CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) 悟史
アジサイ (06/16)
万葉古代学公開シンポジウム(歌木簡) [2012年09月29日(Sat)]
 午後から明日香村の奈良県立万葉文化館で公開シンポジウムがあり出かけて来ました。
 テーマは、「声から文字へ − 木簡に記された詩歌と古代東アジアの詩歌の場 − 」で、4人の研究者が発表されました(それぞれの演題は下記のチラシを参照)。

IMG(utamokkann)m.jpg

 シンポジウムに先立ち、和田萃先生による「安騎野の”かぎろひ”」と題する基調講演が行われました。とり上げられた歌は、東の 野にかぎろひの 立つ見えて かへりみすれば 月西渡(かたぶ)きぬ(@-48)で、題詞には、軽皇子の安騎野に宿りましし時、柿本朝臣人麻呂の作れる歌とあり、長歌と反歌4首からなる歌群の三首目の反歌です。軽皇子の安騎野の旅宿りは、この一連の歌から、即位を前にして亡くなった父草壁皇子(日並皇子)の追悼慰霊にあったとみられています。ところでこの”かぎろひ”は、晴天の冷え込んだ夜が明ける前、東の空が赤く染まる現象(オーロラのように)とされ、東京天文台によってこの歌が詠まれた時期が持統6年(692)11月17日午前5時50分ごろと算出されているそうです。これに基づき毎年「”かぎろひ”を見る会」が大宇陀かぎろひの丘で開催されているそうです。和田先生によると、はっきりと見えたのは40回ほどのうち2回ほどだったそうです(地元の方によると2月頃の方がよく見えるとのこと)。

 近年、万葉歌が書かれたとみられる木簡が発見され(石神遺跡、宮町遺跡、馬場南遺跡出土の3点)、これまでも関連シンポジウムが開催されています。京都府木津川市馬場南遺跡出土(2008年8月)の歌木簡に関するシンポジウムには出席し、昨年8/20の記事の中でもふれています。
 今回の研究報告は、万葉古代学研究所の委託共同研究(『万葉集』と歌木簡ー東アジアにおける詩歌の場と記録メディアの展開ー)の成果発表です。
 興味深かったのは、秋田城遺跡出土の『文選』木簡と呼ばれているものです。『文選』巻十九に収められる「洛神賦」の一部が書かれたものです。当時の軍事的拠点であった秋田城から、極めて高尚な中国の文学作品を書写した木簡が出て来た理由については、次のような考えが示されました。当時の日本海側は、中国・朝鮮半島・渤海国といった文化の進んだ国々との玄関口で、出羽国は、対蝦夷の最前線であると同時に、海外交渉の窓口の一つでもあり、そのため当時の東アジアの共通言語である中国語に堪能な人材も派遣されていたとみられています。外国使節が漂着することもあったようです。『続日本紀』巻三十九延暦5年(789)9月甲辰条に、海難に遭った渤海国の大使が出羽国の海岸に漂着したと記されています(国際日本文化研究センター・多田伊織氏の報告より)。

 明日香路はヒガンバナが真っ赤に咲いていました。写真はシンポジウムが始まる前に橘寺方向に向かって撮影したものです(後方右が橘寺)。

IMG_1344m.jpg
Posted by katakago at 22:46
妻の水墨画(山百合) [2012年09月28日(Fri)]
IMG_1330m.jpg

 妻は朝日カルチャーセンター川西教室でボタニカル(植物画)と水墨画を習っていますが、今回、水墨画の講師(林芳辰さん)が主宰される「芳辰会」の合同水墨画展に出品しました(作品は「山百合」)。昨年の「蓮」(記事は10/3)に続き二回目です。
 午前中にカルチャーセンター(中之島)で、毛利正守先生の「古事記にみる出雲神話〜大国主神と歌の物語」を受講した後、水墨画展に立ち寄って来ました。植物を題材にしたものは少なく(他にはコスモス、蓮、ヒマワリ)、ほとんどは風景画でした。講師の作品をはじめ、これまでに大きな賞(文部科学大臣賞)を受賞されている方の作品もあり、墨一色で表現される独特の世界(墨線だけではなく墨を面的に使用し、暈しで濃淡・明暗を表すなど)を味わってきました。
 10/3まで、エルおおさか(大阪府立労働センター)で開催されています。
IMG_1334m.jpg
Posted by katakago at 17:10
畦道に咲くヒガンバナ [2012年09月27日(Thu)]
IMG_1300m.jpg

IMG_1311m.jpg

 9/17の記事では、果樹園わきの畦道でヒガンバナの花茎が伸び始めたと報告しましたが、今開花の真っ盛りです。
 万葉歌に、いちし(原文は壱師と表記)と詠まれている植物をヒガンバナとみる説があり、昨年9/18の記事に歌の解説と共に、牧野富太郎博士の考え(「いちしろく」は、「灼然」と表記されており燃えるがごとくの意で、目覚めるばかりの花と解釈すると赤いヒガンバナが相応しい)を紹介しています。ここでは、歌を原文と共に再録しておきます。
【歌】 道の辺の いちしの花の いちしろく 人皆知りぬ 我が恋妻は (J-2480)
【原文】 路辺 壱師花 灼然(いちしろく) 人皆知 我恋孋
【口語訳】 道のほとりの いちしの花のように はっきりと 人々は知ってしまった 私の恋しく思っている妻のことを (『萬葉集全歌講義』より)
Posted by katakago at 15:21
ムラサキ(紫草)の種 [2012年09月26日(Wed)]
IMG_1260m.jpg

 秋になりこれまで花を楽しませてくれた草花が種を付けています。写真はムラサキ(紫草)の種です。
 花の写真と万葉歌は、昨年6/11と今年5/3の記事に載せています。

 来月の現地見学会(案内記事は8/23)では、草花の種の採取も予定しています。ムラサキの他ヒオウギ(ぬばたま)・カワラナデシコ・キキョウ・オミナエシ・ハマユウ・古代米・コナギ等の種が得られるものと思われます。これら以外に、ベニバナとハスは既に採種しています。
Posted by katakago at 09:20
ノカンゾウの花 [2012年09月25日(Tue)]
IMG_1285m.jpg

 ノカンゾウ(ゆり科)の花が咲きだしました。昨年秋に2株購入して植えていたうち、1株は蕾が落ちてしまい、もう一株が花を咲かせました。
 万葉歌で、わすれぐさ(原文は萱草と表記)と詠まれている植物は、先に紹介しているヤブカンゾウ(6/29の記事)やこのノカンゾウと考えられています(いずれもゆり科のワスレグサ属)。万葉歌には4首詠まれており、昨年6/30の記事(B-334、C-727)、今年6/29の記事(K-3062)に掲載しています。先に紹介しているように、当時、漢籍(『文選』の「養生論」)に基づき、わすれぐさを身に付けると憂苦を忘れるという俗信があり、わすれぐさが詠まれた4首中3首が、恋の苦しさから逃れるための具として詠まれています。

 次も真剣な辛い恋をしている歌です。
【歌】 忘れ草 我が紐に付く 時となく 思ひ渡れば 生けりともなし (K-3060)
【口語訳】 忘れ草を わたしの紐に付ける 絶え間なく 思い続けていると 人心地もない

IMG_1290m.jpg
Posted by katakago at 09:14
稔りの秋(古代米) [2012年09月24日(Mon)]
IMG_1094m.jpg

 ミニ水田で育てている古代米(紅吉兆)の稲穂が垂れてきました。6/10に苗を移植したもので、9/5にはイネの花が見られました。

 昨年8/29の記事にイネが詠まれた万葉歌(東歌M-3459)を掲載していますので、ここでは別の歌(巻十の風を詠む)を紹介します。
【歌】 恋ひつつも 稲葉かき別け 家居れば 乏しくもあらず 秋の夕風 (I-2230)
【口語訳】 家を思いながら 稲葉をかき分けて 小屋にいると しきりに吹いている 秋の夕風が
 当時は、稲刈りの前後、一時的に自家を離れて持ち田の周辺に小屋を造り、ここで暮しながら農作業に従事したようです。C-723歌の題詞には、「大伴坂上郎女が跡見(とみ)の庄から家で留守番をしている娘の大嬢に下さった歌一首」とあり、農繁期には貴族であっても農作業の監督に荘園に出かけていたようです。
 『萬葉集全歌講義』には、「周囲が一面の稲田で、収穫直前の成熟し切った稲は、吹く風を受けて、穂も葉もざわざわと動き、その稲田の上を渡ってくる夕風は、都を吹く風とはひと味異なる感興を覚えさせたであろう」とあります。

 2枚目の写真はお隣の田んぼの稲の様子です。畦道にはヒガンバナが咲きだしました。
IMG_1255m.jpg

Posted by katakago at 15:16
西国街道から「いましろ大王の杜」を巡る [2012年09月23日(Sun)]
 大阪モノレールハイキング ー 西国街道から「いましろ大王の杜」を巡る ー に参加してきました。朝方まで雨が降っており開催が危ぶまれましたが、電話で確認したところ実施するとのことで、集合場所(豊川駅)に到着の頃には幸い雨も上がっていました。このところ天気には恵まれています。
 今日のコースは、モノレール豊川駅 → 椿の本陣 → 太田茶臼山古墳 → 闘鶏野(つげの)神社 → ハニワ工場公園 → 上の池公園 → 今城塚古墳(今城塚古代歴史館)までの約10kmです。受付でコースの地図をもらってそれぞれのペースで歩きました(今日の参加者は196名だったそうです)。なお、今城塚古墳は昨年5/28にも訪れ記事にしています。 

 郡山宿本陣跡(正門脇に五色の椿の大樹があったことから椿の本陣と呼ばれた)
IMG_1179m.jpg
 京都と西宮を結ぶ西国街道沿いには、かつて山崎・芥川・郡山・瀬川・昆陽の五つの宿駅があり、郡山本陣は、その中央にあって重要な役割を果たしたそうです。現在の建物は享保6年(1721)に再建され、国の史跡に指定されています。宿帳からは、摂津・備前・備中・美作・讃岐などの大名が宿泊したことが分かっています。

 太田茶臼山古墳(宮内庁により継体天皇陵に指定、継体天皇三島藍野陵)
IMG_1196m.jpg
 IMG_1189m.jpg
 ただし、この古墳は墳丘の形状や、円筒埴輪の年代測定から5世紀の中頃に築造されたものと考えられており、『日本書紀』に記された継体天皇の没年(西暦531年)よりも一世紀ほど古いものとみられています。
 考古学界では、今回最後に訪れた今城塚古墳(6世紀築造)が継体天皇陵であると考えられています。

 ハニワ工場公園(18号ハニワ窯)
IMG_1208m.jpg
 継体天皇陵と考えられている、史跡今城塚古墳の埴輪を焼いた窯の一つとされています。全国には300以上のハニワ窯が見つかっているなかで、大王の古墳の埴輪を焼いたことが分かっているのは唯一こことされています。

 今城塚古墳(手前に復元された埴輪祭祀場)
IMG_1234m.jpg
 ここは、大王墓で唯一墳丘内に立ち入ることができるところです(宮内庁の陵墓指定を受けていないため)。
 埴輪祭祀場では、復元埴輪で古代王権の儀礼の場が再現されています。
IMG_1219m.jpg

 隣接の今城塚古代歴史館には、出土した形象埴輪(高床の家・門・巫女・武人・水鳥・鶏・雄牛等)が展示されています(撮影はOKでした)。
IMG_1239m.jpg

 後円部の発掘調査で、3種類の石棺材の破片が見つかっており(3基の家型石棺が存在した可能性)、それらは熊本の阿蘇ピンク石(馬門石)、兵庫の竜山石、二上山白石(いずれも凝灰岩)です。阿蘇ピンク石は海路を850km以上も運ばれて来た。
IMG_1245m.jpg
Posted by katakago at 17:18
ススキの穂(初尾花) [2012年09月22日(Sat)]
IMG_1152m.jpg

 ススキ(いね科)の穂が出てきました。万葉歌には、すすき(原文は須為寸・為酢寸などと表記)または、をばな(尾花)として詠まれています(昨年10/16の記事参照)。先に紹介した秋の七種(ななくさ)の一つです(8/22の記事)。

 ここでは、巻十の歌を紹介します。
【歌】 さ雄鹿の 入野のすすき 初尾花 いつしか妹が 手を枕かむ (I-2277)
【口語訳】 (さ雄鹿の) 入野のすすきの 初尾花(はつおばな)のように初々しい娘(こ) いつになったらあの娘(こ)の 手を枕にすることだろう
 「さ雄鹿の」は、鹿が野を分け入る、の意でかけた「入野」の枕詞で、「初尾花」は穂が出たばかりの尾花で、初々しい女性の姿のたとえとして用いられています。三句までが初々しい女性の比喩的序詞となっています。『萬葉集全歌講義』には、うら若いおとめとの結婚を早くと待ち望んでいる男の歌、とあります。


IMG_1160m.jpg
Posted by katakago at 09:41
黒川ダリア園 [2012年09月21日(Fri)]
IMG_1149m.jpg

 秋晴れの天気に誘われ、買い物のついでに市内にある「黒川ダリア園」に出かけてきました。ここ川西市黒川は「にほんの里100選」にも選ばれた自然豊かな土地で、園内には380品種1300株のダリアが植えられており、さまざまな形状、色とりどりの花が見頃を迎えていました。
 山形県川西町から、友好親善の一環として贈られたダリア279球から育成され、平成16年にこの地に開設されたそうです。


IMG_1146m.jpg
Posted by katakago at 17:06
来園者(お茶を楽しむ会) [2012年09月20日(Thu)]
IMG_1124m.jpg

 今朝は9月になって二組目のグループをお迎えしました。お茶を楽しむ”はごろも会”の16名の皆さんです。晴天に恵まれ気温も少し下がってきており、植物園の散策にはちょうどよかったです。
 いつものように自治会館でパワーポイントを用いて「万葉歌と植物」について説明を行いましたが、これを機に万葉歌に詠まれた植物に興味を持っていただければ幸いです。
 裏山では藪蚊を気にしながら急ぎ足で一巡した後、畑の分園に移動して「秋の七種(ななくさ)」をはじめ、ケイトウ・ハマユウ・アサザや開花し始めたナンバンギセル(2枚目の写真)も見ていただけました。ヒオウギの種やナツメの果実にも興味を示されていました(ナツメはリンゴのような味がします)。ここで採取された種によってヒオウギが他の場所でも殖えてゆくのは嬉しいことです。
 ナンバンギセル(万葉歌では思草)の写真は9/11に掲載していますが、今朝は次の写真のように花が開き始めていました。
【歌】 道の辺の 尾花が下の 思ひ草 今更々に 何をか思はむ (I-2270)
【口語訳】 道端の 尾花の陰の 思い草のように いまさら 何を思い迷いましょうか
『萬葉集全歌講義』には、迷わずに自分の恋を貫こうとする決意を詠んだ歌とあります(女の立場での歌)。
IMG_1135m.jpg
 
 カワラナデシコは夏に花が咲き終わった後、茎を切り戻していた株で再び花を咲かせています。花に寄ってきたツマグロヒョウモンを見かけました。
IMG_1126m.jpg
Posted by katakago at 15:11
| 次へ
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml