CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«熊野市ボランティアセンター | Main | 15次隊参加者»
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

ivusa-cmtblogさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
IVUSA
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/19) よち
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/17) IVUSA
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/16) 食パンマン
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/15) ka@z
産田川の様子 (09/11) k@z
水害から1週間 (09/11) うっちー
復興商店街@南町 (09/10) 南雲京子
7日活動報告8日活動予定 (08/08) つなぶちようじ
24日報告 (04/26)
http://blog.canpan.info/ivusa-cmtblog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa-cmtblog/index2_0.xml
台風15号 [2011年09月20日(Tue)]
台風15号が近づいてきています。

被害がやっと収束しつつあった被災地のみなさんは大丈夫でしょうか・・・
くれぐれもお気をつけください。


*****************

西日本・東海 土砂災害の危険 9月20日 13時53分

強い台風15号は鹿児島県の種子島の南の海上を北東へ進み、西日本と東海では土砂災害や川の氾濫の危険性が非常に高くなっています。近畿と四国、それに東海では台風が近づく21日の昼までにさらに500ミリの雨が降ると予想され、気象庁は厳重な警戒を呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、強い台風15号は正午には種子島の南南東150キロの海上を1時間に20キロの速さで北東へ進んでいるものとみられます。中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。台風周辺の湿った空気や本州付近に停滞している前線の影響で西日本から東北にかけての広い範囲で雨が降っています。午後1時までの1時間には、岐阜県多治見市で39.5ミリ、兵庫県淡路島の洲本市で36.5ミリ、和歌山市の友ヶ島灯台で33ミリの激しい雨が降りました。宮崎県の多いところでは、この24時間に400ミリの雨が降り、今月15日の降り始めからの雨量が1000ミリを超えています。宮崎県と鹿児島県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、兵庫県、愛知県、岐阜県、静岡県、それに山梨県では土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があります。また、兵庫県と大分県、宮崎県、それに愛知県では川が増水して氾濫の危険性が非常に高くなっている地域があります。台風は次第に速度を上げて九州の南の海上を北東へ進み、21日は西日本や東日本にかなり接近し、上陸するおそれがあります。台風の北上に伴い、西日本と東日本では21日にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。また、東北でも1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがあります。21日の昼までに降る雨の量はいずれも多いところで、近畿と四国、東海で500ミリ、九州南部と関東甲信で250ミリ、九州北部と中国地方で200ミリ、北陸と東北で150ミリと予想されています。台風が近づくとみられる21日の昼以降も雨量はさらに多くなり、広い範囲で大雨になる見込みです。今月初めに豪雨の被害が出た紀伊半島では21日の昼までに多いところで500ミリの雨が降り、さらに21日の昼からの24時間には100ミリから150ミリの雨が降ると予想されています。鹿児島県奄美地方や九州の沿岸では20日は非常に強い風が吹いて海は大しけが続き、西日本と東日本、それに東北の太平洋沿岸も21日にかけて大しけになる見込みです。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫、暴風、高波などに厳重な警戒を呼びかけるとともに落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント