CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) 悟史
アジサイ (06/16)
桜三種 [2013年03月31日(Sun)]
 サクラの花も咲き始めました。

 ヤマザクラの園芸種(仙台屋、高知市内の仙台屋の庭にあったサクラを牧野富太郎博士が命名)
昨年よりも10日ほど早い開花です。
IMG_3547m.jpg

 しだれ桜(8年ほど前に裏山に苗木を植えたもので、八重の桜)
IMG_3559m.jpg

 品種名は不明ですが、白い花を咲かせています。
IMG_3555m.jpg

 なお、裏山に自生しているヤマザクラの開花は4月中ごろと思われます。




Posted by katakago at 13:03
ヒトリシズカ [2013年03月30日(Sat)]
IMG_3733m.jpg
 裏山の植物園ではヒトリシズカ(せんりょう科)の花が咲き始めました。昨年より10日ほど早い開花です。万葉歌で、つぎね(原文は次嶺と表記)として詠まれているものをヒトリシズカ・フタリシズカとする説があります。『和名抄』に及己(豆木禰久佐)とあり、この「つきねくさ」をヒトリシズカ・フタリシズカの古名と考える説ですが、一方で原文の用字に即して植物とはみないで、「次々と嶺を越えて行く」と解する説もあります。
 なお、フタリシズカの開花は5月中旬の予定です。

 万葉歌と解説は一昨年のフタリシズカの記事に載せています。
                  ↓
 URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/30



Posted by katakago at 14:03
春の野の草花 [2013年03月29日(Fri)]
 万葉歌には詠まれていませんが、植物園と果樹園で見かけた春の草花の写真を掲載します。
 アマナ(ゆり科)  植物園の入り口で撮影(畦道でも見かけます)
IMG_3735m.jpg

 アミガサユリ(ゆり科) 別名バイモは漢名「貝母」の音読み   裏山で撮影
IMG_3734m.jpg

 ネコノメソウ(ゆきのした科) 裏山で撮影 
IMG_3518m.jpg

 ツクシ(土筆) スギナ(とくさ科)の胞子茎  果樹園で撮影
IMG_3726m.jpg
Posted by katakago at 19:32
花菖蒲の栽培 [2013年03月28日(Thu)]
 花菖蒲は万葉歌に詠まれている植物ではありませんが、蓮池に隣接させて栽培しています。写真のように新芽が出て来ました。草取りの手間を省くため今年から周囲に防草シートを敷いています。
IMG_3493m.jpg

 通販で注文していた花菖蒲の苗(20ポット)が届きました。畝を増やして植える予定です。
IMG_3496m.jpg


Posted by katakago at 10:08
現地講座ー早春の万葉植物 [2013年03月27日(Wed)]
IMGm.jpg
朝日カルチャーセンター芦屋教室で企画していただいた万葉植物園を訪ねる現地講座を開催しました。昨年の春(4月)、夏(7月)、秋(10月)に続き4回目で今回が最終回です。天気予報では雨の予報が出ていましたが、園内見学の間は時折小雨がぱらつく程度で傘もさすことなく見てもらえました。4回とも参加の方や京都からの方も含め今日の来園者は19名でした。
 この日程を設定した昨年暮れの時点で開花が期待される草木を案内チラシにあげておきましたが、ヤブツバキ・ミツマタ・アセビ・シキミ・カタクリに加えて、ヒトリシズカ・オキナグサ・スモモの花も見ていただけました。これから咲く植物については、いつものように自治会館でスライドで紹介しました。また今回は、「万葉の恋歌と植物」についても取り上げてみました。配布資料には植物が詠まれた恋の歌をブログの解説記事も含め載せておきましたが、これをきっかけに万葉に興味を持っていただければ幸いです。
IMG_3487m.jpg
Posted by katakago at 21:19
ミツマタの花 [2013年03月26日(Tue)]
IMG_3475m.jpg

 先に(3/4の記事)、ブータン大輪ミツマタの写真を載せましたが、少し遅れて今は普通種も咲いています(写真後方のピンク色は花桃)。

 次の歌で、さきくさ(原文は三枝と表記)と詠まれている植物をミツマタとする説があります。
【原文】 春去 先三枝 幸命在 後相 莫恋吾妹 (柿本人麻呂歌集 I-1895)
【読み下し文】 春されば まづ三枝の 幸くあらば 後にも逢はむ な恋ひそ我妹
 
 歌の解説は昨年の記事に載せています。
        ↓
 URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/daily/201203/22





Posted by katakago at 09:45
アセビ(馬酔木)の花 [2013年03月25日(Mon)]
IMG_3450m.jpg

 アセビ(つつじ科)の花が咲いています。万葉歌には、あしびとして10首詠まれています。
巻二十には、中臣清麻呂(式部大輔)の家で宴が催された時に、あしびが詠まれた次の三首があります。
【歌】 鴛鴦の棲む 君がこの山斎 今日見れば あしびの花も 咲きにけるかも (三形王 4511)
【口語訳】 おしどりのすむ お宅のこの庭園は 今日見ると あしびの花も 咲いていますね
【歌】 池水に 影さへ見えて 咲きにほふ あしびの花を 袖に扱入れな (大伴家持 4512)
【口語訳】 池水に 映った影までも 美しく咲いている あしびの花を 袖にしごき入れよう
【歌】 磯影の 見ゆる池水 照るまでに 咲けるあしびの 散らまく惜しも (甘南備伊香 4513)
【口語訳】 磯影の 映っている池水も 照るほどに 咲いているあしびの 散るのは惜しい
 題詞には、山斎(しま)を属目して作る歌三首とあり、山斎は林泉・園地で当時の貴族の邸内には大規模な庭園を築造したものがあったようです。『新潮日本古典集成 萬葉集』の解説によれば、一首目では庭園の風情を賞することで主人を讃え、二首目では前歌のあしびの花に焦点をあてて、庭園の見事な風情を強調し、三首目では散るばかりのあしびの美しさをいとおしみつつ結びとした、とあります。

昨年のあしびの記事には他の歌を載せています。
     ↓
  URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/daily/201203/29

Posted by katakago at 11:46
シダレヤナギ [2013年03月24日(Sun)]
IMG_3442m.jpg

 池の傍では、春の日差しを浴びてシダレヤナギの花穂が風に揺れています。
万葉歌には、巻十の春の相聞に次のような歌が詠まれています。
【原文】 春去 為垂柳 十緒 妹心 乗在鴨 (柿本朝臣人麻呂歌集 I‐1896)
【読み下し文】 春されば しだり柳の とををにも 妹は心に 乗りにけるかも 
【口語訳】 春になると、若葉の萌え出たしだれ柳の枝がしなうように、私の心もしなうほどに、あの娘のことが、いっぱいに心を占めてしまったよ。(『萬葉集全歌講義』より)
 「春されば しだり柳の」は三句の「とををに」にかかる序詞(比喩でかかっている)。なおこの歌は、人麻呂歌集歌では原文表記で助詞が省略された略体歌です。

 昨年のシダレヤナギの記事には別の歌を載せています。
      ↓
 URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/daily/201204/02
Posted by katakago at 13:50
オキナグサが咲きました [2013年03月23日(Sat)]
IMG_3435m.jpg

オキナグサの蕾(3/18の写真)が開きました。巻十四の東歌に、ねつこぐさ(原文は根都古具佐と表記)として詠まれている植物をオキナグサにあてる説があります。
【歌】 芝付きの 御宇良崎なる ねつこ草 相見ずあらば 我恋ひめやも (M-3508)

  歌の解説は昨年の記事を参照ください。
     ↓
  URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/299?1354684310


Posted by katakago at 15:25
スモモも咲き始めました [2013年03月22日(Fri)]
IMG_3429m.jpg

 スモモの花も咲き始めました。昨年よりも早い開花で、今年はウメやモモ・アンズと一緒に楽しめます。
 万葉歌には一首のみ詠まれています。大伴家持が越中で桃の花の歌(3/12の記事)と二首並べて詠んだものです。
【歌】 我が苑の 李の花か 庭に散る はだれのいまだ 残りたるかも (R-4140)
 歌の解説については、昨年の記事に載せています。
       ↓
 URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/daily/201204/11

Posted by katakago at 10:10
| 次へ
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml