CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) 悟史
アジサイ (06/16)
オミナエシの花盛り [2013年07月31日(Wed)]
IMG_1847m.jpg
 
 オミナエシは万葉歌には14首詠まれており、山上憶良の秋の七種(ななくさ)の歌にも詠まれていますが、この時期畑の一角で一面に花を咲かせています。
IMG_1850m.jpg

 これまでに紹介した万葉歌は下記のURLをご覧ください。
【歌】 手に取れば 袖さへにほふ をみなへし この白露に 散らまく惜しも (I-2115)
【歌】 をみなへし 佐紀沢の辺の ま葛原 いつかも繰りて 我が衣に着む (F-1346)
            ↓
URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/99

【歌】 我が里に 今咲く花の をみなへし 堪へぬ心に なほ恋ひにけり (I-2279)
            ↓
URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/151

【歌】 をみなへし 佐紀沢に生ふる 花かつみ かつても知らぬ 恋をするかも (C-675)
            ↓
URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/388

【歌】 高円の 宮の裾廻の 野づかさに 今咲けるらむ をみなへしはも (S-4316)
            ↓
URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/418





Posted by katakago at 14:02
シンポジウム「万葉の七夕歌」 [2013年07月28日(Sun)]
IMGm.jpg

IMG_4270m.jpg 

 大阪府立大学では、これまでシリーズ「万葉の道を歩く」の講演会が開催されており何度か聴講してきました。今回は、「万葉の七夕歌」をテーマにシンポジウムが企画され参加しました(7/27、於 大阪府立大学 I-site なんば)。

 各講演のなかから、いくつかメモとして以下に記しておきます。
 牽牛星と織女星が年に一度7月7日の夜に天上の河で逢うという中国古来の伝説が日本にも伝えられ、それを題材にした漢詩や和歌が作られ『懐風藻』や『万葉集』に載せられています。
 牽牛・織女の伝説を詠んだ中国の漢詩(庾信『玉台新詠』巻八「七夕」ほか)や日本の漢詩(『懐風藻』)では、織女が乗り物(仙車や鳳駕)に乗って牽牛に逢いに来るのに対し、ほとんどの万葉歌では、牽牛が天の川を船に乗って織女の元を訪ねると詠まれています。これは当時の妻問い婚の風習が反映されているものとみられています。

 万葉集の七夕歌は132首(短歌127首、長歌5首)で、作者が限られています(柿本人麻呂・山上憶良・湯原王・市原王・大伴家持など)。特に巻十の秋の雑歌には、七夕98首が載せられています。うち柿本人麻呂歌集から38首で、その末尾の歌に詠まれた年代(庚辰年で天武9年に当たる)が記されています(年代の分かる一番早い七夕歌)。
 これらの七夕歌は、牽牛・織女への感情移入の著しいものから、天上の恋を地上から第三者の立場で歌うものが多くなる傾向があるようです。

 
 七夕詩宴が史書にあらわれるのは『続日本紀』天平6年条(聖武天皇)で、「秋七月丙寅(七日)、天皇、相撲の戯を観す。是の夕、南苑に徒り御しまして、文人に命せて、七夕の詩を賦せしめたまふ。禄賜ふこと差有り。」とあります。なお、『日本書紀』持統天皇五年条の7月7日に「公卿に宴したまふ。仍りて朝服賜ふ」とあるのも、初期の七夕の宴の記録とみられています。


Posted by katakago at 11:50
公開講座「邪馬台国は出雲勢力の立てたクニ」 [2013年07月27日(Sat)]
IMGm.jpg

(写真は、岩波新書のカバーと朝日カルチャーの広告記事より)
 『出雲と大和 ー 古代国家の原像をたずねて』(岩波新書)の著者である村井康彦氏(国際日本文化センター名誉教授)の公開講座があり参加しました(7/26、朝日カルチャー芦屋教室)。演題は「邪馬台国は出雲勢力の立てたクニである」で、従来の古代史研究とは異なる観点から話されました。

 これまで、「万葉」から始まって古代史に興味が広がり、『古事記』・『日本書紀』や「魏志倭人伝」の講座も聴講し、纒向遺跡や吉野ヶ里遺跡も訪れて来ました。その中でいくつかの関心事がありました。
@邪馬台国はどこにあったか(畿内説、九州説)
A邪馬台国と大和朝廷との関係(連続説、非連続説)
B『記・紀』に邪馬台国や卑弥呼がなぜ登場しないのか

 今回の講演は、これらの点に答える内容で大変興味深く聴かせていただきました。
 邪馬台国についての根本史料である「魏志倭人伝」をあらためて読み解き、これまで見落とされていた個所に注目されました。
 次にその要点を載せておきます。

 邪馬台国の場所について、村井氏の見解は畿内説(最近注目されている纒向遺跡ではなく唐古・鍵遺跡を想定)で、「不弥国から水行20日(出雲)、水行10日(丹後)・陸行1ケ月で邪馬台国に至る」とある水行は、日本海ルートを想定されています。

 「魏志倭人伝」に記される邪馬台国の「四つの官」について新たな考えを出されています。伊支馬(イコマ)・弥馬升(ミマス)・弥馬獲支(ミマキ)・奴佳鞮(ナカト)は、それぞれの官が管領していた領域と推測され(順に生駒山ほか奈良西北部、奈良西南部の葛城一帯、三輪山の麓、奈良盆地中央部)、中央部を囲む三区域には、北に物部氏、西南に鴨氏、東に大神氏の豪族がおりこれらはいずれも出雲系の氏族であることから、邪馬台国は出雲系氏族連合によって擁立された王朝であると考えられています。

 邪馬台国と大和朝廷の関係については、非連続説を採られています。その理由は、『記・紀』に邪馬台国や卑弥呼の名は一度も登場しないことに拠る(卑弥呼が大和朝廷の祖先であれば皇統譜に載せられるはず)。ただし、「倭の女王」として神功皇后紀に「魏志倭人伝」の卑弥呼にかかわる記述が引用されている個所がある(『日本書紀』の編纂者は「魏志倭人伝」により邪馬台国とその女王卑弥呼の存在を知った上で、あえてその名を出していない)。

 『記・紀』には、神武天皇東征説話が載せられていますが、その大和侵攻の状況が、邪馬台国の「四つの官」体制に対応している(大和朝廷に逆らった賊がいた場所はこの「四官」の位置と一致する)ことから、この神武東征説話は十分に検討に値するとの考えでした。

 

Posted by katakago at 05:16
花菖蒲の株分け [2013年07月26日(Fri)]
IMG_4267m.jpg

 6月中花を楽しませてくれた花菖蒲の株分けと植え付け作業を行いました。いっきに行うのは大変で何回かに分けて実施します(何分この時期作業が出来るのは早朝か夕方の限られた時間となりますので)。植え付け後の水管理が大切ですが、蓮池から水を流せるので適宜行えます。

IMG_4266m.jpg



Posted by katakago at 16:21
水田で餌を漁るアオサギ [2013年07月23日(Tue)]
IMG_1807m.jpg

 隣の水田で餌を漁るアオサギを見かけました。冬場には蓮池でよく見かけたのですが、この時期にも餌を求めてやってくるようです。近くの猪名川から飛んで来たものと思われます。
IMG_1826m.jpg

Posted by katakago at 22:03
北海道の孫を訪ねて [2013年07月22日(Mon)]
 今月の植物園見学会も終え、先週の金曜日から北海道の孫の所に出かけていました(3泊4日で)。日々の農作業から一時解放されて、涼しい函館の地で娘の家族と半年ぶりに一緒に過ごしました。今回は函館市内の観光地を娘の主人が運転する車で案内してもらいました。

 一日目は夕方に到着したので、函館山からの夜景を楽しみました。
IMG_4196m.jpg

 函館山からの眺望(2011年にミシュランの三つ星に認定、左は函館港、右は津軽海峡)
IMG_4199m.jpg

【2日目】
 トラピスチヌ修道院(1898年創立、写真左は聖マリア像)
IMG_4209m.jpg

 本館前で記念写真
IMG_4213m.jpg

 五稜郭展望タワーで記念写真
IMG_4225m.jpg

IMG_4227m.jpg

【3日目】
 函館市旧イギリス領事館で
IMG_4248m.jpg

 ハリストス正教会(ロシア・ビザンチン様式のレンガ造りの建物)
IMG_4260m.jpg

 金森赤レンガ倉庫群
IMG_4264m.jpg

 

 




Posted by katakago at 20:54
9月の植物園見学会のお知らせ [2013年07月19日(Fri)]
IMG_0002m.jpg

 9月の中旬に秋の植物園見学会を計画しました。9月18日(水)と9月20日(金)の二日間です(集合は現地に10時)。御都合のよい日に来ていただければと思っています(雨天決行)。秋の万葉植物を見ていただくのと種子(ヒオウギ他)の採取も考えています。


Posted by katakago at 04:54
7月の植物園見学会 [2013年07月18日(Thu)]
 昨日から二日間、植物園の見学会を開催しました。ハスの開花時期に合わせ、同時にヤマユリやヤブカンゾウ・キキョウ・オミナエシ・ヒオウギ・ハマユウなど多くの草花も楽しんでもらえるようにと、暑い時期ですがこの日に設定しました。二日間で21名の方がみえられました(昨日は16名、今日は5名)。一番良い時期に来ていただけて良かったです。
 配布資料は、植物園のパンフレットとこの時期の万葉植物と歌の解説(A4カラー4枚)を用意しました(写真は1枚目)。
 IMGm.jpg

 裏山ではヤマユリが咲いているのを見ていただけました(写真は7/17)。
IMG_4175m.jpg

 自治会館2階から見たビオトープ池周辺の様子(7/18)。この場所では多種類の草花を楽しんでいただけました。
IMG_4182m.jpg

 畑での散策(7/18)。下草はあらかじめ刈っておきました。
IMG_4184m.jpg

 散策の後、自治会館に戻って畑で収穫したスイカを味わっていただきました(少しずつでしたが)。
IMG_4177m.jpg

Posted by katakago at 15:50
チョウの交尾 [2013年07月17日(Wed)]
 今日の午前中は植物園の見学会(1日目)で、16名の方に来ていただきました。明日も予定していますのでその様子は併せて明日の記事で報告します。

 植物の栽培管理をしていますと春から夏にかけていろんな昆虫に出会えます。これまでもチョウや羽化直後のトンボの写真を掲載してきましたが、ここでは交尾するチョウの写真を紹介します(いずれもこの一月ほどの間に撮影)。
 カラスアゲハ(裏山のモチツツジの枝で、7/16撮影)
IMG_1776m.jpg

 ナミアゲハ(果樹園の柑橘の枝で、7/3撮影)
IMG_4167m.jpg

 モンシロチョウ(ベニバナで、6/24撮影)
IMG_1446m.jpg



Posted by katakago at 15:16
今朝の蓮池の様子 [2013年07月16日(Tue)]
IMG_1761m.jpg

 蓮池では伸びてきた花芽が次々と花を咲かせています。

花の拡大写真も次に載せておきます。
IMG_1757m.jpg

IMG_1759m.jpg

 明日から2日間(7/17,18)、植物園の見学会を開催します。
先月はあいにくの天候でしたが、今回は雨に降られずに済みそうです。
お知らせの記事は次のURLをご覧ください。
       ↓
  http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/645

Posted by katakago at 09:48
| 次へ
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml