CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
井手至先生を囲んで [2012年12月26日(Wed)]
 万葉集はカルチャーセンター等で複数の講座を受講していますが、昨日(25日)は、井手至先生(NHKカルチャー梅田)の今年最後の講座がありました。
 先生は今年の秋に大阪市市民表彰(文化功労部門)を受けられ、受講生有志でささやかなお祝いをさせていただきましたが、先生のご提案もあり講座終了後に茶話会が開かれました。クリスマスの日でもあり場所の確保が心配されましたが、カルチャーセンターに近接の、新装なった阪急うめだ本店内の「シャンデリアテーブル」を予約でき、先生を囲んでお茶とケーキで和やかなひと時を過ごしました。

 先生は愛媛県の出身で、京大に進まれて澤瀉久孝先生のもとで万葉集の研究をはじめられ、卒業後は大阪市立大学で上代語や万葉研究で独自の世界を開かれました(論文集に『遊文録 1〜6』、現在大阪市立大学名誉教授)。2008年には、『新校注萬葉集』を刊行されています(毛利正守先生との共著)。この最新の万葉集のテキストでは、上代語に認められる特殊仮名遣の甲類と乙類の仮名が区別して書かれています。

 この席では、普段の講座では話されなかった学生時代のエピソードも聞かせていただきました。松山高校時代に、地元愛媛の熟田津(にきたつ)が詠まれた額田王の歌で万葉に興味をもたれたこと、大学時代は当初俳句の研究に関心を持たれたものの、担当教授が亡くなられたため、友人の伊藤博・佐竹昭広両氏らと共に澤瀉先生のもとで万葉集を学ばれたこと、恩師の自宅にも出入りして研究手法にも身近に触れられたことなど大変興味深いものでした。特に、澤瀉先生は歌毎にハガキ大のカードを作成され、それにはこれまでの注釈書の要点が毛筆で書き込まれていたそうです(現在では、『万葉集』のデータベースも作成されており随分便利にはなっていますが)。 
IMG_2460m.jpg

追記(12/27)
 「萬葉学会の草創期を振り返る」と題する記事が、『萬葉語文研究 第7集』(2011年9月30日刊)に掲載されています(編集委員による井手至先生へのインタビューとして)。
Posted by katakago at 21:34
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml