CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
全国万葉フォーラム in 飛鳥 2017 [2017年07月30日(Sun)]
  昨日(7/29)から、奈良県明日香村で全国万葉協会主催の万葉フォーラムが開催されました(昨年は鞆の浦で)。一日目はシンポジウムと万葉交流会、翌日は万葉故地探訪バスツアーです。今年は都合でシンポジウムのみに参加しました(会場は奈良県立万葉文化館)。
 シンポジウムでは「万葉の文化力 現代に生きる万葉集」をテーマに、藤原茂樹先生(慶應義塾大学名誉教授)と坂本信幸先生(高岡市万葉歴史館館長)のお二人が講演されました。 

 藤原先生は「遊びと日本人ー万葉びとの遊びと競技」と題して話されました。『日本国語大辞典』より遊びの語義について述べられ(思うことをして心を慰めること。狩猟、遊宴や行楽、遊戯などで楽しむこと。詩歌、管弦、舞などを楽しむこと。)、和歌森太郎著『遊びの文化史』についても紹介されました(古代には、神ゴトー宗教的信仰、呪術や占いとかかわりを深くもちながら、いわゆる遊びとといわれるものが行われていた)。万葉歌関連で紹介された中で、ここでは次の打毬(うちまり)と鵜飼について触れておきます。
打毬について】
 巻六・948・949の歌の左注に、「右は、神亀四年正月、数(あまた)の王子(みこ)と諸臣子等、春日野に集ひて打毬の楽(たのしび)を作(な)しき。その日、忽ちに天陰り雨降り雷電(いなびかり)し、この時に、宮の中に侍従と侍衛となかりき。勅して刑罰を行ひ、皆授刀寮に散禁して、妄りに道路に出づること得ざらしむ。時に、悒憤(いふふん)して即ちこの歌を作りき。作者未だ詳らかならず。」(春日野で打毬に興じ、宮中に侍ることを怠った罪で、多くの皇族・臣下が授刀寮に軟禁された時に、そのうちの誰かが作った歌)とあります。 
鵜飼について】
【歌】 もののふの 八十伴の緒の 思ふどち 心遣らむと 馬並めて うちくちぶりの 白波の 荒磯に寄する 渋谿の 崎たもとほり 松田江の 長浜過ぎて 宇奈比川 清き瀬ごとに 鵜川立ち か行きかく行き 見つれども そこも飽かにと 布勢の海に 舟浮けすゑて 沖辺漕ぎ 辺に漕ぎ見れば 渚には あぢ群騒き 島廻には 木末花咲き ここばくも 見のさやけきか 玉櫛笥 二上山に 延ふつたの 行きは別れず あり通ひ いや年のはに 思ふどち かくし遊ばむ 今も見るごと (巻十七・3991 大伴家持)
 「鵜川立ち」は鵜飼をするの意で、一人一鵜使いの徒歩による徒歩鵜(かちう)で、夏季に限らず、夜間にも限らなかったようです。
講演される藤原先生
IMG_5897m.jpg


 坂本先生は、「万葉文化と現代」と題して講演され、その中で、『万葉集』という古典作品についての理解はあまりなく、特に若者の古典離れを危惧されていました。その理由として、古典文法教育による古典離れ、受験勉強による古典教育の軽視などが挙げられていました。
 私は、10年ほど前に『手づくり 万葉植物園の四季』を自費出版した際に、植物を通して万葉集に親しんでもらえればと、近隣の高等学校数校に本を寄贈したことがありますが、一校のみ校長から礼状のハガキがあった他は、何の反応も無かったことを改めて思い出しました。
 

 鼎談の様子(万葉衣装で登壇された、左から富田万葉協会会長、坂本先生、藤原先生)
IMG_5902m.jpg

 万葉協会役員の発声で次の万葉歌六首を犬養節で朗唱しました。
@ 采女の 袖吹き返す 明日香風 京を遠み いたづらに吹く (巻一・51 志貴皇子)
A 石走る 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも (巻八・1418 志貴皇子)
B 山川も 依りて仕ふる 神ながら 激つ河内に 船出せすかも (巻一・39 柿本人麻呂)
C み熊野の 浦の浜木綿 百重なす 心は思へど 直に逢はぬかも (巻四・496 柿本人麻呂)
D 春の苑 紅にほふ 桃の花 下照る道に 出で立つ娘子 (巻十九・4139 大伴家持)
E 熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな (巻一・8 額田王)
IMG_5907m.jpg

Posted by katakago at 18:11
万葉同好会の有志で来園 [2017年07月27日(Thu)]
IMG_0299m.jpg

 今日の午前中、梅花万葉集友の会の方々が植物園に見えられました。この時期、ハスをはじめ夏の万葉の花々が見頃でお誘いしていました。ハス・オミナエシ・キキョウ・ヒオウギ・カワラナデシコ・ハマユウなどの草花の他、ナツメや果樹類(柑橘・栗・クルミ・ポポーなど)も、大変暑い中、2時間ほどかけて熱心に見ていただきました。
 裏山の園内も案内しました。
IMG_5886m.jpg

 蓮池付近で
IMG_5889m.jpg

 畑の園内で
IMG_5892m.jpg
Posted by katakago at 14:24
永平寺参拝(7/23) [2017年07月26日(Wed)]
IMG_5879m.jpg

 孫娘の演奏会に福井まで出かけた機会に、永平寺(曹洞宗大本山)を訪れました(あいにく雨天でしたが)。永平寺は、寛元二年(1244)に道元禅師によって開かれた坐禅修行の道場で、僧侶の育成と一般の人への布教教化が行われています(参篭や参禅研修などの修行体験もある)。
 かつて(47年程前)新入社員研修のカリキュラムの一つとして、鎌倉円覚寺(臨済宗)で数日間の坐禅修行(?)をしたことを思い出しました。今回は、諸堂拝観が目的です。禅宗寺院では、法堂(はっとう)・仏殿・僧堂・庫院(くいん)・山門・東司(とうす)・浴室を指して特に重要な伽藍「七堂伽藍」と呼ばれ、最初に大きな絵図を用いての説明を聞いてから、諸堂を拝観しました。
 拝観に先立つ説明の様子
IMG_5875m.jpg

 傘松閣の絵天井の広間
IMG_5860m.jpg

 諸堂は廊下でつながっていました(雨天時には好都合)。  
IMG_5863m.jpg

 仏殿 
IMG_5862m.jpg

 御朱印(中央の文字 承陽殿:道元禅師を祀る祖廟)
eiheiji.jpg
Posted by katakago at 16:26
第49回福井県吹奏楽コンクール(7/24) [2017年07月26日(Wed)]
IMG_5881m.jpg

 福井の孫娘(明倫中学2年)は吹奏楽部に所属しており、今回、福井県吹奏楽コンクール(中部日本吹奏楽コンクール福井県予選を兼ねる)に出場するというので出かけてきました(会場は福井県立音楽堂ハーモニーホールふくい 大ホール)。
 今年の初め、吹奏楽アンサンブルコンテストでフルート三重奏の演奏を聴きましたが、全員での吹奏楽演奏は今回が初めてです。
 22日から3日間にわたり開催され、初日は高校、後の2日間は中学のB部門(27校)とA部門(24校)で行われ、A部門出場の孫娘のチームは最終日(7/24)の午後でした。
 演奏は課題曲と自由曲からなり、明倫中学のチームはそれぞれ「エル・キャピタン」(スーザ作曲、ブライオン&シッセル編曲)と歌劇「トウーランドット」(G.プッチーニ作曲)よりで、見事金賞に選ばれました(参加51校中金賞は18校)。中日大会への代表(金賞のうちから4校)にはなりませんでしたが、7/31日には全日本吹奏楽コンクール福井県予選があり、これからも練習の日々が続きます。
 
 7/31追記:全日本吹奏楽コンクール福井県大会でも金賞(17年ぶりだそうです)

 演奏会場内での写真撮影は禁止されていましたので、ホワイエの様子を載せておきます。
IMG_5884m.jpg
 
IMG_5882m.jpg

 吹奏楽アンサンブルコンテスト(フルート三重奏)の関連記事は、
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1198
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1204
Posted by katakago at 15:26
岡山より来園 [2017年07月22日(Sat)]
IMG_0294m.jpg

 植物園ではこの時期ハスの花が見頃でご案内していましたところ、連日の猛暑にもかかわらず、昨日、岡山からご夫婦で来てくださいました。
 ハスの花はまだ暫くは楽しめそうです。
IMG_0295m.jpg

 オミナエシの花に来たツマグロヒョウモン
IMG_0288m.jpg

 ヒオウギの花が真っ盛り
IMG_0279m.jpg

 裏山の五輪塔(木田氏中興塔)で
IMG_5846L.jpg

 多田神社参拝
この日は神官から1時間以上かけて境内を案内していただきました。
IMG_5856L.jpg

 多田院政所跡の土塀
IMG_5854m.jpg
Posted by katakago at 11:32
サクユリが咲きました [2017年07月17日(Mon)]
IMG_0274m.jpg

 大輪のサクユリが咲きました。伊豆諸島に自生するユリで、源為朝を偲んでタメトモユリとも呼ばれます。ヤマユリに似ていますが、葉は幅が広く厚く、花はヤマユリよりも大形で、花被に褐色の斑点がほとんど見られません。
 ヤマユリとの比較で同時期に咲いている写真を掲載しておきます。
IMG_0276m.jpg
Posted by katakago at 15:31
スイカを収穫 [2017年07月15日(Sat)]
IMG_5842m.jpg

 スイカは小玉(姫甘泉)と大玉(甘泉)を栽培しており、二つを比べてみました。大玉は5.1s、小玉は1.7sありました。
 大玉を切ってみました。
棚落ちしていました(収穫時期が少し遅れたためか)が甘くておいしくいただきました。農作業で汗を掻いて一休みに戻った折など、冷えたスイカは格別です。
IMG_5843m.jpg
 
 自宅そばの畑の様子(右から順に2畝がスイカ、ラッカセイ、サツマイモ)
IMG_5844m.jpg

Posted by katakago at 12:08
ハマユウが開花 [2017年07月14日(Fri)]
IMG_0268m.jpg

 ハマユウは畑に分散して植えていますが、そのうちの3株で開花が見られました。花芽をつけている株もあり来月にかけて花を楽しめそうです。
 万葉歌には、次の一首のみ詠まれています。
【歌】 み熊野の 浦の浜木綿 百重なす 心は思へど 直に逢はぬかも (巻四・496 柿本朝臣人麻呂)
【口語訳】 み熊野の 浦の浜木綿のように 百重にも 心では思っているが 直(じか)には逢えないものだね
 犬養孝先生の『万葉の旅 中』によれば、「なにが『百重なす』かについて、波頭のたとえ、茎が幾重、花が百重などの諸説もあるが、群落自生の実景と歌の心情のあらわし方を見れば、緑葉の百重としか考えられない。」とあります。かつて(1972年頃)新宮市三輪崎の孔島を訪れた際、海岸に自生するハマユウの群落を目にしたことがあります。この場所には犬養先生揮毫のこの歌の歌碑が建てられています。
 
IMG_0262m.jpg
Posted by katakago at 15:15
ヤマユリが咲きました [2017年07月12日(Wed)]
IMG_0232m.jpg

 ヤマユリが咲きました(写真上は裏山で)。畑でもほぼ同時期に開花しました(写真下)。
IMG_0242m.jpg

 ユリが詠まれた万葉歌を二首載せておきます。
【歌】 道の辺の 草深百合の 花笑みに 笑みしがからに 妻と言ふべしや (巻七・1257)
【口語訳】 道ばたの 草深ゆりの 花のように 微笑んだぐらいのことで 妻と言ってよいものでしょうか
『新編日本古典文学全集 萬葉集』の頭注によれば、「行きずりに微笑んだぐらいのことで、それを好意の表れと誤解した男への返事」とあります。
 次は、常陸国の防人(那賀郡の上丁大舎人部千文)の歌です。
【歌】 筑波嶺の さ百合の花の 夜床にも かなしけ妹そ 昼もかなしけ (巻二十・4369)
【口語訳】 筑波嶺の さ百合の花のように 夜床でもいとしい妻は 昼間もいとしい
同じ作者が次の歌も詠んでいます。
【歌】 霰降り 鹿島の神を 祈りつつ 皇御軍士に 我は来にしを (同・4370)
【口語訳】 (霰降り) 鹿島の神を祈り続けて 皇軍の兵士として おれは来たのだに ・・・・(いつまでも妻に恋々として・・・・)
 鹿島の神は鹿島神宮で、祭神は天孫降臨の際に活躍した武勇の神の建御雷(たけみかずち)神と伝えられる。

 黄カノコユリも咲いています。
IMG_0244m.jpg
Posted by katakago at 11:35
転作確認の立ち合い [2017年07月11日(Tue)]
IMG_5819m.jpg

 昨日午後に、市とJAによる農地の転作確認があり、地元の生産組合長として立ち会いました。5月に各組合員が提出した水稲生産実施計画・営農計画の現状確認作業です。自治会館屋上からは、矢問川右岸の農地の大半を遠望できます(上の写真)。 
 農地が分散しており(入り作もあり)、先週末に事前確認していました。当組合では、水稲が栽培されているのは農地のほぼ三分の一強です(残りは野菜・花木などの転作の作付)。
IMG_5823m.jpg

IMG_5825m.jpg

 生産組合長になってから何かと用事があり、4月からはカルチャーセンターの定期講座も尺八と万葉は坂本先生の講座のみに減らしました。
 昨日はその万葉講座(中之島)が午前中にあり、「讃岐国安益郡(あやのこほり)に幸せる時に、軍王(いくさのおほきみ)、山を見て作る歌(巻一・5,6)」の講義で、長歌の「かけの宜しく」の「カク」の解釈に関して、集中の用例を上げ解説されました。「玉だすき」という枕詞で導かれる「カク」の用例から、「心にかける」意と解すべきとのお話の途中で、残念ながら午後の対応のため途中退席しました。
 なお、この歌については、昨年「飛鳥を愛する会」の秋季現地講座でその歌碑(網の浦万葉歌碑)を訪れた際(香川県綾歌郡宇多津町)、坂本先生から解説していただきました。その記事は、次のURLに載せています。
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1172


Posted by katakago at 12:25
ハス池周辺の様子 [2017年07月09日(Sun)]
IMG_0226m.jpg

IMG_0209m.jpg

 この時期の蓮池周辺は、紅白のハスをはじめその後方にはキキョウやオミナエシが咲き、植物園で最も見ごたえのある場所となっています。来月初めごろまで楽しめるものと思います。

 ハマユウの花芽も伸びてきました。
IMG_0214m.jpg
Posted by katakago at 15:34
ヒオウギが咲き始めました [2017年07月06日(Thu)]
IMG_0195m.jpg

 ヒオウギ(あやめ科)が咲き始めました。花後に刮ハをつけ秋には裂開して球形の黒色種子が見られます。これが万葉歌に詠まれる「ぬばたま」と考えられています。万葉歌では植物そのものを詠んだものは無く、全て枕詞(黒・夜・暗・夢など)として用いられています。
ヒオウギの種の写真は、
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/170

 和名の檜扇は葉形(広い剣状の葉が扁平に互生し扇状にみえる)に由来する。
IMG_0199m.jpg

檜扇はヒノキの薄板で作ったもので衣冠の時に笏の代わりに用いる儀礼用の道具
 平城宮資料館常設展示の檜扇(写真左)
IMG_2010m.jpg

Posted by katakago at 12:03
立命館大阪プロムナードセミナー(7/3) [2017年07月05日(Wed)]
IMGm.jpg

 立命館大阪梅田キャンパスでは大阪・京都文化講座が開講されており、前期のテーマは「大阪・京都の『一大事』ー災害・動乱・革新ー」で、一昨日はその最終回(第8回目)が開催され受講しました。今回の演題は「大塩事件ー鎮圧にかかわった武士ー」です(演者は京大人文科学研究所の岩城卓二教授)。

 大塩事件は、天保八年(1837)二月、大坂町奉行所元与力大塩平八郎が大飢饉に対して有効な策を講じない幕府に怒り、その門人らとともに挙兵するも幕府軍によって鎮圧された事件です。

 一昨年に『木田家のルーツを尋ねるー石碑の銘文に導かれてー』を自費出版した後も、関連情報の収集を続けていますが、その中で、大坂の両替商(鉄屋)がこの大塩の乱で被害に遭った記事を見つけていました(「長濱屋八之助が見聞の記」『浮世の有様 4(国史叢書)』)。「豪富の大家を目掛け、數十ケ所大筒を打込み廻候」とある中で、今橋通りの鴻池善右衛門・天王寺屋五兵衛・平野屋五兵衛などと共に、船場の鐵屋庄右衛門の名も出ています(鉄屋9代目の木田重興の頃か)。そのようなわけで今回の話題には関心がありました。

 この講演では、鎮圧で武功を立てその後の人生が大きく変わったひとりの武士ー水野正左衛門ーに焦点が当てられました(事件前の大坂鈴木町代官所の元締手代から反乱鎮圧後の天保8年10月には御勘定所普請役格(手付)に昇進、嘉永7年に亡くなった時は箱館奉行支配組頭永々御目見以上に昇進、嫡男が水野家を相続)。
 東京都文京区白山の蓮華寺には、「箱館奉行支配組頭水野君墓表」が建てられておりその履歴が刻まれているとのことです。大塩事件とこれに影響を受けて能勢郡で起こった一揆(能勢騒動)の鎮圧に水野が関わった仔細は、水野が書き残していた手紙の解読により明らかにされました(岩城教授のご研究)。水野は大坂鈴木町代官所に異動する以前は石見大森代官所の手代として赴任しており、その折り知り合った石見大森の商人熊谷三左衛門に宛てた手紙に大塩事件の事が書かれており、一次史料としての手紙を用いての講演は大変興味深いものでした。

Posted by katakago at 18:30
ハスの花 続報 [2017年07月04日(Tue)]
IMG_0173m.jpg

 今月に入り、蓮池では開花株の数が増えてきました。今年は4月下旬から水を引き入れ、ほぼ毎日水管理を続けてきましたが、その甲斐あってこれから来月にかけて花を楽しめそうです。
IMG_0177m.jpg

 
 野菜畑の傍ではヒマワリも咲き始めました。
IMG_0189m.jpg
Posted by katakago at 11:10
ヤブカンゾウが咲き始めました [2017年07月01日(Sat)]
IMG_0152m.jpg

 ヤブカンゾウ(ゆり科)が咲き始めました。万葉歌で「忘れ草」と詠まれている植物です。中国ではこれを身に着けると憂いを忘れると言い(『文選』巻第五十三「養生論」)、次の歌は、恋の苦しさから逃れるため忘れ草を身に着けるけれど、効果はなかったと歌われています。
【歌】 忘れ草 我が下紐に 付けたれど 醜の醜草 言にしありけり (巻四・727 大伴家持)
【口語訳】 忘れ草を 下着の紐に 付けてはみたが 阿呆のあほくさ 名ばかりでした
これは後に家持の正妻となる坂上大嬢に贈った歌。もう一首は、
【歌】 忘れ草 垣もしみみに 植ゑたれど 醜の醜草 なほ恋ひにけり (巻十二・3062)
【口語訳】 忘れ草を 垣までびっしり 植えてあるが 能なし草め やはり恋しいわ 

 蕾を付けているヒオウギ(あやめ科)を一株見つけました(今月中旬には開花)。
IMG_0155m.jpg

 紅のハスも咲いています。
IMG_0148m.jpg
Posted by katakago at 15:46
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml