CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年05月 | Main | 2019年07月»
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
橋 實
キジのオス現る (05/30) 青柳 徹
キジのオス現る (05/30) 田神
終(つい)のカメラ? (03/23) 田神
時間を持て余すときは。 (01/10) 田神
大気光学現象シリーズ3回目。 (12/20) 田神
雪はひとまず・・・。 (12/20) 桑原
トンボの季節 (07/09) 田神
絶滅危惧が今でも?。 (06/13)
エゴノキ満開 (06/01)
オオモミジの実 (06/01)
最新トラックバック
よりによって。 [2019年06月29日(Sat)]
今日から明後日にかけて、大雨に注意、という。近くを流れる「小国沢川」は、水量こそさほどではないが、泥流と化している。
よりによって明日から一泊二日の日程で地域老人会の慰安旅行。よほどの雨男(女)がメンバーにいるに違いない。はてさてどうなることやら・・・。

190629.jpg
よくある風景。 [2019年06月28日(Fri)]
終日雨降り。霧雨程度の小雨になったとき庭を見れば、あじさいにカタツムリが止まっていました。
梅雨を象徴する、よくある風景です。

190628.jpg
近くの小川に。 [2019年06月27日(Thu)]
我が家から北へおよそ100m、用水路に今年もホタルがたくさん発生しています。まだ最盛期とまでは行かないのですが、おびただしい数のホタルです。

190627.jpg
ハナバチの仲間? [2019年06月26日(Wed)]
ハナバチの仲間(正式名称は分からない)が花菖蒲に吸密に来ています。
外皮片と雌しべの間を押しのけてもぐり込み、蜜を吸っています。
ニホンミツバチはどうしているのでしょう。アヤメの仲間に訪れるのを見かけたことがありません。たぶん体が小さいため、押しのけて潜り込む込むことはできないのでしょう。

190626.jpg
懐かしいマーク [2019年06月25日(Tue)]
クラシックカーが並ぶ中に、懐かしいマークが目にとまりました。

190625.jpg
はんがんどりあし [2019年06月24日(Mon)]
はんがんどりあし(判官鳥足)、漢字で書くとこうなるのでしょう。コシジシモツケソウを我が方では「はんがんどりあし」といっています。
ちょうど今が見頃、きれいですね。
庭に植えたいところですが、野にある花を楽しんでいます。

190624.jpg
県展を見てきました。 [2019年06月23日(Sun)]
県展を見てきました。今年の写真部門県展賞は高校生。額装は質素ですが、トリミングの仕方、背景の人物の扱い、全体を茶色でまとめた作品は、大人?では考えられない絵作りと受け止めてきました。

190623.jpg
大雨の中、 [2019年06月22日(Sat)]
雷が鳴る大雨の中、新潟日報記者のSさん、小千谷のYさんと連れだって十日町市重池大池の観察会でした。

190622.jpg
ドクダミ満開 [2019年06月21日(Fri)]
地域共有の簡易水道。今年はその当番。定期点検の帰り、ドクダミの群落が満開でした。
かつては小学校の夏休みの宿題に競ってこれを採取したものでした。陰干しにして学校に持って行き、製薬会社に販売。図書の購入など貴重な財源でしたが、現在は見向きもされず、雑草として蔓延っています。

190621.jpg

摘果作業 [2019年06月20日(Thu)]
平種無(渋柿)の摘果作業を始めました。今年は実の付きが良くて、これもミツバチのおかげと思っています。
一枝に3〜4個着果。これを一枝に1個残して後は摘み取ります。午前中の作業でしたが、終わりませんでした。残りは後日。

190620.jpg
| 次へ