CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
秋の植木まつり [2018年11月25日(Sun)]
IMG_8204m.jpg

 今日は、東谷小学校運動場で「東谷市民秋まつり」が開催され、その会場の一角では市 産業振興課などが担当の「秋の植木まつり」も行われ、朝から出かけてきました。草花や植木の鉢物の販売や、川西特産の北摂栗を「ポン栗」にして来場者に試食してもらうPRコーナーも設けられました。
 草花や植木の鉢物が並べられました。
IMG_8197m.jpg

 試食用の「ポン栗」が出来上がりました。出来立てのアツアツが振る舞われ好評でした。
IMG_8214m.jpg

 JAのコーナーでは、東谷地区産の出来の良いハクサイ・ダイコン・ネギなどの野菜類が格安で販売されていました。
IMG_8199m.jpg

 昨日は、JA多田支店でも感謝祭が開催され(会場は多田グリーンセンター)、野菜の販売や抽選会(特賞は米10kgが2本)のほか、来場者には猪汁とふろふき大根が振る舞われました。
IMG_8191m.jpg
Posted by katakago at 18:32
イチョウの黄葉 [2018年11月23日(Fri)]
IMG_1992m.jpg

 裏山では大きくなったイチョウの木(十数年前に苗木を移植)が黄葉しています。イロハモミジも色づき始めました。
IMG_1971m.jpg

 夏季には華やかだった蓮池周辺も今は殺風景になってしまいました。 
IMG_1993m.jpg

 ノジギクが咲いています。
IMG_1995m.jpg

 第二果樹園では白花のスミレが咲いています。
IMG_2021m.jpg

 まだ咲いているキキョウもあります。
IMG_2001m.jpg

 花を咲かせていたタカサゴユリ(ユリの中ではかなり長い期間花が見られます)。
IMG_2012m.jpg

 オミナエシで花が見られた最後の一株
IMG_2014m.jpg

 カワラナデシコは蕾をつけた株も(例年12月になっても花が見られます)。
IMG_2015m.jpg
Posted by katakago at 15:19
平成30年度定期尺八演奏会(都之雨社)のお知らせ [2018年11月22日(Thu)]
IMG_1969m.jpg

 朝日カルチャーセンター芦屋教室の尺八講座に通って早10年半になります。そこで教えていただいている星田一山先生が主宰される「都之雨社」の定期尺八演奏会が、今年も来月18日(火)に兵庫県立芸文センター(神戸女学院小ホール)で開催されます。芦屋教室の受講生も出演することになっています(私は今年で8回目)。
 演奏曲目が決まると教室でも半年以上かけて練習に励みます。今回は、「本曲 春の光」(流祖 中尾都山 作曲)を演奏します(チラシ写真のように30人ぐらいで演奏)。明治44年作曲の三部合奏曲で私は二部を担当します。毎週ある尺八教室では各部に分かれて合奏練習を続けてきました。全体でのリハーサルは来月に2回予定されています。
 この曲は、三部合奏曲として尺八独特のハーモニーを創るべく作曲されたもので、『都山流百年史』では、「うららかな春の光の輝き渡る中に、森羅万象、ことごとくその陽光を浴びて、嬉々として生を楽しむ、といった精神的なものを表現している。作られた年代から見ても、三連音符、6/8拍子等が用いられた、尺八音楽としては一歩も二歩も前進した新しいものであった。」と解説されています。
 


Posted by katakago at 11:14
特別展「京のかたな」(京都国立博物館) [2018年11月18日(Sun)]
IMG_8160m.jpg

 昨日、京都国立博物館で開催中の特別展「京のかたな―匠のわざと雅のこころー」に出かけてきました。京博へは、「禅ー心をかたちにー」以来2年半ぶりです。会期末(25日まで)とあってか長い待ち行列ができていました(案内では50分待ち)。京都初の刀剣特別展示だそうですが、これほどの人気があるとは思っていませんでした。一昨日には20万人目の入館者があったとのことです。

IMG_8149m.jpg

 館内では、「国宝 太刀 銘三条(名物 三日月宗近)」を間近で見るにはここでも待ち行列に並ぶ必要がありました。焼き入れの技術によって現れる刃文(はもん)や地鉄(肌)の種類は、刀剣鑑賞の際の見どころの一つとされています。この「名物 三日月宗近」は、刃文に三日月形がいくつも見える事よりこの通称が付けられたそうです。最前列で熱心に鑑賞する若い女性も目立ちましたが、今回のテーマでは意外に思われました。


IMG_8152m.jpg

 明治古都館(こちらは写真撮影はOK)では、「刀剣乱舞ーONLINE−」コラボ企画で刀剣男子の等身大パネルの展示がされていました。帰宅後ネットで調べたところ、この名刀を擬人化したオンラインゲーム「刀剣乱舞」をきっかけに、3年ほど前から刀剣ブームが広がり、「刀剣女子」と呼ばれる若い女性が増えているとのことでした。
 展示パネルにカメラを向ける”刀剣女子” 
IMG_8157m.jpg


IMG_8159m.jpg

 今回の展覧会では、明治古都館で唯一写真撮影できた刀剣(復元模造)
 「重文 薙刀直シ刀 無銘(名物 骨喰藤四郎)の復元模造(人間国宝刀剣作家 宮入法廣氏作)
IMG_8156m.jpg
Posted by katakago at 11:38
ため池の倒木撤去 [2018年11月16日(Fri)]
IMG_8114m.jpg

 昨年10月の台風では、地元水利組合が管理するため池で、大木が池側に倒れる被害が出ました(上の写真)。その撤去を業者に依頼して、今日ようやく終える事が出来ました。クレーン車やボートを用い、作業者4名で一日がかりの作業となりました。ため池の懸案事項がとりあえず一つ片付いてホッとしています。
 クレーン車は水面での作業用ボートの上げ下ろしや伐採した木の搬出に
IMG_8138m.jpg

 ボートの上からチェーンソーでの伐採作業(最終段階)
IMG_8128m.jpg

 倒木の撤去を終えて
IMG_8141m.jpg
Posted by katakago at 19:21
晩秋の植物園でー草・木の実 [2018年11月13日(Tue)]
IMG_1967m.jpg

 植物園もこの時期、咲く花はカワラナデシコ、タカサゴユリ、ノジギクなど限られますが、色づいた草・木の実を楽しめます(上の写真はマユミ)。
 マユミの実の拡大(裂けた果実の中から赤い種が見られます)
IMG_1963m.jpg

 サネカズラの液果も色づき始めました。
IMG_1937m.jpg

 サカキの実
IMG_1939m.jpg

 ノイバラの果序
IMG_1951m.jpg

 ジャノヒゲの種子
IMG_1935m.jpg

 アカネの果序
IMG_1946m.jpg

 ヘクソカズラの果実
IMG_1947m.jpg

Posted by katakago at 13:12
二つの正倉院展(奈良国博、平城宮跡資料館) [2018年11月12日(Mon)]
IMG_8113m.jpg
 この秋奈良では、二つの”正倉院展”が開催されています。その一つは奈良国立博物館の第70回正倉院展で、もう一つは平城宮跡資料館の「地下の正倉院展ー荷札木簡をひもとくー」です。奈良国博の正倉院展は例年会期が短く、今年はこれまで行きそびれていましたが、昨日は最終日前日ということで、午前の川西まつりに参加した後奈良まで出かけてきました。
 先に、近鉄奈良線の大和西大寺駅で途中下車し平城宮跡を訪れました。平城宮・京跡から出土した木簡の中には、全国各地から税として都に送られた荷物に付けられた木簡(これが荷札木簡)が多数含まれ、今回の特別展では、そのいくつの実物展示と解説がなされていました(写真撮影はOKでした)。
 復元された第一次大極殿(平城遷都1300年の2010年に完成) 久しぶりに訪れました。
IMG_8085m.jpg

荷札木簡には物品名や数量、地名、納税者の名などが記される。
 越前国からの大豆の荷札 
IMG_8095m.jpg

 備中国からの白米五斗の荷札
解説によれば五斗は今の二斗二升五合で約34kgに相当。木簡の裏面には天平十九年二月九日(西暦747年)
IMG_8103m.jpg

 正倉院展では、当日の入館券を求めるのに長い列に並ぶ羽目になりましたが、その後は比較的スムーズに館内に入れました(例年はここでも長い待ち行列があるのですが)。以下、今回の主な展示物を外部掲示のパネル写真で見ておきます。
 博物館の案内パネルの写真には、右から平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)、磁鼓(三彩のつづみ)、沈香木画箱(献物箱) 
IMG_8105m.jpg

 博物館に掲げられたパネルの写真には、左から玳瑁螺鈿八角箱(たいまいらでんはっかくばこ)、仏像型(押出仏の型)、新羅琴、磁鉢(二彩の鉢)
IMG_8106m.jpg

 上の写真の新羅琴は、図録解説によれば、羊耳形の緒留め(絃を繋いだ緒を固定する部分)を備えた十二絃の筝で、新羅琴の特徴の一つはこの羊耳形の緒留めにあるとみられ、韓国慶州市鶏林路(ケリムノ)30号墳(5〜6世紀)から羊耳形の端部を持つ筝が表された装飾品が出土しています。
 他に、七絃の琴(きん)に似た桐木琴(きりのきのきん)も出陳されていました。
 
 そのほか写真にはありませんが、錦紫綾紅臈纈絁間縫裳(にしきむらさきあやべにろうけちあしぎぬのまぬいのも、女性用の裳)についても触れておきます。これは、下半身に着ける巻きスカート状の衣で、図録解説によれば、赤地臈纈絁、紫綾、緑系織色綾の三種の細長い裂(きれ)を繰り返し継ぎ合わせる間縫によって縦縞を表しています。高松塚古墳壁画に描かれる女性像の衣服にも見られるものです。 
Posted by katakago at 12:02
第12回川西まつり [2018年11月11日(Sun)]
 快晴に恵まれた今日、キセラ川西せせらぎ公園で、第12回目の川西まつり(JA兵庫六甲川西地区3支店、川西市商工会主催)が開催されました。昨年同様、生産組合長としてJAブースでの地元農産物の販売手伝いに出かけてきました(午前の部)。9時半ぐらいには開場を待つお客さんの列ができ、10時から始まった対面販売では、思い思いに選んだ野菜や果物を手にしたお客さんの列が続き、釣銭を間違えないようにと緊張しました(非日常のひと時を過ごしました)。

 9時前には市内の農家から出荷された野菜類やミカン、カキなどが並べられました。
IMG_8073m.jpg

 開場の10時前には正面舞台で、吹奏楽の演奏が始まりました。
IMG_8077m.jpg

 会場内の各模擬店は大勢の人で賑わっていました。
今年も南阿蘇村のブースも見られました(赤牛串焼、新米の摑み取りなど)。
IMG_8083m.jpg

IMG_8081m.jpg

Posted by katakago at 21:56
孫娘の七五三参り [2018年11月04日(Sun)]
 今日は、来月末に3歳になる孫娘の七五三のお参りに地元の多田神社に出かけました。横浜や東京の親戚も来てもらって久しぶりに賑やかな一日を過ごせました。
 孫娘にとって着物姿での外出は初めてとあって、拝殿に上っての参拝が無事終わるまでは付き添い一同ハラハラしながらの参拝となりました。お祝いの会食の席では孫娘の成長ぶりを眺めながら楽しいひと時となりました。離れて暮らしていますが、両親の愛情に包まれて健やかに育ってくれることを願っています。
 自宅前での記念写真
IMG_8004m.jpg
 長男一家と共に
IMG_8009m.jpg

 多田神社の境内で
IMG_8014m.jpg



Posted by katakago at 21:25
まちかね祭(阪大豊中キャンパス) [2018年11月02日(Fri)]
IMG_7963m.jpg

 今日から3日間、大阪大学豊中キャンパスで大学祭(まちかね祭)が開催されています。同窓会の案内でこの開催を知り、午後から出かけてきました。
 このまちかね祭には7年前に一度訪れ、その際、邦楽サークルの「銀簫会」の演奏を聴きました。今回もお琴と尺八の演奏会場をのぞいてみました。ちょうど「三段の調」(久本玄智 作曲)の演奏が始まる直前でした。この曲は、練習の初めの頃に習った曲で大変懐かしく聴きました。
 以下スナップ写真を載せておきます。
 メイン通路の両側には多くの模擬店が並び賑わっていました。
IMG_7984m.jpg

 ジャグリング会場(旧浪高庭園そば)
高校2年の孫娘がジャグリングのクラブに入っているとのことで興味があり立ち寄ってみました。
IMG_7973m.jpg

 ジャグリングサークルPatioのメンバーによるパフォーマンス
IMG_7978m.jpg

 ステージ宙ではアカペラサークルの演奏
IMG_7987m.jpg
Posted by katakago at 16:46
ナンバンギセルの種を入手 [2018年11月01日(Thu)]
IMG_7960m.jpg

 9月に五島市三井楽町で開催された「全国万葉フォーラム in みいらく2018」の交流会の場では、わたしが私設の万葉植物園を開設していることより、参加者の中で植物に関心のある方々と万葉植物の栽培法などについて話が弾みました。その折ナンバンギセルも話題になりましたが、当時(9月中旬)今年はまだ確認できていないと話したところ、愛媛県から参加されていた方より、「自分が栽培しているナンバンギセルの種が採取出来たら送りましょう」との申し出を頂きました。昨日、その種が届きました(上の写真)。ブログも見ていただいているとのことで、この記事にてお礼を述べさせていただきます。有難うございました。
 来年の春先にススキの株元に蒔く予定です(ナンバンギセルはススキなどの植物に寄生する)。

 なお、花の写真や、万葉歌(思ひ草と詠まれている)の解説は7年前の次の記事に載せています。
【歌】 道の辺の 尾花が下の 思ひ草 今更々に 何をか思はむ (巻十・2270)
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/175
  
 
  


Posted by katakago at 15:25
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml