CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
きれる原因(脳科学と医学的考察) [2016年08月17日(Wed)]
 現代人は、すぐ切れると言われている。会社の中にも、以前からみるとすぐに感情を爆発させる人や逆ギレするような社員が増えているのは確かだ。地域にもそういう人が多いし、お店なんかで大声でキレまくっている人をよく見かける。どうしてこんなことでキレるのか、まったく理解できないような些細な事でキレる人が多いし、いきなり不機嫌になって無視したり黙ってしまったりする人間も見かける。名だたる政治家や企業人もキレる。本人も、自分がキレたと認識していないから、反省もしないし改善しようともしないから始末が悪い。どうして、こんなにも簡単にキレるのか、脳科学的に原因を探ってみたい。

 まず、すぐにキレる人の脳の構造面であるが、前頭前野が未発達だと言われている。前頭前野というのは、人間の本能的な脳(欲望・感情・生存本能等を司る大脳辺縁系)をコントロールする脳の大切な部分である。いわば、倫理感、博愛、慈悲、正義感という成熟した人間が持っている価値観を持つ脳でもある。すぐにキレるような人間は、この前頭前野が未成熟だという。だから、自分の思いと違うことを言われたりすると我慢できず、すぐに感情的になり反発する態度をするのであろう。前頭前野の未発達は、親による養育環境にも影響するが、煩悩に流されてしまう自堕落な生活をしていると起きるとも言われている。

 さらに脳内神経伝達物質、いわゆる脳内ホルモン的にみると、セロトニンという脳内ホルモンが少ない人がキレる。セロトニンというのは、幸福ホルモンと呼ばれるもので、うつ病の発症にも関係している。セロトニンが少ないと、人間は満たされない思いが強くていつも不満を持つようになる。当然、不幸感が強くて抑圧感があるものだから、ちょっとした不満でもキレるのである。セロトニン不足は乱れた食生活にあるとする専門家が多い。また、自己中心的で利己的な生き方をしていると、セロトニンが不足して不幸感が強くなるとも言われている。

 もう一つ現代人がキレる要因がある。それは、現代人の食生活や嗜好品などの生活習慣にあるという。朝食を食べないで、駅の売店やコンビニにて、炭水化物や糖分の多いジャンクフードやファストフードで朝食代わりの食事をする人。中には、糖分の多い飲み物で済ます人もいる。空腹の低血糖時に糖分や消化しやすい炭水化物などの高GI食品を摂ると、急激な血糖値上昇が起き、インシュリンが必要以上に分泌される。すると、インシュリンが過剰効果を起こしてしまい、すぐに脳の低血糖状態になる。人間は空腹になるとイライラする。これがキレるひとつの要因だと言われている。糖分の多い菓子や飲料水も血糖値を不安定にする。乱れた現代の食生活が、なおさらキレる原因にもなっている。

 このように、脳科学や医学的な観点でキレる原因を突き詰めていくと、キレる原因を人間は普段の生活において、自らが生み出しているということになる。ということは、食生活を見直して生活習慣を正常にして、しかも普段からストイックな生活をすることで、前頭前野を鍛えれば、キレる性格が改善するということになる。「食育」の大切さや煩悩の克服などの家庭教育を取り入れていかないと、この世はキレる人間ばかりになってしまう怖れがある。キレる人間は、自分と関わる相手を怒らせてしまったり、家族どうしの争いを起こしたりしてしまう。企業では、キレる社員ばかりだと生産効率が落ちてしまい、多大な損失を会社に与えることになる。そうならないように、キレる原因を深く理解して、食生活も含めた生活習慣を正しくすることと、正しい生き方をする為の価値観を身に付けないと、日本という国を危うくしかねない。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1207304
コメント
Nasu&Chibiさま、まったくおっしゃる通りでありまして、食生活や食文化の乱れは、まさに精神・心の乱れに直結しています。最近の若者だけに限らず、中高年の食生活も乱れています。なにしろ、家庭で調理しなくなっていますし、出来合いの総菜で間に合わせる家庭が増えています。それも、動物の肉を主体にした惣菜です。肉食は、良好なたんぱく質が摂取できるからと、戦後から急速に普及した食文化です。米国を初めとした欧米諸国に戦争で負けたのは、肉食をしなかったからだなんてとんでもないウソを信じてしまったこともあります。脂肪分と肉を中心にした高たんぱく質・高脂質の食事は、とんでもない身体的健康被害だけでなく、精神的なダメージを与えました。自律神経系のバランスを崩したのです。肉食は間違いなく交感神経を興奮させますから、攻撃的な性格を生み出します。肉食動物は攻撃性が高いというのは、ライオンやハイエナなどを見ていると分かります。しかも、彼らは瞬発力はすごいですが、持久力がまったくありません。日本人が、以前には得意としていた持久力を必要としているマラソンに勝てなくなったのは、実は食生活の変化によるものです。肉食などの高蛋白質の食事は、肝臓への負担が大きく、持久力を阻害します。江戸時代から明治にかけて日本にやってきた外国人が、日本人の持久力の高さと穏やかな性格に驚きます。毎日100キロ以上走る飛脚の脚力、そして駕籠かきの強靭な持久力にびっくりします。彼らは、非常に粗食であり米・味噌・野菜を食べて、肉などのたんぱく質をほとんど摂りませんでした。それで、実験をしたのです。肉を食べさせれば、もっとスタミナがついて、走るスピードと距離が大幅に伸びるに違いないと。しかし、逆の結果が出ました。瞬発力は出ましたが、持久力は散々でした。すぐに疲れてしまい、走れなくなったのです。この実験結果から、肉食はスタミナを奪うという事実です。日本人が欧米食にしたおかげで、マラソンで勝てなくなったのは当然です。まして、最近の食事は、電子レンジとIH調理器や電気式オーブンで調理します。この調理法だと、電磁波によって人間にとって大切な微生物を殺してしまいます。つまり、大事な腸内細菌が育たないのです。これでは人間の健康は益々悪化します。昔からのマキやガスで調理しないと、健康的な食事は作れません。腸内環境の乱れもまたキレやすい人間を作り出しています。肉食をやめて、菜食にすればキレなくなるし、スタミナもついて元気になります。最近の人たちがキレやすく、いつも元気がないのは肉食や脂肪が多い食事のせいです。便秘になったり下痢になったりするのも、肉食中心だからです。

もう一つキレやすくなった原因は、生きるための哲学・理念がない、もしくはあっても低劣だからです。自己中心的で身勝手な人間なのは、基本的な思想哲学がないので、前頭前野が未成熟なのです。特に仏教哲学や宗教哲学があるのとないのとでは、大きく違います。欧米にはキリスト教の哲学があります。日本にはまだ少し仏教哲学があります。韓国や中国には、仏教がもはや存在しません。中国には、仏教は学問としては残っていますが、共産党が排除してしまいました。東南アジアの人たちはとひとくくりにしてしまうのは乱暴です。確かにそういう国もありますが、スリランカ、タイ、ミャンマー、カンボジア、ベトナムの方々は非常に謙虚な態度で、誠実さがあり、親切です。何故かというと、まだ仏教があるからです。日本人が横柄で身勝手で自己中心的でやさしさがなくなったのは、仏教がすたれているからです。仏教が衰退してくると同時に、日本人の脳の前頭前野が未成熟になってきたのです。情けないですね。キレない人間になるには、菜食と仏教を復活させることですね。
Posted by:Natural  at 2016年08月24日(Wed) 05:20
ちょっとのことでムッとする人、はたまた怒り出す人、多いですねー
どうしたのかな〜?と察する間もなく、単に機嫌が悪くなって怒り出すのですから、どうしようもない。
周りは何も言えなくなってしまいます。会話が成立しない。
理不尽なことをしたのはその本人であっても、きちんと受け止められない、反発、報復することしか考えない、まるでその筋の人のようです。

わが身を振り返ってみてもそうですが、ここのところ食生活が偏っているな〜と思える時は、やはり怒り出しやすくなっていますね。
食べ物をバランスよく充実して食べているかどうか、栄養が偏ってないかどうかが目安になります。

また、マナー違反を平気でしていても気が付かない、迷惑をかけていることに全く気が付かない人も、どこか食が偏っているのだろうと思えます。

先日、バスの車中で、傘の先が人さまの足に触れていたので、「傘の先が人の足元に触れて痛がっていますよ」と注意したら・・・
「何言ってんのだろう?この人、、、」という感じで睨んだ青年がいました。どうも韓国人の旅行者だったようでした。
込み合っているバスの中では、傘などの持ち物は、持ち方に気を付けないといけません。バスの揺れと同時に、人さまの足元を傷つけることがあるのです。

外国人でも、東南アジア系の人はその点横柄な印象があります。
欧米人は、その点きちんとしている気がします。

医学的に原因があるから、きれやすくなっていることも多々あるでしょう、でも通常人は、食生活を主とする生活の乱れが、おおよその原因であるかと思います。

きちんとした食生活は、心地よい社会生活を送るうえで、欠かせない部分かと思います。
Posted by:Nasu&Chibi  at 2016年08月23日(Tue) 23:18
プロフィール

Naturalさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/inakagurasi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inakagurasi/index2_0.xml