jpg

 活動も折り返しを迎えましたが、引き続き集中して活動に取り組んでいきます。
IVUSAが関わった新潟県長岡市の「裸押し合い祭り」の様子が2月13日付新潟日報で紹介されました [2019年02月20日(Wed)]
190213 niigatanp.jpg
竹林整備活動@こどもの国(2月17日) [2019年02月20日(Wed)]
 2月17日の活動は、20名で活動しました。今回の活動では各班に別れて作業を分担し、効率化を図りました。

 今回は初めて参加する隊員も多かったため、最初に竹切りの講習を行いました。

 その後、主に古くなった竹や、傾いている危険な竹を切りました。その際、竹を切り過ぎて景観を壊さないように注意を払いました。

 途中から、引き続き竹を切って下ろす作業をするグループと切り倒した竹を3メール間隔に切ったり枝打ちの作業をするグループの二手に別れて作業しました。

190217chikurin_1.jpg

 午後も、午前と同じく切った竹の枝打ち・3メートル間隔にに切るグループと竹を引き続き切るグループに分かれて作業しました。

 その後、枝打ちしていたグループと合流し、切り倒した全ての竹を残すことなく処理しました。

 本日は作業の効率化により、予定していた時間通りに作業することができました。今後も引き続き竹林整備活動を行っていきます。
沖縄県戦没者遺骨収集活動2019 が始まりました(2月19日) [2019年02月20日(Wed)]
 2月19日から25日にかけての沖縄県戦没者遺骨収集活動に学生135名、事務局2名、一般参加者12名の計149名が参加します。

 今回の7日間の活動では、「戦争経験のない学生が、戦没者やそのご遺族のため沖縄県での遺骨収集をする。その上で仲間と共に、過去・現在の真実やその時代を生きた人に真正面から向き合い、先人が切り開いたこの世界で一瞬一瞬を大切に"今"を全力で自分らしく生きることを考え、次代に伝える機会とする」という目的を掲げています。

 主に平和関連施設の見学や遺骨収集活動を通じて、過去から戦争の凄惨さを学び、今の沖縄を見て感じることで、全力で自分らしく生きることについて考えます。

 14時過ぎに那覇空港で関西・関東の学生が集合し、バスで沖縄県立糸満青少年の家に移動しました。

 その後、今回の活動の結団式を開始しました。
 結団式の初めには理解度テストという、骨格概要を中心とした今回の活動で必要な知識が身についているかどうかのテストを実施しました。

190219okinawa_1.jpg

 テストが終わると、今回の活動概要や7日間一緒に活動を行う沖縄の学生の自己紹介を行いました。改めてこの活動の重要性について学び、また遺族の方々の想いを一人ひとりが考えました。

 また、今回の活動のリーダーである浦野真凪(立命館大学 4年)から、「このメンバーで活動を行うことができるのは今回が最後。後悔のないように一人ひとりがしっかりやるべきことを考えて、7日間最後まで目標に向かって走っていきたい」と挨拶があり、学生たちは真剣なまなざしで耳を傾けていました。

190219okinawa_2.jpg

 結団式を終えてある学生は、「初めて関東・関西・沖縄の学生が全員揃った。今日から活動が始まるという引き締まった気持ちになった。参加者ではなく隊員として、自分にできることを全力でやりたい」と話していました。

190219okinawa_3.jpg

 結団式終了後、各グループに分かれて明日へ向けてのミーティングを行い1日目は終了しました。

190219okinawa_4.jpg

 明日は平和関連施設の訪問し、実際に活動を行う現場の見学も行う予定です。また、遺骨収集活動を行う場所で実際に戦争を体験された方の講演を伺います。
 色々な立場からの視点の平和を見て考え、これからの活動に活かせることを吸収できる一日にします。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

国際ボランティア学生協会さんの画像
国際ボランティア学生協会
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ivusa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa/index2_0.xml