CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
IUDC通信
ユニバーサルデザイン(UD)とは“障がいの有無や年齢の多寡にかかわらず、すべてのひとにとって、安全・安心にデザインするということ”。UDの考え方をもとに、よりよい「まちづくりに取り組みます。
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
地域ユニバーサルデザイン活動団体一覧[2012年03月05日(Mon)]
地域UD活動団体一覧
 
 岩手県内でユニバーサルデザインの普及活動
に取組んでいる団体を対象に活動の調査を行い、
一覧資料を作成しました。

 今後の各団体での活動の参考にしていただけ
れば幸いです。小中学校での福祉教育(キャップ
ハンディ体験指導)やバリア点検活動を行う際に
ご活用ください。

 情報提供をいただきました各団体の皆さまへ
感謝申し上げます。御協力ありがとうございます。
今後もよろしくお願い申し上げます。

dantaiichiran241112.pdf
笑顔あふれる交流会[2012年02月08日(Wed)]
【平成23年度「ご近所支え合い活動助成金」事業】

   笑顔あふれる交流会
  〜みんなの笑顔をつなぐ〜

 

 この事業を通じ、高齢者が生きがいを持って生活すること、
困っている人を見かけたときには助け合うという気持ち、
お互いがお互いを思いやる気持ちを醸成するなど、参加者
それぞれの普段の生活に少しでも役立ててもらうことを
目的としました。

 具体的には、小学校の冬休み期間中に、各地区の老人
クラブが地域の放課後児童クラブへ出向き、輪投げ大会や
ビンゴゲーム等の遊びを通じた世代間交流を行いました。
 その中で、「ユニバーサルデザイン」や「バリアフリー」に
ついて触れる時間を設け、両者を「思いやりの心」で繋ぐ
内容としました。

 簡単に言うと、「参加する人々が全員、交流会を楽しみ
笑顔になってくれれば…」という思いで、実施に至りました。

 対象は、雫石町内の老人クラブ8ヶ所、および放課後児童
クラブ8ヶ所を繋ぎ、合計8回開催しました。

【 第 1 回 】 雫石学区 
 黒沢川長栄会 雫石放課後児童クラブ

【 第 2 回 】 七ッ森学区 
 東町老人クラブ松葉会 七ッ森放課後児童クラブ 

【 第 3 回 】 安庭学区 
 御所地区老人クラブ天寿会 安庭放課後児童クラブ

【 第 4 回 】 下長山学区 
 東小松老人クラブ小松会 下長山放課後児童クラブ

【 第 5 回 】 西根学区 
 駒木野老人クラブ寿会 西根放課後児童クラブ

【 第 6 回 】 御明神学区 
 和野老人クラブ永寿会 御明神放課後児童クラブ

【 第 7 回 】 南畑学区 
 舛沢老人クラブ高砂会 南畑放課後児童クラブ

【 第 8 回 】 上長山学区 
 七区朗人クラブ明寿会 上長山放課後児童クラブ


 今後も核家族世帯が増加することが予想される中にあり、
高齢者、児童それぞれが世代を越えたコミュニケーションを
図ることができる場づくりの必要性は高まっていくと考えら
れます。
 また、交流会を通じて知り合った地域の児童を、自分たち
が見守っていこうといった意識が高齢者に芽生えることで、
地域の防犯活動にも繋がっていくと考えられます。

主催 : 探検ぼくの町事業実行委員
   (「NPO法人いわてユニバーサルデザインセンター」内)

共催 : 雫石町、雫石商工会、雫石町社会福祉協議会
Posted by iudc事務局 at 17:16 | この記事のURL | コメント(0)
ひとにやさしいまちづくりセミナー開催のご案内[2011年12月08日(Thu)]
平成23年度地域ユニバーサルデザイン推進組織形成支援事業

ひとにやさしいまちづくりセミナー
「ひとを招ぶUDのまちづくり」


 このたび当会では、県内4会場(盛岡・二戸・花巻・一関)において、ひとにやさしいまちづくりセミナー「ひとを招ぶUDのまちづくり」を開催いたします。

 「すべてのひとが安全・安心に使用できる」ことを志す“ユニバーサルデザイン”。その考え方は、建物設備などのハード面だけでなく、接遇技術などのソフト面にも応用されています。

 今回のセミナーでは、“ユニバーサルデザイン”を観光や商業、公共施設など、現場で活用するための方法を県内外の先行事例を通して学びます。

 「また来たくなる!」「誰かを連れてきたくなる!」訪れるひとにとっても、住むひとにとっても、魅力ある“まちづくり”“お店づくり”に役立つセミナーです。


ちらし・参加申込書



 【参加費】無 料
 
 【対象者】商工・観光・交通事業関係者
       公共施設等の関係者
       まちづくりに興味関心のある方など
       多数の参加をお待ちしています
 
 【4会場共通基調講演】

  「誰もが旅行・外出を楽しめる“まちづくり”のために」
   
  講師:岩手県立大学 社会福祉学部 
        教授 狩野 徹 氏
       
 【盛岡会場】
  と き:平成23年12月16日(金) 13:30〜15:45
  ところ:アイーナ6階 団体活動室2
  事例発表:US倶楽部
          代表 佐藤 裕弥 氏

 【二戸会場】
  と き:平成24年1月13日(金) 13:30〜15:45
  ところ:二戸地区合同庁舎3階 機能訓練室
  事例発表:学校の宿 希望の丘 
         旧五日市小学校運営組合
          事務局長 平櫛 賢治 氏

 【花巻会場】
  と き:平成24年1月20日(金) 13:30〜15:45
  ところ:東和総合福祉センター 機能訓練室
  事例発表:鞄y澤まちづくり株式会社
          専務取締役 猿舘 祐子 氏

 【一関会場】
  と き:平成24年1月24日(火) 13:30〜15:45
  ところ:一関地区合同庁舎 3階 大会議室
  事例発表:(特非)いわて発達障害サポートセンター
         えぇ町つくり隊
          代表理事 小野 仁志 氏

 【お問合せ・参加申込み】
  特定非営利活動法人 いわてユニバーサルデザインセンター 
                             (担当:中浜)
    TEL 019-681-3015   FAX 019-681-3016
    E-mail iudc@samba.ocn.ne.jp
Posted by iudc事務局 at 11:55 | この記事のURL | コメント(0)
キャップハンディ体験学習〜煙山小学校〜[2011年12月07日(Wed)]
キャップハンディ体験学習
〜煙山小学校〜



 12月7日(水)、矢巾町立煙山小学校でキャップハンディ
体験学習をおこないました。
 
 煙山小学校の4年生99名(3クラス)が、同校の図書室、
体育館で白杖体験および車椅子体験、ユニバーサルデザインの
グッズ体験をおこないました。

 車椅子体験では介助を中心とした内容でおこないました。
車椅子の広げ方、たたみ方、乗り降りの仕方をはじめ、
段差の乗り越え方やスラローム走行をおこないました。

 車椅子をたたむときにはブレーキの閉め忘れやフットレストの
起こし忘れもなく、児童たちはスムーズにおこなっていました。

 また、ユニバーサルデザインのグッズ体験では、ペットボトルや
牛乳パック、ラップの箱など、日用品の紹介をおこなったはか、
はさみやクリップなど文房具の紹介もおこないました。

 質問コーナーでは、車椅子で階段を上り下りするときは、
どのようにするのかや、視覚障がい者が食事をするときの
様子についての質問がありました。

 指導する側も充実した学習時間を送ることができました。 
Posted by iudc事務局 at 14:54 | この記事のURL | コメント(0)
咲かせよう「風の花」ワークショップ開催しました[2011年12月05日(Mon)]
咲かせよう「風の花」ワークショップ開催しました

 11月12日(土)、12月3日(土)の2日間にわたり、宮古市立第二中学校グラウンド仮設団地集会所にて、工作ワークショップを開催しました。

 花のかたちをしたかざぐるま「風の花」を仮設団地のみなさんと制作し、完成した「風の花」で仮設団地を楽しく飾りつけようというワークショップです。

tirasi_kazenohana.pdf

 11月12日には「風の花」の生みの親であるペーパークラフトアーティストの広井敏通先生を、静岡県下田市よりお招きし講師をつとめていただきました。ワークショップに併せて、静岡のみなさんから広井先生に託された名産のみかんやお茶、飴など支援物資の贈呈も行われました。


 子どもからお年寄りまで、たくさんの人が午前中から夕方まで熱心に参加してくれました。2回のワークショップで出来た「風の花」は300個以上にもなります。


 完成した「風の花」は各戸の玄関先などに飾られているほか、共同作品として集会所の外壁や入口付近に「アーチ」や「リース」として展示しています。




 色どりの乏しい仮設団地のなかで、住民のみなさんの目を楽しませるものとなれば嬉しいです。

 なお、このワークショップは、東日本大震災復興支援財団「子どもサポート基金」の助成を受けて実施しています。
Posted by iudc事務局 at 15:20 | この記事のURL | コメント(0)
キャップハンディ体験〜鵜飼小学校〜[2011年12月01日(Thu)]
キャップハンディ体験学習
〜鵜飼小学校〜



 11月29日(火)、滝沢村立鵜飼小学校でキャップハンディ
体験学習をおこないました。
 
 鵜飼小学校の6年生140名(4クラス)が、同校の体育館で
車椅子体験および白杖体験をおこないました。

 滝沢村社会福祉協議会および、ボランティアの方々と共同で
授業に関わらせていただきました。

 車椅子体験では、広げ方、たたみ方を学んだ上で、スロープの
上り下りの方法や段差の越え方について学びました。介助体験
だけでなく自走の体験もおこなうことができました。

 白杖体験では、階段の上り下りを2人1組の介助体験を通じて
学んだほか、障害物を避けながら1人で歩く体験もおこないました。

 児童からは、「目隠しで歩くのが怖かった」、「車椅子で段差を
乗り越えるのが難しかった」といった感想が出ました。
 そのほか、「まちで困っている人を見かけたら助けたい」といった
頼もしい感想も出ました。

 今回の体験を通じて、それぞれが感じ取ったことを今後の学習
や生活に役立ててほしいと思います!
Posted by iudc事務局 at 16:17 | この記事のURL | コメント(0)
ひとにやさしい駐車場普及〜軽米町〜[2011年11月21日(Mon)]
ひとにやさしい駐車場普及活動
〜軽米町〜



 11月21日(月)、軽米町の県立軽米病院にて、
ひとにやさしい駐車場普及のためチラシを配布しました。

 今回は、二戸地域でユニバーサルデザイン普及活動に
取組んでいるカシオペア連邦はーとふる発見隊の隊員5名、
二戸保健福祉環境センター2名、UDセンター1名で活動を
おこないました。

 車椅子マークの駐車区画は入口前に3台分あり、実際に
利用証を使用して駐車している車も見かけました。

 風がとても強く、雪も舞っている状況の中での活動では
ありましたが、来院される方々には断ることなくチラシを
受け取っていただきました。

 ご協力ありがとうございました。
Posted by iudc事務局 at 16:52 | この記事のURL | コメント(0)
キャップハンディ体験〜徳田小学校〜[2011年11月16日(Wed)]
キャップハンディ体験学習
〜徳田小学校〜



 10月16日(水)、矢巾町立徳田小学校でキャップハンディ
体験学習をおこないました。
 
 徳田小学校の4年生48名(2クラス)が、同校の体育館、
廊下で白杖体験および車椅子体験、ユニバーサルデザインの
グッズ体験をおこないました。

 矢巾町内に在住し、普段の生活で白杖を利用している方に
講師をお願いし、体験の指導をおこないました。

 キャップハンディ体験は主に介助を中心に学習しました。
障がいを持つ人を案内する疑似体験ということで、苦戦しながら
も最後まで介助していました。

 また、ユニバーサルデザインのグッズ体験では、ペットボトルや
牛乳パック、ラップの箱など、日用品を用いての紹介をおこない
ました。
 
 最後に、白杖についての質問や、体験についての感想が児童
から述べられ、とても有意義な学習時間を過ごすことができたと
思います。
 
Posted by iudc事務局 at 14:13 | この記事のURL | コメント(0)
総合学習D〜雫石町立雫石小学校〜[2011年11月08日(Tue)]
総合学習D
〜雫石町立雫石小学校〜


 11月8日(火)、雫石町立雫石小学校にてユニバーサル
デザイン(以下、「UD」と表記)総合学習をおこないました。

 今回は、先週、商店街と公共施設で探して写真に収めたUD
の写真を地図上に貼り付けて、商店街の地図を班ごとに作成
しました。

 何気なく歩いている商店街にも視点を変えてみると様々な
工夫が隠れていることを知りました。
 それらを収めた写真や詳しいコメント、イラストなどを付け加え
ながら、各班ごとに工夫して地図を2枚作成しました。

 班を越えて写真を交換したり、早く作業が終わった班は、
まだの班を手伝う光景も見られ、さっそく困っている人を
助けるということを実践していることに感銘を受けました。

 20単元という時間内で、盛沢山の内容で多くのことを
学習することができたと思います。
 
 ありがとうございました。
Posted by iudc事務局 at 14:19 | この記事のURL | コメント(0)
総合学習C〜雫石町立雫石小学校〜[2011年11月02日(Wed)]
総合学習C
〜雫石町立雫石小学校〜


 11月2日(水)、雫石町立雫石小学校にてユニバーサル
デザイン(以下、「UD」と表記)総合学習をおこないました。

 今回は、各クラス班ごとに商店街と公共施設に施されている
UDを探して歩き、その工夫を写真に収めました。

 商店街においては、実際に商店の中に入り、シャンプー容器
やサランラップ、電卓など、それぞれの工夫を探しました。
 また、ベンチやスロープ、子育て応援の店など、通学路として
利用している道路、付近の店にもUDの工夫があることを学び
ました。

 公共施設においては、公民館や駅へ向かい、それぞれの
場所にスロープや多機能トイレ、エレベーターなどの設備が
あることを学びました。それらは、特にどのような人の役に
立っているのかを学習したことで、前回分までの復習および、
UDに関する知識がさらに備わったと思います。

 次週(最終回)は、今日撮影した写真をもとに、商店街の
地図を作る予定です。どの班も一生懸命に調べましたので、
完成品が楽しみです!
Posted by iudc事務局 at 14:32 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

いわてユニバーサルデザインセンターさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/iudc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iudc/index2_0.xml
IwateUDcenterをフォローしましょう