CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2015年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) 悟史
アジサイ (06/16)
古代史シンポジウム「騎馬文化と前方後円墳の拡がり」 [2015年06月29日(Mon)]
IMGm.jpg

 昨日(6/28)、古代史シンポジウム(発見・検証 日本の古代)の第二回目が大阪(御堂会館)で開催され(主催:角川文化振興財団、共催:朝日新聞社)、聴講しました。
 今回のテーマは、「騎馬文化と前方後円墳の拡がり」でした。古代遺跡から出土した馬具に関しては、これまで、韓国では大成洞古墳博物館(金官加耶の遺跡出土品)や国立慶州博物館(新羅の馬具)で、国内では、橿原考古学研究所付属博物館(藤ノ木古墳出土馬具)で展示物を見る機会があり、このシンポジウムには興味がありました。
藤ノ木古墳関連記事は、
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/962

 プログラムは、基調講演2題、3つの基調報告と討論(うち2つは韓国の研究者による)および全体討論で、午前10時から午後5時までの長丁場でした。

 戦後間もなく(1948年)、江上波夫氏が「騎馬民族征服王朝説」を提起されましたが、今では過去の一学説となっています。ここでは、白石太一郎先生の基調講演と配布資料からメモを残しておきます。
・古墳時代前半期の倭国には馬の文化は認められず、後半期になって初めて成立
 (5世紀の王墓級の大型前方後円墳やその陪塚だけでなく各地の中小規模の古墳にまで広く馬具が副葬)
・馬匹生産のための大規模な牧も5世紀段階には営まれたとみられる(九州から関東地方に至る各地)
 (牧近接地に営まれたこの時期の小古墳に馬の犠牲土壙を伴うものが知られている)
・長野市大室古墳群などに百済に起源するとみられる合掌形石室を持つものが認められる
 (馬匹生産のために北信濃に定着させられた渡来人が営んだとみられる)
・4世紀末葉から5世紀にかけて馬の文化を伝えたのは百済やその影響下にあった加耶諸国であったとの見解
 それでは、なぜ百済が倭国に馬文化を伝えたのか?
・ 4世紀になって始まった東アジアにおける民族移動が契機
 中国北方や西方の遊牧騎馬民族が中国本土に大挙侵入
 前燕(五胡の一つ鮮卑が建国)による高句麗侵攻、高句麗の南下政策
 百済は武力で高句麗に対抗 → 360年代後半に百済は倭国と同盟
 倭国が半島に出兵して高句麗と戦うために、百済や加耶諸国から渡来人が倭国に送られ、馬具の生産技術や馬匹の生産方法を教えたとみられる
・この時期王権のリーダーシップを握るようになったのが大阪湾岸の和泉北部や南河内の勢力
 (この時期に大規模な古市・百舌鳥古墳群が営まれる)

なお、シンポジウムのまとめは、3回目(9/27、東京)が終わってから、朝日新聞社より報告されるとのことです。


Posted by katakago at 20:34
今週は二組の来園者がありました [2015年06月27日(Sat)]
 今週は25日と27日に来園者を迎えました。それぞれ妻がお世話になっている茶道の先生と、万葉講座の受講仲間です。

 【6月25日】
 真っ盛りのベニバナを前に
IMG_1668m.jpg

 この日はヤブカンゾウが咲き始めました。
IMG_6855m.jpg

 24日掲載のハスの翌日(25日)の様子
IMG_6853m.jpg

【6月27日】
 ビオトープ池の傍のキキョウを前に
IMG_1680m.jpg

 コオニユリも咲いています(来月中旬にはヤマユリの開花が見込まれます)
IMG_6861m.jpg
Posted by katakago at 15:01
ベニバナの花が真っ盛り [2015年06月24日(Wed)]
IMG_6841m.jpg

 大規模に栽培しているベニバナが一斉に開花しました。写真は4月上旬に播種したものですが、別の場所では時期をずらせて播いたものを栽培しており、来月にかけて花を楽しめるものと思われます。
 キキョウも見ごろを迎えました(後方はオミナエシ)。
IMG_6844m.jpg

 ビオトープ池では今日もハスが開花
IMG_6836m.jpg
Posted by katakago at 10:35
田原の里から柳生街道、春日野へ [2015年06月22日(Mon)]
IMG_1661m.jpg

 昨日は、「万葉の大和路を歩く会」の444回目が開催され参加しました。
 今回のコースは、近鉄奈良駅前からバスで田原・ヘリポート前へ(万葉歌碑)→ 春日天皇陵(志貴皇子墓)→ 峠の茶屋 → 春日奥山・柳生街道滝坂道(下り石畳道)→ 首切り地蔵 → 朝日観音 → 夕日観音 → 寝仏 → 春日野・ささやきの小道 → 飛火野

 田原・ヘリポート前の万葉歌碑(犬養孝先生揮毫)
IMG_1642m.jpg

【歌】 牟佐佐婢波 木末求跡 足日木乃 山能佐都尓 相尓来鴨 (志貴皇子 3−267)
【読み下し文】 むささびは 木末求むと あしひきの 山の猟夫に あひにけるかも
【口語訳】 むささびは 梢を極めようとして (あしひきの) 山の猟師に やられてしまった
 なお、この歌には寓意(高い地位を望んで身を滅ぼした人々のこと)が込められているとの説もあるようです

 春日天皇陵(志貴皇子墓)前で坂本先生から笠金村の挽歌の解説を聴く
IMG_1646m.jpg

 志貴皇子(天智天皇の皇子)は、光仁天皇の父にあたり、光仁天皇即位後、春日宮天皇と追尊された(宝亀元年,770)。光仁天皇の田原東陵に対し田原西陵と呼ばれる。
 題詞に、「霊亀元年九月に、志貴親王が亡くなった時に作った歌一首と短歌」とある笠朝臣金村歌集(金村の作とみられている)の長歌は、 
【歌】 梓弓 手に取り持ちて ますらをの さつ矢手挟み 立ち向かふ 高円山に 春野焼く 野火と見るまで 燃ゆる火を 何かと問へば 玉桙の 道来る人の 泣く涙 こさめに降れば 白たへの 衣ひづちて 立ち留まり 我に語らく なにしかも もとなとぶらふ 聞けば 音のみし泣かゆ 語れば 心そ痛き 天皇の 神の皇子の 出でましの 手火の光そ そこば照りたる
(A‐230)
 反歌は、
【歌】 高円の 野辺の秋萩 いたづらに 咲きか散るらむ 見る人なしに (A−231)
【歌】 三笠山 野辺行く道は こきだくも 繁く荒れたるか 久にあらなくに (A‐232)

 柳生街道滝坂道の磨崖仏(朝日観音)
IMG_1649m.jpg

 朝日に良く映えるので朝日観音の通称があるが、中央が弥勒菩薩で左右が地蔵菩薩で、文永二年(1265)の刻銘(写真は午後に撮影したもの)。柳生街道は四十数年前に訪れたことがありますが、峠の茶屋は今でも営業されていました(名物の草餅は完売)。
 雨に濡れた石畳みの坂道を、足元を気遣いながら下りました
IMG_1657m.jpg

 コースの最終地点(飛火野)に到着して
春日山(春日・御蓋・若草などの山々)を背に、坂本先生から春日野が詠まれた歌の解説を聴く
IMG_1665m.jpg

【歌】 春日野の 浅茅が上に 思ふどち 遊ぶ今日の日 忘らえめやも (I‐1880)

Posted by katakago at 16:50
ハスの花が咲きました [2015年06月20日(Sat)]
IMG_6815m.jpg

 10日前に蕾の写真を掲載していますが、今年初めてハスの花が咲きました(例年よりも早い開花)。これから来月にかけて順次花を楽しめそうです。

 こちらは大輪の花(重みでしなだれています)。
IMG_6816m.jpg

 ビオトープ池の周囲では、キキョウに続いてオミナエシも咲きだしました。
IMG_6831m.jpg
Posted by katakago at 10:11
スモモの実が色付きました [2015年06月17日(Wed)]
IMG_1588m.jpg

 万葉歌に詠まれている植物としてスモモも植えています(苗木を植えて7年ほど経つ)が、4株のうちの一つで今年はたくさんの実が生り色付き始めました。今のところ鳥による被害もなく、ここ数日毎朝収穫しています。小さな実ですがさっぱりした味を楽しめます。この分だと子ども達にも送ってやれそうです。

今朝の収穫
IMG_1597m.jpg
Posted by katakago at 14:57
五輪塔にお参り頂きました [2015年06月16日(Tue)]
IMG_1583m.jpg

 昨日(6/15)、原稿準備中の本『木田家にルーツを尋ねる―石碑の銘文に導かれて―』で、情報提供や所蔵品の掲載でお世話になっている方々に来ていただきました。万葉植物園をご案内するのが目的ですが、先ずは、この本の出発点となった五輪塔(木田氏中興塔)に案内しました。ここでは花を手向けてお参り下さいました。

 裏山ではちょうどヒメユリ・クルマユリ・ネムノキの花が咲いており、畑では、カワラナデシコ・ベニバナ・キキョウなどを見ていただけました。
IMG_1585m.jpg

 花菖蒲の花期は間もなく終わりで、これから7月にかけての来園者には、ハスやヤブカンゾウ(いずれも蕾が見られる)の花を楽しんでもらえそうです。
Posted by katakago at 22:34
サワヒヨドリ(万葉カレンダー今月の植物) [2015年06月14日(Sun)]
IMG_6749m.jpg

 写真は、植物ウイルス(ヒヨドリバナ葉脈黄化ウイルス)が感染したサワヒヨドリで、万葉人はこのような植物を見て、季節に先駆けて紅葉している(おめでたいこと)と見ていたようです。歌の解説は次のURLに載せています。
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/52

 この時期、裏山に自生しているオカトラノオが咲いています。
IMG_6745m.jpg

 ヒメユリに次いでクルマユリも花を咲かせています。
IMG_6759m.jpg
Posted by katakago at 15:38
ヒメユリが咲きました [2015年06月11日(Thu)]
IMG_6735m.jpg

 ヒメユリは、万葉歌には次の一首のみ詠まれています。
【歌】 夏の野の 繁みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は 苦しきものそ (大伴坂上郎女 G-1500)
歌の解説は次のURLに掲載
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/379

 畑に植えたテッポウユリも咲いています
IMG_6754m.jpg
Posted by katakago at 11:40
ビオトープ池ではハスの蕾が [2015年06月10日(Wed)]
IMG_6726m.jpg

 雨上がりのビオトープ池では、早くもハスの花茎が伸びてきていました。トンボの羽化も見られました。
IMG_6729m.jpg

 畑では、キキョウが咲き始め、今年は染色用に大規模に栽培しているベニバナも数株で開花が見られました。
 咲き始めたキキョウ
IMG_6733m.jpg

 ベニバナ
IMG_6732m.jpg


Posted by katakago at 11:14
| 次へ
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml