CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

官邸斜向かい〜霞門の眼 by 石川和男

政治・経済・社会の動向から明日明後日を読むということで。


プロフィール

さんの画像
石川和男(TKFD研究員)
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
「「凍結」都道府県基金、67%すでに予算化」について [2009年09月12日(Sat)]

 今日の読売新聞ネット記事によると、09年度補正予算未執行分を凍結する民主党方針に対し、都道府県向けの基金では46道府県が全体の67%に当たる1兆4279億円を12日までに予算化していることが読売新聞の調べでわかったとのこと。

<記事要旨>
・3233億円分は事業決定済み、一部は議会議決を経ている。現段階で凍結は難しい。
・民主党は、効果の薄い基金を子ども手当などの財源に回す方針を示しているが、党内では地方向け今年度分は執行容認論が高まっている。
・今年度補正予算に盛り込まれた46基金(総額4兆3600億円)のうち、都道府県対象は14基金(2兆1100億円)。福祉・雇用や産業支援を3年間実施。
・「緊急雇用創出事業臨時特例基金」(厚労省)は、44道府県が事業化。兵庫県では4億4800万円かけて警備会社の警備員を拡充、振り込め詐欺の被害防止に取り組む。
・「森林整備加速化・林業再生基金」(農水省)は42道府県が事業化。埼玉県は9月補正予算案に17億円を計上、3年間の事業計画。
・9月に入り、所管省側が一部基金の交付留保を自治体に伝えた。
・補助金適正化法は、交付決定後も「特別の必要が生じた場合」に国が取り消せると規定。政権交代が理由になった例はなく、財務省は「現段階では統一した解釈を示せない」。
・全国知事会長は、「全く前政権のままにはいかないのかもしれないが、景気と雇用対策を進めている現実を考慮すべきだ」。
・東北地方の県財政担当者は「こんなことが許されるなら、政権が代わる度に補助金をあてにした政策ができなくなる。総選挙の年は予算が組めない」。

  ↓

 今回のような政権交代が前例なきことであるから、来るべき新政権下での政策転換も前例なきことの連続になっても何ら驚くことはない。覚悟の問題である。

 補助金適正化法の解釈は、それほど問題にはならない。現財務官僚ではなく、新財務相の意志に任せるのが適正だ。「特別の必要」を政治家たる財務相が解釈を示せば良い。それも、前例なき政治主導となろう。

 都道府県や民間企業に対する既執行分については、返還請求することは常識的にはできないと思われる。どう考えても、ただの契約違反である。これが想定外の出来事だとしたら、民主党マニフェスト執筆者の感覚はかなり疑われてしまう。

 尚、独立行政法人や公庫といた官製法人であれば、例えば年内の返還を前提に当該法人以降の執行を行政指導により停止させ、臨時国会において“今年度補正予算について、官製法人への補助金を返還させるための暫定措置”を立法すれば良い。

 政権交代の都度こうした事態になることは、国も自治体も初体験となる。今後はそれを覚悟の上で臨機応変な行政運営をしていくことが求められる。地方行財政のために政権交代の効果が殺がれてはならないだろう。

 民主党は、地方分権の二律背反性を身に沁みて感じることになる。いずれにせよ、これで一部だけは予定通りに進まなくなる。民主党は、現行マニフェストに固執しない柔軟性を表明していく機会を得ることになる。不可抗力だから仕方ない、と。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/128081
コメント
「政権が代わる度に補助金をあてにした政策ができなくなる。」
まさに、これが地方分権ではないでしょうか。
国は選挙の度に、地方の事業の状況の如何にかかわらず、財政支出の内容をスウィングさせますし、交代前の政権の政策実施をことさらに否定するでしょう。これは、選挙=投票という形で示された民意であり、政策否定、支出変更を認めないなどというのは、個々の市民=選挙権の主体ではない地方自治体に許されるはずもありません。
だからこそ、地方自治体の運営事務局は、国からの補助金に依存してはならないのです。
これが、選挙による政権交代下における地方自治の根本的な姿です。
地方自治体事務局による摩擦を突破しなければなりません。
Posted by:コンスタンチン  at 2009年09月13日(Sun) 08:34