CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«チーム唐桑 | Main | 唐桑地区鮪立»
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

ivusa-cmtblogさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
IVUSA
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/19) よち
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/17) IVUSA
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/16) 食パンマン
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/15) ka@z
産田川の様子 (09/11) k@z
水害から1週間 (09/11) うっちー
復興商店街@南町 (09/10) 南雲京子
7日活動報告8日活動予定 (08/08) つなぶちようじ
24日報告 (04/26)
http://blog.canpan.info/ivusa-cmtblog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ivusa-cmtblog/index2_0.xml
立命館大学での活動報告 [2011年05月19日(Thu)]
 4月27日、立命館大学で震災支援活動報告会「テレビではわからない 被災地の現在(いま)と未来(これから)」が立命館大学ボランティアセンター主催で開催されました。
 IVUSAは現地に行った学生として、テレビではわからない現地の生の情報を届けて欲しいという要請をボランティアセンターの方から受け、4次隊に参加した学生2名が活動報告を行いました。

 UST配信を通して約200名以上の方にご観覧いただき、「テレビではもう人出が余っているや救援物資があふれているといったことしかわからず、もう支援はしない方がいいのかと思った。しかし、今は救援物資が食料品から日常品に代わるなどニーズの変化などがあり、また2ヶ月たっての新たな問題がでてきたのもわかってよかった」という声や、「普通の学生である自分にできることはなく、家族を失われている方と話すことはできないと考えていたが、動くことが大切であるということを感じた」といった声を聴くことができました。

立命館大学衣笠キャンパスでのUSTはこちら
立命館大学BKCキャンパスでのUSTはこちら

 関西では基本的に後方支援を行っている団体が主で、ポータルサイトの運営をしてボランティア情報や支援物資情報を集めたり、募金やチャリティ活動をしたりしている団体があります。中には、たこ焼きを焼きに東北を訪れた団体もあり、関西らしさを活かしたおもしろい活動も!

  関西から被災地に行った学生は少なく、現地の様子を伝えることができるのもわたしたちの重要な役割だと考えていますので、今後大学内外問わず、現地の状況や、災害への支援を訴えていければなと思っています。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント