CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) 悟史
アジサイ (06/16)
平成29年度 瀬戸内海文化を考える会 [2017年09月20日(Wed)]
 台風通過直後の18日から2日間、今年の「瀬戸内海文化を考える会」が開催されました。
 前日から台風の影響が気がかりでしたが、夜中に通り過ぎ交通機関への影響は気になったもののひとまずホッとしました。ただし、2日間留守にするため畑や裏山(民家のそばの立ち木)の様子が心配で、4時半頃まだ暗い中、懐中電灯を手に見回りに出掛けました。ざっと見まわったところ、レモンの木が倒れていたので支柱を立てて応急処置を行いました。この他これから収穫時期を迎える中生の栗(銀寄)のイガが青いまま落ちてしまっているのではないかも気になりましたが、暗くてよく分かりませんでした(帰ってから見てみると落ちてはいたものの思ったよりは軽微で一安心)。

 当日は岡山に8:30集合で、山陽新幹線の運行が心配でした。ジパング倶楽部で利用できる列車は限られるのですが、幸い予定どおり到着できました。集合場所では、この5月に植物園に来ていただいた大村先生はじめ呉市からの方々にも再会できました。
 今回のテーマは「古代瀬戸内海の旅と万葉歌」で、文化フォーラムとバス・クルーズ船による万葉ツアー(熟田津への旅)が行われました。

 <1日目>
岡山駅→「狭岑の島」(坂出市沙弥島)→「久米官衙遺跡」(松山市来住町)→道後温泉ホテル椿館 文化フォーラム(講演会)、湯神社・伊佐爾波神社参拝、懇親会

 台風一過の明石海峡大橋(沙弥島で)
IMG_6100m.jpg

 沙弥島の柿本人麻呂碑で
IMG_6099m.jpg

 なお、「狭岑の島」関連記事は次のURLに載せています。
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1172


 久米官衙遺跡(松山市来住(きし)町)で柴田昌児先生(愛媛大学准教授)による解説
IMG_6104m.jpg

 久米官衙遺跡群の説明パネル(松山市教育委員会)より
IMG_6105m.jpg

 この回廊状遺構は7世紀後半に造られた大規模な区画施設で、このころの地方官衙(役所)で造られる例はほとんどなく、斉明天皇が筑紫に向かった際に立ち寄った石湯行宮(いわゆのかりみや)と関連付ける説もあるとのことです。
 久米官衙遺跡から出土した回廊状遺構の説明パネル
IMG_6109m.jpg

 一日目午後の文化フォーラム(於 道後温泉 ホテル椿館本館)は、お二人の先生による講演会で、柴田昌児先生(愛媛大学准教授)が「古代瀬戸内海の会場活動と準構造船」と題して、坂本信幸先生(高岡市万葉歴史館館長でこの会の代表)が「山部赤人の伊予の温泉の歌」と題して講演されました。 
 柴田先生による講演の様子
IMG_6111m.jpg

 瀬戸内海地域の前期古墳は海上から見える場所に造られている(神戸の五色塚古墳など)との話は、同じく神戸の東求女(もとめ)塚古墳、処女(おとめ)塚古墳、西求女塚古墳と合わせて興味深いものでした。この三基の古墳は、海岸沿いにほぼ等間隔に築かれ、海に前方部を向けた中央の処女塚古墳に対し、東西の求女塚古墳はそれぞれ前方部を処女塚古墳に向けている(廣川晶輝著『死してなお求める恋心―「菟原娘子伝説」をめぐって―』より)。海上で船から見た光景を基に「葦屋(あしのや)の菟原娘子(うないおとめ)伝説」が生まれ、高橋虫麻呂、田辺福麻呂、大伴家持らが歌に詠んでいます。
 講演では、弥生時代後期から中世にかけての丸木舟とそれに舷側を付けた準構造船の話がありましたが、坂本先生から、万葉歌に「棚なし小舟」や、「船棚打ちて」などと詠まれている例があることを紹介されました。
【歌】 いづくにか 船伯てすらむ 安礼(あれ)の崎 漕ぎたみ行きし 棚なし小舟 (巻一・58 高市連黒人)
【歌】 奈呉の海人の 釣する船は 今こそば 船棚打ちて あへて漕ぎ出め (巻十七・3956 秦忌寸八千島) 
 船棚は船の舷側の横板で、「船棚打つ」は豊漁を願った呪術か(坂本先生)。

 坂本先生による講演の様子
IMG_6113m.jpg
 
 とりあげられた歌は、題詞に「山部宿祢赤人、伊予の温泉(ゆ)に至りて作る歌一首并せて短歌」とある次の歌です。
【長歌】 天皇の 神の命の 敷きいます 国のことごと 湯はしも さはにあれども 島山の 宜しき国と こごしかも 伊予の高嶺の 射狭庭(いざには)の 岡に立たして 歌思ひ 辞(こと)思ほしし み湯の上の 木群を見れば 臣の木も 生ひ継ぎにけり 鳴く鳥の 声も変はらず 遠き代に 神さび行かむ 行幸所(いでましどころ) (巻三・322)
【反歌】 ももしきの 大宮人の 熟田津に 船乗りしけむ 年の知らなく (巻三・323) 
 作者山部赤人の出自から始まり、解釈の定まってはいない「伊予の高嶺」についてや、赤人が想起し偲んだ故事についてなど解説されました。

 フォーラムが終わって夕食までの時間を利用して、近くの湯神社と伊佐爾波(いさにわ)神社に参拝しました(写真は神社に向かう階段)。
IMG_6118m.jpg

 懇親会の会場で挨拶される坂本先生
IMG_6120m.jpg

 <2日目>
ホテル出発(8:00)→愛媛県護国神社(額田王の万葉歌碑)→軽太子(かるのおおみこ)・軽大郎女(かるのおおいらつめ)をまつる「軽之神社」(松山市姫原)→「久枝神社」藤原純友の駒立岩および「額田王の万葉歌碑」(松山市古三津)→三津埠頭より乗船→御手洗島散策→大三島「大山祇神社」参拝→三原港

  額田王の熟田津(にきたつ)の万葉歌碑
 熟田津の所在についてはいくつかの説がある中で、その一つの御幸寺(みきじ)山麓付近に比定する説に基づき、近くの護国神社境内(松山市御幸)に歌碑が建立されている。 
IMG_6132m.jpg

 古三津(ふるみつ)・三津浜説に基づき、久枝神社境内(松山市古三津)に建立された歌碑
IMG_6147m.jpg

【歌】 熟田津尓 船乗世武登 月待者 潮毛可奈比沼 今者許芸乞菜 (巻一・8)
【読み下し文】 熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな
【口語訳】 熟田津で 船出をしようとして 月の出を待っていると 潮も幸い満ちて来た さあ漕ぎ出そうよ
 「潮もかなひぬ」は、この辺りは潮流が変化する所で午後11時ごろに転流し、西海への航行に都合のよい潮の流れになったとする説がある(坂本先生の講演で)。 
 なお、左注には、『類聚歌林』を引用し、「斉明天皇七年(661)正月6日、天皇の船は海路筑紫に向かって出発した。船は伊予の熟田津の石湯(いわゆ)の離宮に泊った。天皇は夫君舒明天皇と来られた時の風物が昔のまま残っているのをご覧になって、すぐ懐かしく思われた。そこで歌を作られ悲しみの気持ちを表された」とあり、この歌の作者を斉明天皇とする説もある。  
 久枝神社に奉納された熟田津船出の絵 
IMG_6149m.jpg

 古事記歌謡(84,87)の歌碑 
 『古事記』允恭天皇条では、軽太子と軽大郎女の恋物語は、太子の穴穂皇子(後の安康天皇)との皇位争いの敗北の裏側にあったものとして語られる(『新編日本古典文学全集 古事記』の頭注より)。物語では、軽太子が同母妹との密通発覚で捕らえられ伊予の湯(道後温泉)に流される。離れ離れになった軽大郎女は太子の後を追って伊予の国に行くが、最後はそこで一緒に死んでしまう。この歌碑に採られた軽太子の歌は、
【歌】 天飛ぶ 鳥も使そ 鶴が音の 聞えむ時は 我が名問はさね (84)
【口語訳】 空飛ぶ鳥も言通わす使いなのだ。鶴の声が聞こえる時は、私の名を言って私のことをお尋ねください
軽大郎女の歌は、
【歌】 君が往き 日長くなりぬ 造木(やまたづ)の 迎へを行かむ 待つには待たじ (87)
【口語訳】 あなたがお出かけになってずいぶん日がたちました。(造木の) お迎えに参りましょう。これ以上待ちません。
 軽之神社(松山市姫原)奥にある歌碑 
IMG_6139m.jpg

 歌碑の前で坂本先生の解説を聴く
IMG_6141m.jpg

 なお、『万葉集』には、磐姫皇后の歌として、次の歌が載せられています。
【歌】 君が行き 日長くなりぬ 山尋ね 迎へか行かむ 待ちにか待たむ (巻二・85)
【口語訳】 君の行幸は 久しくなりました 山を尋ねて お迎えに参りましょうか ひたすら待ちましょうか


 松山を離れる前に、道後温泉にもふれておきます。
 道後温泉本館
朝食前(午前6時ごろ)に訪れましたが、早くも入浴客が見られました。
IMG_6128m.jpg

 道後温泉本館にある湯釜銘に関する資料(道後温泉本館にて入手) 
IMG_6173m.jpg

 松山には平成7年(1995)に休暇を利用して日帰りで訪れたことがあります(退職するまでは横須賀に住んでいました)。その時、市内にある万葉歌碑を捜し歩き、道後温泉本館の湯にも浸かったことがあります。
 当時の搭乗券半券と道後温泉入浴券
IMGm.jpg

 道後温泉本館 神の湯男 東側浴槽湯釜の絵ハガキ(当時購入したものが残っていました)
昨日坂本先生の講演で取り上げられた、山部赤人の伊予の温泉の歌(巻三・322、323)がこの湯釜に刻載されています(当時入浴時に見ることが出来ました)。
IMG_0003m.jpg


 11時ごろチャーター船で三津埠頭を出発、御手洗島に立ち寄り昼食と散策の後、大三島の大山祇神社へ向かいました。
IMG_6151m.jpg

 大三島の宮浦港へ到着
IMG_6160m.jpg

 大山祇(おおやまづみ)神社
参拝した後、国宝館・海事博物館を観覧しました。
IMG_6165m.jpg

 拝殿
IMG_6167m.jpg

 御朱印
IMG_0001m.jpg

Posted by katakago at 21:42
フジバカマが咲き始めました [2017年09月17日(Sun)]
IMG_0517m.jpg

 台風が近づいていますが、今朝は雨が一時止んでいました。
 フジバカマ(きく科)が花を咲かせ始めました。例年より早いようです。今も花を咲かせているオミナエシ・カワラナデシコ・キキョウ・ハギ・クズと合わせると、秋の七種(くさ)のうち6つが揃ったことになります(ススキの穂は未だのようです)。
 山上臣憶良の秋野の花を詠む歌二首歌を載せておきます。
【歌】 秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数ふれば 七種(くさ)の花 (巻八・1537)
【歌】 萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また藤袴 朝顔が花 (巻八・1538)

 畦道ではヒガンバナの数も増え目立つようになりました。
IMG_0525m.jpg

 ハマユウの一株が今も花を咲かせています。
IMG_0526m.jpg

 裏山では、サネカズラ(まつぶさ科)が実をつけていました(晩秋には赤く色づく)。
IMG_0508m.jpg
Posted by katakago at 08:10
進学EXPO 2017 in Kansai [2017年09月16日(Sat)]
 今日は梅田まで出かけたついでに、梅田スカイビルで開催されていた「進学EXPO 2017 in Kansai」を覘いてきました。朝日新聞社メディアビジネス局主催で、高校生・受験生・保護者のための進学相談会と銘打って、このところ毎日のように新聞広告に出ていました。
 離れて住む高校生の孫娘のために役立つ資料があればと出かけたのですが、ビルのエレベーターと10F会場入り口で並ぶほどの盛況で、会場内には大学毎の相談ブースが設けられており、順番待ちの長い行列ができた大学もありました。今回はとりあえずパンフレットコーナーに並べられた各大学の入学案内の中からいくつか冊子を貰って帰りました。
 会場内の案内図と配布された資料の一部
IMG_6088m.jpg

 会場となった梅田スカイビル(このビルへは今回初めて出かけました)
IMG_6081m.jpg

Posted by katakago at 16:20
矢問八幡宮の放生会 [2017年09月15日(Fri)]
IMG_6069m.jpg

 毎年9月15日は地元八幡宮で放生会(ほうじょうえ)の神事が執り行われます。6年前は宮総代として神事の準備から始まって、多田神社からの神官の送迎、神事の後の直会までを担当しましたが、今年は地元生産組合長として参拝しました。
 放生会はもともとは仏教の殺生戒に基づく宗教儀式で、神道にも取り入れられ各地の八幡宮でもこの神事が行われているようです。収穫祭・感謝祭の意味も込められており、農作物の豊かな稔りを祈念しました。
 この週末からの台風接近が気がかりですが。



Posted by katakago at 20:25
クズの花 [2017年09月14日(Thu)]
IMG_0501m.jpg

 クズは万葉歌にも詠まれており、以前は裏山に植えていましたが、蔓がはびこり管理に困って今は園内には植えていません。畑脇を流れる矢問川の堤にクズの葉が茂っているのを見つけ、近寄ってみると花が咲いていました。
 万葉歌には18首詠まれています。そのうち大伴坂上郎女の次の歌を載せておきます。
【歌】 夏葛の 絶えぬ使ひの よどめれば 事しもあるごと 思ひつるかも (巻四・649)
【口語訳】(夏葛の)絶えなかったお使いが 途絶えたので 何かあったのかと 思っていました
 使者の来ない不安を詠んだ歌。「夏葛の」は「絶えぬ」にかかる枕詞。夏は葛が茂り、その蔓は特に丈夫で切れないので、「絶えない」意の「絶えぬ」にかけた(『萬葉集全歌講義』より)

 ノカンゾウの花に寄って来た雌雄のモンキアゲハ(右が♂)
IMG_0494m.jpg

 ミヤギノハギ(宮城野萩)に続きシラハギも咲いています。
IMG_0489m.jpg

 オミナエシのそばでアスカノハギ(飛鳥野萩)が咲いています。
IMG_0491m.jpg


Posted by katakago at 14:15
ヤマナシの実が生っています [2017年09月10日(Sun)]
IMG_0432m.jpg

 四月の初めに木いっぱいに白い花を咲かせたヤマナシが小さな実をつけています。万葉歌にも詠まれており、その一首を載せておきます。
【歌】 もみち葉の にほひは繁し 然れども 妻梨の木を 手折りかざさむ (巻十・2188)
【口語訳】 もみじ葉の 彩はとりどりだ でもやはり 妻なしの木を 折って髪に挿そう
『新編日本古典文学全集 萬葉集』の頭注によれば、妻梨の木のツマは、「君松の木」(1041)、「夫松の木」(1795)などのキミ待つ・ツマ待つと同じく、妻無シの名を持つ梨の木、の意で関した掛詞、とあります。
 なお、花の写真は次のURLに載せています。
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1226

 以下この時期に咲いている草花を載せておきます。
アカネ(あかね科)の花
IMG_0462m.jpg

万葉歌では、全て「あかねさす」、「あかねさし」で、枕詞として昼・日・紫・君などに掛かる。(例) あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る (巻一・20 額田王)

ヘクソカズラ(あかね科)の花
IMG_0457m.jpg

 ヘクソカズラは、巻十六の高宮王の数種の物を詠む歌に出てきます。
【歌】 p莢に 延ひおほとれる 屎葛 絶ゆることなく 宮仕へせむ (3855)
【口語訳】 さいかちに 這い広がった 屎かずらのように 絶えることなく 宮仕えしよう

 裏山ではヤブラン(ゆり科)の花が咲いています。
IMG_0480m.jpg

 畦道ではヒガンバナの花茎が伸びてきました。
IMG_0467m.jpg
Posted by katakago at 10:53
ハギが咲き始めました [2017年09月06日(Wed)]
IMG_0443m.jpg

 九月になって大分過ごしやすくなりました。秋の七種(くさ)のうち、ハギの花も咲き始めました。この時期、ハギに加えて、オミナエシ・カワラナデシコ・キキョウも同時に見ることが出来ます。
 オミナエシとハギの花 
IMG_0440m.jpg

 カワラナデシコがひっそりと花を咲かせていました。
IMG_0446m.jpg

 キキョウも咲いています。
IMG_0444m.jpg

 ノカンゾウは一月近く次々と花を咲かせています。
IMG_0433m.jpg

 花が終わったヒオウギは、刮ハがはじけて中から黒い球形の種子が見える株もあります。
IMG_0424m.jpg

Posted by katakago at 15:55
大橋さんの拓本展 [2017年09月03日(Sun)]
IMG_6038m.jpg

 三年前に大仙寺の木田院碑の採拓でお世話になった京都の大橋さんが、「墨彩で観る拓本展 III」をギャラリー祇園小舎で開催されており、昨日妻と京都まで出かけてきました(写真は大橋さんご夫妻)。
 今回は、石の他、木・鋳造物(鉄・青銅器)・瓦の素材から採られた拓本が展示されていました。万葉歌碑・文人墨客の詩歌・日本各地の石碑や鋳造物(マンホールなども)・中国旅行で採拓されたもの等、ご夫妻による詳しい説明を聴きながら観覧することが出来ました。
 おまけに、作品まで頂き大変ありがたく思っています。 

 万葉歌碑の拓本(会場に展示)
IMG_6037m.jpg

【歌】 古の 七の賢しき 人たちも 欲りせしものは 酒にしあるらし (巻三・340 大伴旅人)
【口語訳】 古の 竹林の七賢人も 欲しがったものは 酒であったらしい

 石川丈山(1583〜1672)の「富士山」の七言絶句の拓本(今回頂いたものです)
IMG_6062m.jpg

訓読は、
 仙客来遊す雲外の巓(いただき)。神龍栖(す)み老ゆ洞中の淵。雪は紈素(がんそ)の如く煙は柄の如し。白扇倒(さかさま)に懸(かか)る東海の天。
現代語訳は、
 雲の上に突き出した富士山の巓には、仙人が来て遊ぶという。洞窟の中の淵には久しく神龍が棲んでいるという。頂に積もった雪は扇の白絹のようであり、立ち上る煙は扇の柄のようだ。ちょうど白い扇をひっくり返して東海の天にかけたような、そんな景色に見えるのだ。

 大津市のマンホールの拓本(今回頂いたものです)
IMG_6060m.jpg

 大仙寺の木田院碑の採拓の記事は、
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/836


 拓本展の後時間があったので、妙心寺を訪れました(妻は今回が初めてです)。
七堂伽藍のうち、法堂(はっとう)天井の雲龍図(狩野探幽筆)や浴室(明智光秀の菩提を弔うために創建され、明智風呂とも呼ばれる)を見学しました。
 妙心寺境内には四十余りの子院塔頭があり、今回は退蔵院を拝観しました。ここには如拙筆の日本最古(室町時代)の水墨画「瓢鮎図(ひょうねんず)」(国宝)があり、方丈正面には摸本とその説明パネルが置かれていました。画図は農夫が瓢箪で「なまず」をどうして捕らえるか?という禅の公案(問題)で、画の上に五山の高僧31人による答えが自書されています。
 なお実物は、昨年京博で開催された、臨済禅師1150年,白隠禅師250年遠諱記念「禅ー心をかたちに―」展に出品され見る機会がありました。
 退蔵院方丈正面
IMG_6053m.jpg

 瓢鮎図(摸本)の一部
IMG_6056m.jpg

 境内の瓢箪池
IMG_6049m.jpg

 池で見かけたサギ
IMG_6048m.jpg

Posted by katakago at 12:35
乾燥なつめが出来上がりました [2017年08月31日(Thu)]
IMG_0403m.jpg

 天日干しを一週間ほど続けたところ、写真のように赤茶色に変化しました。これを蒸し器で20分ほど蒸した後、再び天日干しを行い乾燥なつめが出来上がりました(1s程)。二度目に収穫した実も引き続き天日干しを行っています。
 蒸し器で蒸し始めたところ(撮影のため蓋を外しています)
IMG_0406m.jpg

 乾燥なつめのレシピはネットで検索するとたくさん得られます。そのうち簡単に出来そうな、なつめ茶・生姜なつめジャム・なつめのワイン煮・サツマイモとの煮物を作ってみました。

 生姜なつめジャムは、乾燥なつめを一晩水に浸漬し、柔らかくなったなつめから種をとりだし、果実を細かく刻んで用います。すりおろした生姜と蜂蜜、レモン汁を加えて鍋で煮込みます。参考にした情報によると材料の割合は、「なつめ10粒に対し、水150t、生姜大匙1.5、蜂蜜大匙2、レモン汁少々」となっていました。
 焦がさないように木べらでかき混ぜながら弱火で煮詰めました。
 IMG_6032m.jpg

 出来上がった4品の写真  
 IMG_6036m.jpg


 ナツメの実を収穫した時の記事は、
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1284

Posted by katakago at 15:45
太陽光発電ようやく運転開始 [2017年08月29日(Tue)]
IMG_0413m.jpg

 今春、屋根と外壁塗装工事に合わせて太陽光発電設備を設置しました(写真の東面のほか、南、西の三面にパネルを設置)。工事は4月中旬に終了していましたが、経産省資源エネルギー庁による設備審査に予想外の時間を要し、設備認定の連絡を受けたのが先月下旬で、先週末に関西電力のメーター交換が行われ、昨日、ようやく運転開始となりました。
 当初は、工事終了後遅くても一月くらいで運転を開始できるものと思っていましたが、この四月から審査が厳しくなったようです。電子申請のため、この間何度かメールでの指示により、「再生可能エネルギー電子申請」のマイページにログインして確認・承認という面倒な操作を強いられました。どうして審査にこんなに時間がかかるのか、施工業者に尋ねても納得のいく返事は聞けません。再生可能エネルギーに対する国の政策変更(「固定価格買い取り制度(FIT)」を見直す改正法の4月施行)と関連があるのかもしれません。

 運転開始後のパネル(12時24分)
左から発電、消費、売電の数値が表示されます(単位はkw)
IMG_0412m.jpg
Posted by katakago at 08:32
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml