CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) 悟史
アジサイ (06/16)
真夏のヒマワリ畑で [2012年07月31日(Tue)]
IMG_0109(IXY)m.JPG
 今年のヒマワリは種を一度に播いたわけではなく、昨年のこぼれ種が発芽してきたもので、生育も不揃いでですが、花は順次咲いてくれるので長い間楽しめます。
 次の写真は早くに開花したもので、もう種が出来ています。鳥が来て種を食べているようです。

IMG_3463(EOS)m.jpg

 なお、『ラジオ深夜便誕生日の花と短歌365日』では、ヒマワリは7月25日の花とされ、花言葉は「あなたはすばらしい・崇拝」となっています。
Posted by katakago at 09:09
流しソーメン用の竹の切り出し [2012年07月30日(Mon)]
 今夏も「夏休み子供お楽しみ会」が地元のシルバーアローズ(長寿会)の企画で実施されます(自治会共催)。昨年好評であった「流しソーメン」を今年も実施することになり、今日はメンバーの方により、裏山の竹の切り出し作業が行われました。8/5(日)当日は、流しソーメンのほか、ミニボーリング・水鉄砲射的遊び・ストロー笛つくりなどが計画されています。
IMG_0053m.jpg

 裏山では蝉が盛んに鳴いています(写真はケヤキにとまったアブラゼミ)。
IMG_0052m.jpg

 この時期雑草の生育は旺盛で、2反ほどの畑と周囲の畔の草の管理は大変です。そろそろ又畔の草刈りもと気にはなっていますが、この暑さでは日中の農作業はとても行えません。日が昇るまでの早朝か、夕方日が落ちてからでないと動けません。
Posted by katakago at 11:25
「大出雲展」と関連シンポジウム(ヤマト王権と出雲) [2012年07月29日(Sun)]
 京都国立博物館では、昨日より、「大出雲展」(古事記1300年、出雲大社大遷宮記念の特別展覧会)が開催されています。今日の午後には、関連のシンポジウムが国立京都国際会館で開催され、その参加に先立ち午前中は展覧会を見学しました。
IMG_0036m.jpg

 出品物では、『古事記』、『日本書紀』、『出雲国風土記』の古写本や、本居宣長の『古事記伝』などの史書類と共に、出土点数では他に類を見ない神庭荒神谷遺跡出土(1984年)の銅剣(358本中の42本)・加茂岩倉遺跡出土(1996年)の銅鐸(39個中の14個)も見ごたえがありました。また、2000年の発掘調査で出雲大社遺構から出土した、杉の大材三本を合わせて一つの柱にした宇豆柱(うづばしら)も展示されていました。

 午後のシンポジウムでは、上田正昭先生による「出雲古代史の魅力」と題する基調講演に続き、パネルディスカッション「ヤマト王権と出雲 ー検証・神々の国ー」が行われました。

IMG_0037m.jpg
 『古事記』や『日本書紀』に掲載される大国主神の「国譲り神話」では、国譲りとの交換に巨大神殿の造営を求める件があります。『古事記』には、「此の蘆原中国は、命の随に既に献らむ。唯に僕が住所のみは、天つ神御子の天津日継知らすとだる天の御巣の如くして、底津石根に宮柱ふとしり、高天原に氷木たかしりて、治め賜はば、僕は、百足らず八十くま手に隠りて侍らむ」と記されています。その巨大神殿(出雲大社)の大きさについては、970年に書かれた『口遊(くちずさみ)』に、「雲太 和二 京三(出雲大社が一番で、二番目が大和の大仏殿、三番目が平安京の大極殿)」とあり、高さ15丈の大仏殿よりも大きかったたようです(パネリストの一人辰巳和弘先生)。
 次の図面は、往時の出雲大社本殿の平面図とされる「金輪御造営差図」(「大出雲展」図録より)で、巨木三本を一組とする直径一丈(約3m)の柱が描かれ、従来は信憑性が疑われていましたが、2000年に出雲大社境内から図面通りの巨木三本を一組にした柱が出土(今回展示)したことより再評価されるようになりました。またこの図面には「国御沙汰」とあり、造営遷宮が国家としての事業であったようです。
IMG_0003(NP)m.TIF

 次の写真は今回展示の宇豆柱(「大出雲展」図録より)。
理化学的手法による年代測定と造替の記録などから鎌倉時代(1248年)遷宮の本殿の柱材とみられています。

IMG_0004(NP)m.TIF
Posted by katakago at 22:20
ベニバナの種を採取 [2012年07月28日(Sat)]
IMG_0028m.jpg

 ベニバナは7月初旬にほぼ花も終わり採種の時期です(一部咲いている株も見られますが)。来年の春に播種するため、鋭い棘に注意しながら種を集めました。

 次の写真は、採種前の畑の様子です。この状態で放置していると鳥が来てつついて種を食べるので、早めに作業を行いました。

IMG_0013m.jpg
Posted by katakago at 10:34
蓮池で [2012年07月27日(Fri)]
IMG_0108(IXY)m.JPG

 蓮池では6月下旬に花が咲きだし、今も新しい花芽が出てきています。この様子だと8月に入ってからも花が楽しめそうです。最初の頃に咲いたものは写真のような状態(花托)になっています。古名の”はちす”は、実の入った花托がハチの巣に似ていることに由来するようです。

 ハスの茎で交尾中のシオカラトンボを見かけました。

IMG_0132(IXY)m.JPG
Posted by katakago at 08:04
今年最後のヤマユリ [2012年07月26日(Thu)]
IMG_0106(IXY)m.JPG

 ヤマユリは5か所に分散して植えていますが、その最後の一株が草むらの中でひっそりと咲いていました。

 畑に植えた黄鹿の子百合は、7/15に写真を掲載していますが、裏山に植えたものは10日ほど遅れて咲きました。

IMG_3450(EOS)m.jpg
Posted by katakago at 20:35
ナツフジ [2012年07月25日(Wed)]
IMG_0095(IXY)m.JPG
 
 裏山の垣根に絡まってナツフジ(まめ科)が花を咲かせていました。昨年8/12の記事にも掲載していますが、次の万葉歌に詠まれた「時じき藤」(原文は非時藤と表記)をナツフジとみる説があります(『万葉植物事典』)。

【歌】 吾屋前之 非時藤之 目頬布 今毛見壮鹿 妹之咲容乎 (大伴家持 G-1627)
    我がやどの 時じき藤の めづらしく 今も見てしか 妹が笑まひを
【口語訳】 家の庭の 時ならぬ藤のように めずらしく 今も見たいものです あなたの笑顔を

 なお、この歌の解説は他の説(季節外れに咲いた藤)も含め、昨年8/12の記事に載せています。
Posted by katakago at 10:13
アワの穂 [2012年07月24日(Tue)]
IMG_0084(IXY)m.JPG

 アワ(いね科)の穂が出始めました。万葉歌には5首詠まれており、うち2首は昨年8/8(O-3834)と8/22(B-404)に掲載しています。ここでは巻十四の東歌(相模国の歌)を載せておきます。
【歌】 足柄の 箱根の山に 粟蒔きて 実とはなれるを あはなくも怪し (M-3364)
【口語訳】 足柄の 箱根の山に 粟を蒔いて もう実となったのに あわないとは変だわ
 『新編日本古典文学全集 萬葉集』の解説には、アハナクは、ア(逢)ハズのク語法で、粟は実ったのにアハナク(粟がない=逢わない)とは変だ、という言語遊戯の歌、とあります。
Posted by katakago at 21:50
色とりどりの夏の草花 [2012年07月23日(Mon)]
IMG_0057(IXY)m.JPG

 畑に植えた草花の様子です。写真は、県道川西ー篠山線を挟んで向かい側(矢問自治会館脇)から撮影したものです。この時期、色とりどりの草花が咲いています(オミナエシ・キキョウ・ヤブカンゾウ・ヒオウギ・ミソハギ・ハス・ハマユウ・ヒマワリなど)。オミナエシは株数も増え、その黄色は遠くから見ても目立っています。

 次の2枚は蓮池を含む全景(ヒマワリは昨年のこぼれ種が発芽したもの)

IMG_0048(IXY)m.JPG

IMG_0049(IXY)m.JPG


Posted by katakago at 07:45
ハマユウの花咲く [2012年07月22日(Sun)]
IMG_0015(IXY)m.jpg

 ハマユウ(ひがんばな科)が今年初めて咲きました(昨年に比べ10日ほど早い)。7/14に花茎の写真を掲載した株です。次の写真は、別の場所に植えているもので続いて開花しました。ハマユウは、三か所に分散して植えており、これから順次花を咲かせるものと思われます。
IMG_0041(IXY)m.JPG

 万葉歌には一首のみ詠まれており、昨年8/3の記事に解説と共に掲載していますが、ここでも載せておきます。
【歌】 み熊野の 浦の浜木綿 百重なす 心は思へど 直に逢はぬかも (柿本人麻呂 C-496)
【口語訳】 み熊野の 浦の浜木綿のように 百重にも 心では思っているが 直には逢えないものだね
Posted by katakago at 10:09
| 次へ
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml