CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
フタリシズカ [2011年05月21日(Sat)]

 万葉歌に詠まれている、つぎね(原文では次嶺と表記)が、せんりょう科のヒトリシズカ、フタリシズカとする説があります(『和名抄』に、及己(豆木禰久佐)とある)。ヒトリシズカは、先月花が咲き終わっていますので、ここではフタリシズカの写真を掲載しました。「つぎね」は、次の一首のみ詠まれています。
【歌】 つぎねふ 山背道を 他夫の 馬より行くに 己夫し 徒歩より行けば 見るごとに 音のみし泣かゆ そこ思ふに 心し痛し たらちねの 母が形見と 我が持てる まそみ鏡に 蜻蛉領巾 負ひ並め持ちて 馬買へ我が背 (L-3314)
【口語訳】 (つぎねふ) 山城道を よそのご主人は 馬で行くのに 私の夫は 歩いて行くので 見るたびに 泣けてきます それを思うと 心が痛みます (たらちねの) 母の形見に わたしが持っている ます鏡に 蜻蛉領巾を 合わせて負い持って行き 馬をお買いなさいあなた
 これは、問答歌の長歌(妻の歌)で、ある本の反歌(夫の歌)に、次の歌があります。
 馬買はば 妹徒歩ならむ よしゑやし 石は踏むとも 我は二人行かむ (L-3317)
 馬を買ったら お前が歩くことになるだろう えいままよ 石は踏んでも 二人で行こうよ
夫婦がお互いの思いやりの心を詠んだ1300年前のこれらの歌を、かって結婚式の祝辞で紹介したことがあります。
 なお、山背道にかかる枕詞としてのつぎねふ(次嶺経)は、植物名ではなくていくつもの嶺を越えて行く意味で、山背道にかかるとする説もあります。
 
Posted by katakago at 13:16
ノイバラ [2011年05月21日(Sat)]

 ノイバラは万葉歌では、うまら(原文は、宇万良と表記)として、次の一首のみ詠まれています。
【歌】 道の辺の 茨の末に 延ほ豆の からまる君を はかれか行かむ (上丁丈部鳥 S-4352)
【口語訳】 道ばたの 茨の先に 這いまつわる豆の蔓のように まつわりつくあなたと 別れて行くことか
 上総国の防人歌13首のうちの一首で出発時の歌。この歌の解釈で、第4句の「君」をどう解するかでいくつかの説があります。女性に用いたと解するもの(新編日本古典文学全集『万葉集』)、万葉集中「君」は男性や主君をさすのが例で、防人歌にも妻をさして「君」とした例はないとの指摘(『萬葉集釈注』)もあり、「自分でなければ夜も日も明けないというようになついている主家の若君などをさす」との説(『奈良時代の国語』)が出されています。
 なお、「延ほ豆」については、野生種で食用にならないフジマメ、ヤブマメとする説があるようです。
 
Posted by katakago at 12:45
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml