CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2009年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
次回「分かち合いの場」のご案内 [2009年09月27日(Sun)]

ファミリーズでは、毎月第4土曜日に事件・事故・自死・突然死などで大切な人を亡くした方のための分かち合いの集いを岡山市内で開催しています。

2007年8月から開催し、次回の集いは、9月25日(土)午後1時30分からです。

参加を希望される方は、土曜日(10〜16時受付)の相談電話 086・245・7831 へお電話ください。 






【分かち合いの場の最新記事】
Posted by ファミリーズ at 22:44
「自死遺族わかち合いの会」の開催お知らせ [2009年09月26日(Sat)]

10月のリメンバー福岡・井上久美子さんの講演を受けて、21年1月から隔月に「自死遺族わかち合いの会」を備前保健所で開催していますので、ご案内いたします。

備前保健所からの案内は次のとおりです。


 「自死遺族わかち合いの会」の開催
大切な人を自死(自殺)で亡くされた方々が、語り合うことを通して悲しみや苦しみをわかち合い、共に支え合うことを目的とした会です。
遺族の方が心の安らぎを取り戻していただける場になればと願っています。

対象者:大切な方を自死(自殺)で亡くされた方

日 時:平成22年5月26日(水)13:30〜15:30
           

場 所:備前保健所 3階 会議室
    (岡山市古京町1−1−17 電話086−272−3934)

問合せは、備前保健所・片山さんまで(上記電話)




Posted by ファミリーズ at 18:45
「千の風になったあなたへ贈る手紙」の募集記事から [2009年09月05日(Sat)]

9月4日の朝日新聞に「千の風になったあなたへ贈る手紙」の募集記事が掲載されていました。

締め切りは11月30日です。

お一人お一人ちがいますが、書くことによって、少し気持ちが整理できる時期もあるかもしれません。

関心のある方は、無理のない範囲で、下記ネット記事をご覧ください。


朝日新聞(2009.9.4)から



Posted by ファミリーズ at 21:32
グリーフカウンセラー養成講座・基礎コースのご案内 [2009年07月29日(Wed)]

香川県で活動されている、グリーフワーク・かがわから、講座の案内がありました。

2009年度グリーフカウンセラー養成講座・基礎コース(全6回)です。

精神科医、臨床心理士の方たちが中心となって運営される講座です。

関心のある方は是非ご参加ください。

詳しくは下記ホームページ案内をご覧ください。


グリーフワーク・かがわホームページから






Posted by ファミリーズ at 22:02
岡山市の自死遺族専門相談窓口 [2009年05月17日(Sun)]

4月に岡山市が政令指定都市となり、精神保健福祉センター(こころの健康センター)が設置されました。

岡山市の広報誌によると、専門相談として、毎月第一・第三月曜日に自死遺族相談を行っています。

完全予約制なので、

086−803−1273 岡山市こころの健康センター

に電話予約し、毎月第一・第三月曜日午後1〜4時で、センターで相談にのってもらえます。

センターの場所は、岡山市北区鹿田町1−1−1 保健福祉会館4階 です。

地域で孤立している遺族の方たちに、少しでも情報が届き、安心して思いを語ることのできる場ができていくことを願います。


岡山市こころの健康センター(岡山市精神保健福祉センター)




Posted by ファミリーズ at 13:01
自死遺族支援シンポジウムのお知らせ [2008年09月23日(Tue)]

自死遺族支援シンポジウムのお知らせです。

NPOサポート・ファミリーズと岡山保健所の協働事業「いのちと心を支えるまちづくり」が今年度行われています。一人ひとりが、個人の問題、他人事と考えるのではなく、社会全体の問題として何ができるかを考えていくことが大切だという思いをこめています。

■ 自死遺族支援シンポジウム
  いのちを支える現場から
    遺族の声に耳をかたむけて

 自殺は本人だけでなく、遺された 家族や周囲の方に大きな悲しみや深刻な心理的社会的影響を与えます。地域で様々な苦しみを抱える方たちに対して、近くにいる私たちに何ができるのか、この講演会を通して、ともに考えたいと思います。

 ● 日時:2008年10月19日(日) 13:30〜16:00
 ● 場所:岡山県立図書館  2階 多目的ホール   
 ● 内容
    @ 講演〜遺族の心に寄り添って  自死遺族支援の現場から
      ○ 講師 リメンバー福岡自死遺族の集い代表 井上久美子さん

    A ミニシンポジウム〜いのちを支える現場から
                    地域での自殺総合対策に向けて
      ○ 対談 リメンバー福岡自死遺族の集い代表 井上久美子さん
           サポート・ファミリーズ代表(弁護士)   川崎政宏さん 
 ● 参加無料 事前申込み必要

申込先 岡山県岡山保健所保健課 心の保健福祉班 
         TEL: (086)272−3943          
          FAX: (086)271−0317
  または メール(ファミリーズ)
                m-kawasaki@poem.ocn.ne.jp


Posted by ファミリーズ at 06:27
■自殺で家族を亡くして〜私たち遺族の物語■ [2008年09月06日(Sat)]

三省堂から自死遺族の方たちの手記を中心にした本が出ました。

このホームページも、巻末資料「全国各地で自殺対策・自死遺族支援を行っている団体」に掲載してもらっています。

ご遺族にとってまだまだ情報が不足していす。
どこにつながってよいかすらわからず困っているご遺族が大変多いとお聞きし、協力させていただきました。

多くの方に読んでいただけたらと願っています。

■自殺で家族を亡くして 私たち遺族の物語■

全国自死遺族総合支援センター編 (三省堂)


三省堂・出版案内から







Posted by ファミリーズ at 11:51
愛する人をなくすということ [2008年08月02日(Sat)]

聖トマス大学の公開講座、第3回「悲嘆を学ぶ」の申込みが9月1日から始まるようです。

先着300名のようです。

たぶんグリーフケアのしっかりした講座を企画するのであれば、こうした内容になるのだろうと思います。


聖トマス大学・公開講座(ホームページから)



Posted by ファミリーズ at 22:42
グリーフワーク・かがわ [2008年05月29日(Thu)]

香川県で死別体験のある方のための分かち合いの場をもっているグリーフワーク・かがわ。

ニュースレター第50号がホームページにアップされていました。




グリーフワーク・かがわ ニュースレター第50号






Posted by ファミリーズ at 22:23
死別の悲しみとケア [2008年05月25日(Sun)]


朝日新聞朝刊に3回にわたり掲載された「紙上特別講義・坂口准教授〜死別の悲しみとケア」がホームページ上にアップされていました。

グリーフワークについて広く知っていただくうえで、参考になると思いますので、ご紹介します。


朝日新聞紙上特別講義・坂口幸弘准教授(関西学院大学)






Posted by ファミリーズ at 10:42
| 次へ
プロフィール

さんの画像
ファミリーズ
プロフィール
ブログ
リンク集