CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
早く読みたいな<推薦図書>(12月15日) [2017年12月15日(Fri)]
suisentosyo00.jpg
suisentosyo01.jpg
suisentosyo02.jpg
 読書活動の一環として推薦図書の紹介をしました。各学年に応じて推薦本をリストアップし,ステップ1からステップ6まで準備しました。読書後に友達へのおすすめ具合に応じてシールを貼ります。本のタイトルが書かれたプリントを見ながら。「どれを先に読もうかなあ〜」と品定めに夢中になっていました。哲学者デカルトの名言に,「良き書物を読むことは、 過去の最もすぐれた人々と会話をかわすようなものである」という言葉があります。読書を通して,多くの出会いを増やすことができます。冬休みは,読書三昧といきましょう!

ケア施設との2回目交流行きました(12月13日) [2017年12月13日(Wed)]
yakumori2-00.jpg
yakumori2-01.jpg
yakumori2-02.jpg
yakumori2-03.jpg
 1学期に続き,学校近くのデイケア施設との交流を行いました。今回は,季節のことを考えた発表や,前回よりも多くの交流時間を確保するなどの工夫をしました。まず子供たちが歌のプレゼントからスタート。続いてクリスマスの曲に合わせて肩たたきプレゼント。会場がほんわかと温かい雰囲気に包まれみんな笑顔に。あるおばあちゃんから,「涙が出るほど嬉しかった」という感想を聞くことができました。後半は2種類のゲームで交流。施設のスタッフの方々が工夫した内容で大きな歓声を上げながらあっという間の時間が過ぎました。お互いの距離がグッと縮まった和やかな交流ができました。
心の教育の日 道徳授業公開(12月5日) [2017年12月06日(Wed)]
kokorono00.jpg
kokorono01.jpg
kokorono02.jpg
 2学期最後の授業参観は,道徳授業を全学年で公開しました。1・2年生は「自分や友達のキラリを見つける」3・4年生は「お母さんの思いを考える」5・6年生は「努力する心について」をテーマにして。友達との意見交換も交えながら,改めて日頃の自分の行動を振り返りました。自分の思いや考えと違う意見を聞きながら,心の動きについて深く考える時間になりました。後方から参観していただいた保護者の方々も大きく頷く場面もあり,今日の授業が,親子の会話になるといいですね。
 
人権教室開催(12月5日) [2017年12月06日(Wed)]
jinkenkyo00.jpg
jinkenkyo01.jpg
 人権週間の取組として,町の人権擁護員の方々を招いた「人権教室」を実施しました。紙芝居や教材の動画を題材にして,まわりの人と自分自身の関係について考え,人権意識を高める授業です。授業後半に,人権擁護員の方から,体験談をもとにした講話をしていただきました。子供たちにとって友達関係で泣いたり笑ったりする経験は毎日のこと。これから日々の行動に生かせるようこの授業を思い起こして欲しいと思います。
全校読書で辞書に挑戦(12月1日) [2017年12月06日(Wed)]
zenkodokusyo00.jpg
zenkodokusyo01.jpg
zenkodokusyo02.jpg
 子供たちの読書の幅を広げる試みの一つとして全国読書を実施しました。今回は百科事典を題材に,子供たちが疑問に思っているキーワードを絞り,学年別に百科事典を使ってことばを調べました。なかなか図書館でも開く機会の少ない事典を開いて,言葉の解説を興味深く読み解いていました。活字離れが進んでいる状況において,百科事典の良さや楽しさを感じ津事のできた時間になりました。
「人権の花運動」閉会式(11月29日) [2017年11月30日(Thu)]
jinkenheikai00.jpg
jinkenheikai01.jpg
jinkenheikai02.jpg
 ひまわりの花を育てながら人権について考え,実践し,広める活動に取り組んできました。今日はその閉会式。県や町の関係者や担当者。地域で学校を支えていただいている方々が一堂に集まり,感謝状の贈呈と本校児童による報告を行いました。今年は天候不順でひまわりの配布ができなかったのですが,最後に種を収穫し,地域の公民館や郵便局,商店,福祉施設などにメッセージカードと種を届けました。会の最後には,心を込めて全校児童の合唱を披露し,無事に活動を終えることができました。一人一人の心の人権の花は一生咲き続けてほしいものです。
第二回学校関係者評価委員会(11月28日) [2017年11月30日(Thu)]
gkankei00.jpg
gkankei01.jpg
 「地域とともにある学校」の取組の一つとして年二回開催しています。今回は5名の方が参加していただき,学校経営状況の説明や子供たちの授業参観を通して,一湊小の教育活動にたくさんの御意見や助言をいただきました。落ち着いた学校の様子や職員の日々の努力を評価していただいたところは今後も引き続き内容の充実を図りたいと思います。家庭教育の充実や少子化における環境整備の取組にも多くの提案をしていただき,今後,十分に検討して実践につなげたいと思います。委員の皆様,ありがとうございました。
木いちご会キャンドルづくり(11月22日) [2017年11月30日(Thu)]
kiichigo01.jpg
kiichigo02.jpg
kiichigo00.jpg
 世界でひとつのキャンドルづくりに親子で挑戦しました。主宰はPTA文化研修部。保護者の研修の一環ですが,宮之浦の会沢さんを講師として親子の活動として企画しました。きれいな色のロウのブロックを組み合わせて溶かし,自分だけのキャンドルを作ります。溶けたときの色の混ざり具合で,とても不思議な色も作れました。最後は火をともしてできあがったキャンドルが光を放つ様子を楽しむことができました。心が温かくなる木いちご会でした。
永田小学校との交流会(11月22日) [2017年11月30日(Thu)]
nagatokouryu00.jpg
nagatokouryu01.jpg
nagatokouryu02.jpg
nagatokouryu03.jpg
nagatokouryu04.jpg
 本校の1・2年生と永田小の1・2年生が国語や算数,図工の授業や給食などを一緒に行い交流しました。隣の地区の学校同士ではなりますが,山を隔てて10kmほどの距離があるため,なかなか交流することがありません。自己紹介カードで事前にお互いを知ることができていたので,当日は心配なく学習することができました。松ぼっくりのクリスマスツリーづくりをするころには,笑顔で教え合う姿もみられ,実時間時間でしたが,友達を増やすことのできた交流になりました。
心を届けた「なかよし音楽会」(11月15日) [2017年11月15日(Wed)]
nakayoshi00.jpg
nakayoshi01.jpg
nakayoshi02.jpg
 今年もプログラム1番。オープニングを飾る一湊小。町内小中学校の多くの児童・生徒が聴き入る中,心を込めて歌いました。曲目は「友達になった日」「風になれ」の2曲です。全校児童29名が気持ちを一つにして二部合唱で発表しました。少し緊張しながらも,声が良く通り,練習してきたことを全てぶつけることができました。きっと会場に思いが届いたことと思います。帰りのバスの中の笑顔が今日の達成感を表していました。
| 次へ