CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
猛暑のなか北陸へ [2018年07月25日(Wed)]
IMG_7404m.jpg

 今夏も孫娘が所属する中学の吹奏楽部がコンクールに出場することになり、福井まで出かけてきました。23日は中部日本吹奏楽コンクール県予選を兼ねた第50回福井県吹奏楽コンクールが開催されました。来週30日には全日本吹奏楽コンクール県予選を兼ねた大会もあり(それぞれ課題曲が異なる)、それにも参加することになっています。中学3年生にとっては最後の大会でもあり、これまでの練習の成果が発揮されることを願いながら演奏を聴きました。出場中学50校のうち金賞は13校で、孫娘の中学の評価は昨年に続き金賞となりました(3校選ばれた代表校には入らなかったものの)。

 せっかく福井まで出かけてきたので、大野市にある越前大野城に案内してもらいました。標高249mにある天守閣へは何段もの階段を登らねばなりませんでした。
 パンフレットによれば、この大野城は亀山の山頂を削って平坦にして本丸が造られ、東側の麓に二の丸、三の丸を配した「平山城」といわれる形式の城で、石垣は自然石をそのまま積む野面積みです。現在の天守閣は昭和43年(1968)に推定復元されたもので、内部は4階の構造で、3階までが資料展示、4階が展望室となっており、ここでは涼風を受けながら眺望を楽しめました。
 なお、この越前大野城は雲海に浮かぶ「天空の城」としても有名だそうですが、それに遭遇できるのは秋から春の極めて限られた時だそうです(11月が可能性が高いとのこと)。
IMG_7400m.jpg

 福井市立郷土歴史博物館では、「幕末明治 福井150年博」の夏季特別展が開催されていました(次の写真はJR福井駅構内のパネル)。幕末福井の偉人たちの展示は大変興味深いものでした。
IMG_7408m.jpg
 
 16代福井藩主松平春嶽(慶永)は、藩政改革(教育・軍制の刷新、財政再建など)に取り組むため、人材発掘や登用、他藩からの招へいを行いました。春嶽に見いだされた一人に橋本左内がいます。側近として藩政に関わり(23歳の時に藩校明道館の「学監同様心得」となり藩校の改革にも)、13代将軍徳川家定の後継者問題では、一橋慶喜を推す春嶽の方針を受けて動いたため、大老井伊直弼による安政の大獄で死罪となりました(26歳)。
 展示物より次の2点をあげておきます。
 松平春嶽揮毫の漢詩より
「我に才略無く我に奇無し、常に衆言を聴きて宜しき所に従う、人事渾(すべ)て天道の妙の如し、風雷晴雨豫(あらかじ)め期し難し」
 橋本左内の『啓発録』
左内が15歳の時(今日の成人式を迎える時期)に、自立して立派な考えや行いをできる人間になるためにはどのような心構えが必要か熟考し、自分自身に言い聞かせるために書かれた。
@推心を去る、A気を振るう、B志を立つ、C学に勉める、D交友を択(えら)ぶ の五項目からなり、福井県内の中学校では、2年生の時に行われる立志式でこの『啓発録』を学んでいるそうです。
 


Posted by katakago at 10:29
ハマユウが開花 [2018年07月17日(Tue)]
IMG_1548m.jpg

 ハマユウ(ひがんばな科)の一株が開花しました。万葉歌には次の一首が詠まれています。
【歌】 み熊野の 浦の浜木綿 百重なす 心は思へど 直に逢はぬかも (巻四・496 柿本人麻呂)
【口語訳】 み熊野の 浦の浜木綿のように 百重にも 心では思っているが 直には逢えないものだね
 ハマユウの解説については以前の記事に載せています。
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/126

 ヒオウギ(あやめ科)は京都では祇園祭の頃に活けられるそうですが、この時期畑ではいっぱい花をつけています。暑い時期にもかかわらず、切り花にしても長持ちします。花後に刮ハが形成され秋に裂開し、中から球形の黒い種子がみられます。これが万葉歌に詠まれる「ぬばたま」とみられています。
IMG_1551m.jpg

 果樹園ではミカンの株元で発芽して生育したヒオウギが咲いていました。
IMG_1550m.jpg

 畑に植えているオニユリが咲いていました。
IMG_1544m.jpg

 今朝の蓮池の様子
IMG_1537m.jpg
Posted by katakago at 11:47
今朝の蓮池で [2018年07月12日(Thu)]
IMG_1532m.jpg

 ハスの開花株も増えてきました。この周辺にはキキョウ・オミナエシ・ヤブカンゾウ・ヒオウギなどの花も咲き、多くの夏の万葉植物が見られる時期となりました。
IMG_1536m.jpg

IMG_1535m.jpg

 写真を撮りに来る人も見かけますが、畦道に三脚を立てられると農家の方の通行の邪魔になります。また、栽培者に一言朝の挨拶ぐらいあってもよいのではと思ってしまいます。
IMG_7381m.jpg

Posted by katakago at 10:06
大雨が過ぎ去ってー裏山ではヤマユリが開花 [2018年07月08日(Sun)]
先週半ばから降り続いた雨もようやく止み、今日は日差しも見られるようになりました。
 昨年末から実施された猪名川開削工事のお陰か猪名川の氾濫もなく、農地の浸水被害もなくてホッとしています。午前中に、水利組合の役員で3ヶ所の溜池の目視点検に出かけました。特に洪水吐に流木などの堆積物があるか気がかりでした。目立った障害物はなく、洪水吐のレベルまで水位が下がってから改めて取水設備付近の点検も考えています。

 雨天で暫く出かけなかった裏山では、ヤマユリが咲いていました。ユリが詠まれた万葉歌を一首載せておきます。
【歌】 道の辺の 草深百合の 花笑みに 笑みしがからに 妻と言ふべしや (巻七・1257)
【口語訳】 道ばたの 草深ゆりの 花のように 微笑んだぐらいのことで 妻と言ってよいものでしょうか 
『新編日本古典文学全集 萬葉集』の解説には、「行きずりに微笑んだぐらいのことで、それを好意の表れと誤解した男への返事」とあります。
IMG_1520m.jpg

IMG_1522m.jpg

 畑に植えたヤマユリ
裏山に植えたものに比べ背丈が矮性化しています。
IMG_1513m.jpg

 畑に植えたサクユリ(為朝百合とも)
ヤマユリよりも一回り大きな花を咲かせています。
IMG_1511m.jpg

 今朝の蓮池で
IMG_1516m.jpg

Posted by katakago at 13:36
かわにしまるまるマルシェに草花を出荷 [2018年07月05日(Thu)]
IMG_7375m.jpg

 昨日(7/4)は「かわにしまるまるマルシェ」が開催されました。地元産の野菜や草花、農産物の加工品などを市民に提供するイベントで、農業振興研究会・営農研究会・市が主催して行われました(台風の影響が心配されたので場所は市役所1階ギャラリー)。
 今回、勧められて初めて草花を出荷しました。当日の7時過ぎには会場に搬入する必要があり、前日(7/3)からベニバナ・キキョウ・オミナエシ・ヒオウギのほかヒマワリを切り取り、妻に手伝ってもらいながら出荷の準備をしました。当日6時に警報が発令されていると中止とのことで、その際は準備したものをどうしようかと気を揉みましたが、幸い開催されてよかったです。
 会場に並べられたベニバナ、キキョウ・オミナエシ・ススキのセット、ヒオウギ、ヒマワリ
この会場では予想に反してヒオウギは今ひとつ人気がなかったそうです(京都では祇園祭の頃に活けられる)。
IMG_7376m.jpg


 今朝の蓮池の様子です。雨が激しくなる前に撮影しました。
IMG_1508m.jpg

IMG_1507m.jpg
Posted by katakago at 11:55
ハスの開花情報その2 [2018年07月03日(Tue)]
IMG_1483m.jpg

 蓮池では、今月に入りハスの開花株が目立つようになりました。
IMG_1498m.jpg

 花芽の数も増えてきています。
IMG_1484m.jpg


 ヒオウギも開花がみられるようになりました。
IMG_1486m.jpg

 万葉植物ではありませんが、畑の片隅でヒマワリも毎年栽培しています。
IMG_1492m.jpg


 明日(7/4)は、「かわにしまるまるマルシェ」が開催予定で草花の出荷を要請されており、ベニバナ、キキョウ、オミナエシ、ヒオウギのほかヒマワリも出せるかなと思っています。
Posted by katakago at 10:03
ヤブカンゾウも咲き始めました [2018年07月01日(Sun)]
IMG_1443m.jpg

 ビオトープ池の傍では、ヤブカンゾウも咲き始めました。この辺りには、カワラナデシコ、キキョウ、オミナエシも花を咲かせており色とりどりの花を楽しめます。
 漢籍(『文選』巻第53「養生論」)に「萱草ハ憂ヲ忘レシム」とあり、これによって当時、萱草(わすれぐさ)を身に付けると憂苦を忘れることができるという俗信があったようで、万葉歌にも次のような歌が詠まれています。
【歌】 忘れ草 我が紐に付く 香具山の 古りにし里を 忘れむがため (巻三・334 大伴旅人)
【口語訳】 忘れ草を わたしの下紐に付ける 香具山の 古い京を 忘れるために
【歌】 忘れ草 我が下紐に 付けたれど 醜の醜草 言にしありけり (巻四・727 大伴家持)
【口語訳】 忘れ草を 下着の紐に 付けてはみたが 阿保のあほくさ 名ばかりでした。

 これらの歌の解説は、ブログを開始した年(2011年)の次のURLに載せています。
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/82


Posted by katakago at 10:03
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml