CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年10月 | Main | 2018年12月»
プロフィール

いしのまきNPOセンターさんの画像
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
石巻市民合唱団練習会 [2018年11月30日(Fri)]
11月30日(金)、石巻市民合唱団(新田昭夫代表)の定例練習会が行われました。
石巻市唯一の混声合唱団です。美しい女性の声と深い男性の声が中央公民館に響き渡ります。1958年2月に設立されてから60年以上経ちました。多いときには70名を超えましたが、震災の影響で石巻の夜に灯りが消えたことで練習時間の変更が余儀なくされました。練習が昼間に変更されたことで働き盛りの若者や男性が参加できなくなり、今では20名程となりました。

全体象4.jpg

練習.jpg

小さいころから歌が好きで、子育てに追われて一度は離れてもやっぱり歌いたくて合唱団へ入った方ばかりです。時間前は賑やかな談笑に包まれていた空間も時間になるとキリッと空気が変わったような気がしました。

新田先生.jpg

パート毎の練習を繰り返すたびに新田先生は歌詞の解釈をとても丁寧な説明で伝えていました。よく見ると、皆左手に楽譜を、右手に消しゴム付の鉛筆を持っていました。忘れないようにその都度メモし、各々がオリジナルの楽譜へと変えていくそうです。

練習発声.jpg

小学生が素直な感性で歌詞を書いた「いのちというものは」から始まり、星野富弘さん作詞の8曲が続き、最後は全員で緩やかな円を描くように立って終わりの歌を歌いました。「さよなら」は私も知っていたので、思わず一緒に歌っていました。気持ち良かったです(*^_^*)

終わりの歌.jpg
終わりの歌 (4).jpg
終わりの歌 (2).jpg

 今後の予定は、3月の震災追悼式、9月県北合唱祭、10月市民合唱祭の参加です。
年々、意欲的に主体的に夢中になって取り組むことや仲間と一緒に目標に向かって努力する機会は減っていくけれど、ここではそれができます。
 石巻中央公民館第一教養室で毎週金曜日、午後2時から約2時間練習を行っています。現在男性が3名ということで、もっと増えてほしいという声がたくさん聞かれました。
設立当初から参加している女性の方が、「女性が何人束になっても男性一人の歌声には叶わない」と笑顔で話してくれました。
 皆さんとても気さくで明るい方ばかりです。合唱は美しいだけではなくとてもエネルギーを消費します。お腹が空いていてはできないことや、合唱の日はぐっすり眠れるなど元気の秘訣を教えていただきました。

談笑2.jpg

 そこに行けば仲間がいる・・・そんな空間に足を運んでみてはいかがですか。
Posted by スタッフ at 17:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
介護と仕事両立支援セミナー [2018年11月22日(Thu)]
11月22日(木)石巻商工会議所にて、一般社団法人りぷらす(橋本大吾代表理事)主催のもと、「人事や上司が知るべき 仕事と介護の両立に必要なこと〜社員の介護離職を防ぎ、人材を確保する〜「介護と仕事両立支援セミナー」」が開催されました。

NPO法人となりのかいご 川内潤代表理事を講師にお招きした基調講演では、「介護をするために仕事を辞めてしまうと、経済的な安定を失うことで、介護ストレスが蓄積しやすくなり、最終的に虐待などにつながるケースが多い。家族だけで抱え込まずに、まずは「人に話す」ことが大切。」「介護はプロにお任せし、家族は愛情を注ぐことが大事。早い段階で地域包括支援センターなどに相談してほしい。」などのお話をいただきました。
介護と仕事両立支援セミナー.jpg
つづいて、「企業が実践できる効果的な両立支援策」というテーマで、トークセッションを開催。
実際に介護休業制度を取り入れられている株式会社 国本の引地豊代表取締役を交え、取り入れるまでの経緯や、社員への具体的な対応例などを聞きながら、今後に向けてお話が繰り広げられました。
介護と仕事両立支援セミナー2.jpg
Posted by スタッフ at 15:28 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ママパラ [2018年11月20日(Tue)]
11月20日(火)こもれびの降る丘遊楽館にて、ママイベントプロデュースママンフルーリ(後藤和江代表)主催のもと「ママパラ」が開催されました。
今回で8回目となる本イベントは、「子育て中のママたちが笑顔になれること」を目的として、毎回平日に開催されています。
会場にはマッサージなどの癒しコーナーや、手作りお菓子販売やアイシングクッキー教室などのカフェ&フードコーナー、雑貨販売やクリスマス飾り作りなどのワークショップコーナーなどが設けられ、朝からたくさんの親子でにぎわいました。
46476155_1921134748006316_2508053531253014528_n.jpg

46762088_1921135124672945_5467530128433086464_n.jpg

46680225_1921135004672957_3524292009516859392_n.jpg
今回は31の出店があり、出店されている皆さんもみんなママだそうです。
ママンフルーリの後藤代表は、「私が主体で作っていくというより、出店者同士話し合いながらみんなで作り上げていくイベントです。また、出店者のうち数人は運営側でも一緒に動いてくれています。運営側と出店側、両方の視点で見ることができるので、よりよいイベントにつながっていくと思う。」とお話ししてくださいました。
46480634_1921134998006291_4264984915285639168_n.jpg
Posted by スタッフ at 15:09 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ペンギンズアート展 [2018年11月05日(Mon)]
11月1日(木)〜4日(日)まで、ナリサワギャラリーにて「ペンギンズART展「障がいある人たちの芸術表現から創る『仕事』のカタチプロジェクト」〜魔女とペンギンズと小さな世界〜」が開催されました。
45754088_1904650832988041_5225695178718707712_n.jpg
主催は、障がいがある方たちの芸術表現の支援を行っているNPO石巻広域クリエイティブアートの会ペンギンズアート工房(宮川和子代表)で、今年で7回目の展示となります。
今回は、100点以上の絵や布作品、タペストリーなどが展示され、クラフトバンドの籠づくりや蜜蠟キャンドルづくりなどのワークショップの他、ゲストを招いてのトークセッション、ペンギンズの会員が描いた魔女の絵をモチーフとした「魔女あめ」の販売もありました。
45167976_1904650916321366_6317334762801332224_n.jpg
45817975_1904650982988026_8082351727711354880_n.jpg
今回の展示タイトルの中の「魔女」は、「ペンギンズは今までいろいろな人からの魔法の積み重ねでここまできた」という思いが、「小さな世界」は「お互いにいいところを認め合う社会、つながりの中で生まれる思いやりのある空間」という思いが込められているそうです。
ペンギンズアート工房では、今後アート作品をパッケージや商品化につなげていきたいと考えられているそうです。
45783506_1904651186321339_8311189999013855232_n.jpg
☆現在、ペンギンズカレンダー(月めくり・1,000円)を販売しています!ぜひお問い合わせください。

NPO石巻広域クリエイティブアートの会 ペンギンズアート工房
電話:090-5185-3936
メール:norimitch618@gmail.com
Posted by スタッフ at 13:49 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)