CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ミツマタの花 [2012年03月22日(Thu)]
IMG_0830m.jpg

 ミツマタ(じんちょうげ科)の花が咲き始めました。万葉歌で、さきくさ(原文は三枝と表記)と詠まれている植物をミツマタ(枝が三叉状)とする説があります(『増訂萬葉植物新考』、『萬葉集釈注』など)。
【歌】春されば まづ三枝の 幸くあらば 後にも逢はむ な恋ひそ我妹 (I-1895)
【口語訳】春になると まず咲く三枝(さきくさ)のように 幸(さき)く − 無事でさえあったら あとでも逢えよう そう恋しがるなよおまえ
 この歌は、左注によれば柿本朝臣人麻呂歌集から採られており、春の相聞の部に載せられています。上二句の「春さればまづ三枝(さきくさ)の」は、第三句「幸(さき)くあらば」を起こす序詞で、『萬葉集全歌講義』では、次のように解説されています。「三枝(サキクサ)」のサキに、動詞「咲く」の連用形「咲き」が掛けられ、さらに「三枝(サキクサ)」のサキが同音の反復で第三句の「幸(サキ)く」に掛けられています。 
Posted by katakago at 19:47
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml