CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) 悟史
アジサイ (06/16)
クルミの花 [2017年05月08日(Mon)]
IMG_9838m.jpg

 3年前に苗を植えたオニグルミ(くるみ科)が初めて花を咲かせました。雌花穂は新枝の先に直立しています。種子は食用となり秋の収穫が楽しみです。


 花が終わったポポーは小さな実をつけています。
IMG_9846m.jpg
Posted by katakago at 13:12
ビワの袋掛け [2017年05月01日(Mon)]
IMG_9824m.jpg

 果樹園に植えているビワの木(苗木を植えて8年目)が、今年はたくさん実をつけています。そこで、遅ればせながら(本来3月下旬に行うべきところですが)袋掛けを行いました。
 40袋を掛けました。
IMG_9822m.jpg

 サクランボ(暖地桜桃)が色付き始めました。今月中旬には収穫できる見込みですが、防鳥ネットをかぶせないとヒヨドリに食べられてしまいます。
IMG_9820m.jpg

 アンズの実が生っています(苗木を植えて3年目)。
IMG_9815m.jpg

 ポポーの花
夏に果実を収穫できます(6株植えており昨年はたくさん採れました)。
IMG_9814m.jpg

Posted by katakago at 13:45
柑橘いろいろ [2016年11月26日(Sat)]
IMG_5022m.jpg

 柑橘類は2ヶ所で栽培していますが、温州ミカン(宮川早生)の収穫は終わり、せとか、デコポン(不知火)、津之輝、八朔、甘夏などが黄色く色づいてきました(写真は第二果樹園で、右手前がせとか、左後方がデコポン)。
 試しに、せとか・津之輝・デコポンを味見してみましたが、まだ収穫するには早かったようです。いずれも1月下旬から2月頃まで待ったほうがよさそうです。

 写真左から順に、デコポン、津之輝、せとか
IMG_5024m.jpg
Posted by katakago at 10:37
西条柿が色付く [2016年10月20日(Thu)]
IMG_9067m.jpg
 今年は、苗木を植えて5年目の西条柿(渋柿)がたくさん実を生らせています。干し柿用にと植えているもので、近日中に吊るし柿にしてみようと思っています。熟し柿(3枚目の写真上段の左端)になったものは、渋みが抜けて甘くそのまま食べられます(果肉がゼリー状で濃厚な甘さ)。
 西条柿の拡大写真
IMG_9068m.jpg

 この時期に収穫した他の柿との比較 
IMG_9075m.jpg

 写真上段の左2つは西条(左端は熟し柿)、右は花御所(甘柿)、写真下段の左から順に禅寺丸(不完全甘柿)、次郎(甘柿)、太秋(甘柿)
 



Posted by katakago at 10:33
スモモを収穫 [2016年07月29日(Fri)]
IMG_8676m.jpg

 スモモは万葉歌にも詠まれており、その花を楽しむためにも3種類植えています。先月収穫の2品種に続き約一か月遅れで3回目の収穫時期を迎えました。前2種に比べ大粒です。
 
 ポポーの実もだいぶ大きくなってきました(収穫は来月以降)
 ポポーの実
IMG_8694m.jpg

 ヤマナシの実
野生種で実は小さく、万葉歌に詠まれているのはこのヤマナシとみられています。
IMG_8705m.jpg

 この時期セミの鳴き声が響き渡っています。
 ケヤキの枝で鳴くアブラゼミ
IMG_8709m.jpg

 セミが詠まれた次のような万葉歌があります。
【歌】 石走る 滝もとどろに 鳴く蝉の 声をし聞けば 都し思ほゆ (N-3617)
【口語訳】 岩の上をほとばしり流れる 滝にもまして響き 鳴く蝉の 声を聞いていると 都が思い出される
 題詞には、「安芸国の長門の島の磯辺に停泊して作った」とあり、天平八年(736)夏6月に新羅へ派遣された遣新羅使人一行が、難波を出航して瀬戸内海を航行し、広島県安芸郡の倉橋島に停泊した時に、一行の大石蓑麻呂が詠んだ歌です。
Posted by katakago at 08:44
柑橘類の花が咲いています [2016年05月14日(Sat)]
IMG_8206m.jpg

 果樹園では、サクランボ(暖地桜桃)の収穫も終わり、今、柑橘類が花を咲かせています(写真上は温州ミカン、次はその拡大)。
IMG_8209m.jpg

 他では、ポポーの花が終わりに近づき小さな実が見られます(花が終わる頃葉っぱが出て来ます)。
写真では、中央左に小さな実、その右は遅く咲いた花、右下に葉っぱ
IMG_8204m.jpg


Posted by katakago at 06:20
アーモンドの実 [2016年05月03日(Tue)]
IMG_8173m.jpg

 連休中はカルチャーセンターの講座もお休みで、この間、農作業が捗りました。上の写真は除草を終えた第二果樹園の様子です。
 ここに植えているアーモンドの苗木が今年初めて花を咲かせ、今、実を付けています。
 アーモンドの実
IMG_8178m.jpg

 サクランボ(暖地桜桃)も色づいてきました(防鳥ネットを設置)。
IMG_8184m.jpg
Posted by katakago at 10:42
ポポーの花 [2016年04月12日(Tue)]
IMG_7984m.jpg

 この時期、果樹園ではいろんな花が見られます。
 第二果樹園に植えているポポーは、今年はたくさんの花芽を付けています(次の写真は花の拡大)。収穫時期が楽しみです。
IMG_7970m.jpg

 先月(3/12)報告のサクランボ(暖地桜桃)は、今は、たくさんの実を付けています。色づく前に防鳥ネットを設置しなければなりません(ヒヨドリに狙われます)。
IMG_7967m.jpg

 サクランボの花(佐藤錦か)
IMG_7965m.jpg

 カリンの花
IMG_7897m.jpg

 ヒメリンゴの花
IMG_7999m.jpg

 プルーン(西洋スモモ)の花
IMG_8018m.jpg
Posted by katakago at 09:32
アーモンドの花 [2016年03月20日(Sun)]
IMG_7832m.jpg

 第二果樹園では、2年前に植えたアーモンド(ダベイ種)の花が今年初めて咲きました。実が生るか楽しみです。
 スモモの花も咲き始めました。昨年は果実をたくさん収穫でき、あちこちに贈ったところ大変好評でした(今年も期待)。
IMG_7834m.jpg

 アンズ(写真左)とサクランボ(右後方) 
IMG_7835m.jpg
Posted by katakago at 11:21
柑橘類の収穫 [2015年11月21日(Sat)]
IMG_2880m.jpg

 果樹園で栽培している柑橘類では、10月の温州ミカンの収穫に次いで、デコポン(上の写真、品種は不知火)、”津之輝”、”せとか”が色づいてきました。それぞれまだ若木のため、早めに収穫しています(実を付けたまま長く置くと木を傷めるようです)。
 写真の左からデコポン、津之輝、せとか 
IMG_2883m.jpg

 せとか”は収穫するのが早かったためか甘味よりは酸っぱ味が勝っていましたが、デコポンと津之輝は美味しく食べられました。
 ちなみに、”津之輝”は、清見・興津早生を種子親に、アンコールを花粉親に交配・育成されたタンゴールの一種(2009年に品種登録)で、”せとか”は、清見にアンコールを掛け合わせ更にマーコットを掛け合わせて育成されたもの(2001年品種登録)。

 今朝早く畑に出かける際に朝焼けが見られました。
IMG_2881m.jpg


Posted by katakago at 15:19
| 次へ
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml