CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«性的マイノリティの基礎知識」〜復興における性的マイノリティに係る課題について〜 | Main | 講座「追波川物語」»
プロフィール

いしのまきNPOセンターさんの画像
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
「子どもたちと一緒につくるまち〜地域通貨「まーぶ」の実践〜」 [2017年12月21日(Thu)]
12月16日(土)、特定非営利活動法人TEDICさん主催の「子どもの貧困最前線」連続フォーラム第4回目が開催されました。
今回は「子どもたちと一緒につくるまち〜地域通貨「まーぶ」の実践〜」という事で大阪のNPO法人暮らしづくりネットワーク北芝の松村幸裕子さんを講師にお話を伺いました。

25551415_1188425114635658_516075684_o.jpg

暮らしづくりネットワーク北芝は大阪府箕面市萱野地域にて「誰もが安心して暮らせるまち」を作るために子どもの居場所拠点活動やみんなで朝ご飯を食べる芝樂市など地域の中で様々なきっかけづくりを行い、人や組織をつなぐ活動をされています。
(HP:http://www.kitashiba.org/

今回はその様々な活動の中でも地域に仕組みとして根付き始めている「地域通貨まーぶ」に着目して、仕組みや地域の様子について伺いました。

25551636_1188425104635659_1574512360_o.jpg

「まーぶ」はこどもたちが環境に左右されず主体的に生きていけるように、子ども自身の選択で遊び・学び、豊かに暮らせるように作られたそうです。
この地域通貨はイベントなどで稼ぐことができるそうですが、現在では地域のコンビニや大きなショッピングモールで無期限で使用できる(スターバックスなどでも利用可能!)できるとのことで、地域にとって大きな役割を持っている様子が伺えました。(まーぶとは:https://www.ma-bu.org/

講座の中では、実際に「まーぶを使ってみよう!」ということで参加者が「自分にできること(教えられる知識など)」と「やってほしいこと(教えてほしい知識など)」を紙に書いて、お互いの知識やスキルを交換してまーぶで支払うWSをしました。
知りたい情報が得られるだけでなく、様々な人との会話やつながるきっかけにもなり、これが日常的に行われるようになれば、困ったことがあっても頼れる人が増えて安心して暮らせそうだと感じました。

25510799_1188425107968992_1235659747_o.jpg

実際に北芝では住民が住民を「ほっとかない」そうで、救急車がどこかの家に停まったら誰かが走って駆け付け状況を把握するというお話もありました。

石巻でも、子どもから大人まで安心して暮らせるように、石巻に合う仕組みをこれからも地域の皆さんや団体、行政の方々とともに模索していきたいと改めて感じました。

次回でこの連続フォーラムは最後とのことですので、みなさまもぜひ足を運んでみて下さい。
Posted by スタッフ at 11:35 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1326497

コメントする
コメント