CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
花菖蒲が一斉に開花 [2018年05月29日(Tue)]
IMG_1336m.jpg

 来月初旬に植物園見学会を予定していますが、蓮池隣では花菖蒲が一斉に咲き始めました。
IMG_1339m.jpg

 万葉植物では、ハギが咲いています。品種はミヤギノハギで、この時期と9月に2回開花します。
IMG_1341m.jpg

 早くもオミナエシの蕾も見られます。
IMG_1343m.jpg

 キキョウが一輪開花しました。
IMG_1346m.jpg
Posted by katakago at 10:18
サクランボ(品種は高砂か)を収穫 [2018年05月20日(Sun)]
IMG_1320m.jpg

 サクランボは、今月初めの暖地桜桃に続き、より大粒の実が色づき収穫できるようになりました。品種は高砂かと思われます。この木で多数の実が生ったのは、9年ほど前に苗木を植えて以来今年が初めてです。孫娘にも送ってやれました。
IMG_1333m.jpg

 今日は生産組合の共同作業日で、田植え前の溝さらえを行いました。天候が気がかりでしたが、幸い雨も降らず例年よりも気温が低めで助かりました。来週はため池堰堤の草刈りを実施します。

Posted by katakago at 21:25
アサザの花が最盛期 [2018年05月19日(Sat)]
IMG_1316m.jpg

 蓮池ではアサザの花が最盛期です。ハスの立ち葉も増えてきました。ハスの葉が池の全面を覆ってしまう6月半ばまでは毎日花を楽しめるものと思います。
IMG_1326m.jpg

 蓮池の隣では、早くもハナショウブ(万葉植物ではない)の開花株が見られます。今年は開花時期が早まりそうです。
IMG_1312m.jpg

 来月上旬には、妻が企画した「植物画展ー万葉の花々ー」と植物園の見学会を実施します。

 今秋の川西市仏教会主催の行事(寺院めぐり)で、途中の立ち寄り先に植物園も候補に入れていただき、先日その下見に来られました。
 植物を通して万葉集に親しんでもらう機会となれば幸いです。

 


Posted by katakago at 16:51
タチバナとウツギ [2018年05月13日(Sun)]
 裏山では今、タチバナとウツギの花が咲いています。万葉歌では、いずれもホトトギスと一緒に詠まれている例が見られます。こちらでは未だホトトギスの鳴き声を耳にしませんが、ホトトギスを多く詠んでいる大伴家持の歌を一首づつ載せておきます。
 タチバナ(万葉歌では花橘と詠まれている)
IMG_1307.JPG

【長歌の一部】 ほととぎす 来鳴く五月に 咲きにほふ 花橘の かぐはしき 親の御言 朝夕に 聞かぬ日まねく ・・・・・ (巻十九・4169)

 ウツギ(万葉歌では卯の花と詠まれている)
IMG_1298m.jpg

【歌】 卯の花の 過ぎば惜しみか ほととぎす 雨間も置かず こゆ鳴き渡る (巻八・1491)

 このほか、テイカカズラの花も咲いていました(写真手前の葉はヤマアイ)。
IMG_1308.JPG

 蓮池では、ハスの浮き葉にまじってアサザの花が多数見られるようになりました。
IMG_1293m.jpg

Posted by katakago at 16:18
連休を孫と過ごして  [2018年05月07日(Mon)]
 今年の連休は、高二と中三の孫娘は部活で忙しかったようです。一番下の二歳になった孫娘が帰って来てくれたので、連休後半を一緒に過ごしました。畑で遊んだり、猪名川町の公園や妙見山にも出かけました。 
 畑では、ちょうどイチゴやサクランボ(暖地桜桃)が収穫時期を迎えていたので良かったです。
サクランボは大変気に入ったようです。種も上手に出して食べていました。
 サクランボを採るのに夢中になっていました。
IMG_7255m.jpg

 猪名川町の公園では元気に走り回っていました。
IMG_7251.jpg
Posted by katakago at 16:18
ホオノキの若葉 [2018年05月06日(Sun)]
IMG_1271m.jpg

 畑にホオノキ(もくれん科)の苗木を植えていますが、なかなか大きくなりません。花が咲くまでにはまだだいぶかかりそうです。葉は大きく食べ物を包むのに用いられます。
 万葉歌には次の2首詠がまれています。題詞に「攀ぢ折れる保宝葉(ほほがしは)を見る歌二首」とあり、一首目は、講師(こうじ)僧恵行の歌で、
【歌】 我が背子が 捧げて持てる ほほがしは あたかも似るか 青き蓋 (巻十九・4204)
【口語訳】 あなたが捧げ持っているほほがしわは、まさに青い蓋(きぬがさ)そっくりですね
二首目は、大伴家持の歌で、 
【歌】 皇祖の 遠き御代御代は い敷き折り 酒飲むといふそ このほほがしわは (巻十九・4205)
【口語訳】 代々の帝の遠い御代御代には広げて折って、酒を飲んだということだ、このほおがしわは
 柏(かしわ)の葉を酒器としたことは、『古事記』(応神天皇)に、「天皇、豊明(とよのあかり)聞こし看(め)しし日に、髪長比売に大御酒の柏を握(と)らしめて、その太子(ひつぎのみこ)に賜ひき」と見える(岩波文庫『万葉集』の解説より)。
 カシワ(ぶな科)の葉
IMG_1282m.jpg

 この時期のその他の植物の様子を載せておきます。
 マユミ(にしきぎ科)の花
IMG_1275m.jpg

 ショウブ(さといも科)の花(万葉歌では”あやめぐさ”と詠まれている)
IMG_1270m.jpg



Posted by katakago at 18:40
アサザが咲き始めました [2018年05月03日(Thu)]
IMG_1254m.jpg

 蓮池に生育しているアサザの花が咲きだしました。早くから池に水を張っていたので例年よりも早い開花です。

 カワラナデシコも咲きだしました。飛んだ種が畑のあちこちで発芽して、かなりの株数になっています。これから数か月は花を楽しめそうです。
IMG_1246m.jpg

 エゴノキの花も咲き始めました。
IMG_1253m.jpg

 オキナグサの花後の様子(漢名の白頭翁の如くなっています)
IMG_1244m.jpg
Posted by katakago at 19:48
クルミの花が咲いています [2018年05月02日(Wed)]
IMG_1240m.jpg

 クルミの花が咲いています。昨年よりも開花時期が1週間ほど早いようです。

 アーモンドの木は今年はたくさんの実をつけています。秋の収穫が楽しみです。
IMG 1242m.jpg

 サクランボ(暖地桜桃)が真っ赤に色付き、ネットを被せているのですが毎日のようにヒヨドリがやってきます。今朝も一羽がネットに引っかかっており逃がしてやりました(隙間から潜り込んだようです)。
IMG_1250m.jpg

Posted by katakago at 21:21
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml