CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) 悟史
アジサイ (06/16)
台風の後片付け [2017年11月01日(Wed)]
 先月の台風21号による強風で、裏山では大木の枝が折れ竹も多数倒れ、畑でも果樹が根こそぎ倒れるなど大きな被害がありました。これほどの影響があった台風は2004年以来かと思います。
 折れた枝を片付けるため注文していた充電式チェーンソーが入荷したので、早速作業に取り掛かりました。アラカシは4本の大きな枝が折れて落下していました。チェーンソーを使用するのは初めてで、先端の細い枝から慎重に切断してゆきました(コツを掴むためにも)。この作業では、切断中に両側の枝の重みでチェーンソーのガイドバーが挟み込まれないように、切断個所を選ばなければなりません(何度か挟まれそうになりました)。一日がかりでとりあえず作業を終えることが出来ました。
 径20p以上の枝木もうまく切断できました。
IMG_6392m.jpg

 大きな枝を切り分けたところ(1本の枝でこれだけありました)  
IMG_6404m.jpg

 倒れた竹の片付けは冬の仕事に残しておきます。
IMG_6400m.jpg

 畑に設置した農機具用の物置は強風で土台を外れて大きく移動したため、業者に依頼して元通りに戻してもらいました。
IMG_6362m.jpg
Posted by katakago at 17:10
台風21号による被害 [2017年10月23日(Mon)]
 超大型の台風21号により、こちらでも倒木や折れた枝による建物損傷などの被害が発生しました。

 昨夜の風の強さから何らかの被害が出ているのではと、明け方から裏山や畑の見回りに出掛けたところ、裏山ではアラカシの大きな枝が折れ、それが近所の蔵の屋根にあたって屋根の一部が壊れていました。また、折れた竹が民家の屋根に覆いかぶさっていました。畑では、ミカンやエゴノキが倒れていました。それぞれ関係先に出向いて事情を説明し、とりあえず応急処置を行いました。

 一息入れてから遅い朝食をとっていると、市役所から、ため池に木が倒れているとの情報(2ヶ所)が入りました。早速現場を見に行ったところ、赤坂池では、民家の敷地内の立木が根元から池側に倒れていました。もう一つは岩坂池で、堤(水利組合の管理地)に生えていた木が根こそぎ池側に倒れていました。いずれも建物の被害がなっかたのが幸いです。前者の処理は敷地内の所有者でやっていただくことになりましたが、岩坂池のケースは、根こそぎ倒れた結果、池のそばの民家のフェンスと土台の一部が壊れており、水利組合で修理の手配を進めることになりました。
 
 裏山のアラカシの大きな枝が数か所折れていました。
IMG_6273m.jpg

 折れた枝が飛んで近くの蔵の屋根の一部を損傷
IMG_6284m.jpg

 五輪塔そばにも折れた大きな枝が落下(直撃でなかったのが幸い)
IMG_6283m.jpg

 青竹もあちらこちらで折れて倒れていた。
IMG_6282m.jpg

 畑で倒れていたエゴノキ(早速支柱を立ててやりました)
IMG_6285m.jpg

 畑に設置した物置も位置が大きくずれてしまっていた(風が相当強かったようです)。
IMG_6294m.jpg

 岩坂池では堤に生えていた大きな木が根こそぎ倒れていた。
IMG_6298m.jpg

 赤坂池では民家の敷地内の木が池側に倒れていた。
IMG_6293m.jpg
Posted by katakago at 18:07
両親の法事 [2017年10月09日(Mon)]
 昨日は、両親の法事を縁あって岡本寺(こうほうんじ)のご住職にお願いして執り行うことが出来ました。母の十三回忌、父の二十三回忌(予修)の法要です。私の50代前半に父が亡くなった後は、母は一人暮らしとなったため定年を待たず早期退職して実家に戻りましたが、3年後に見送ることになりました。
 今回は、妹夫婦や子供たちと孫だけの身内が参加して、立派な本堂で心のこもった法要をしていただけました。住職の読経に合わせて、参列者も「摩訶般若波羅蜜多心経(まかはんにゃはらみったしんぎょう)」、「修証義(しゅしょうぎ)」のお経を唱えました(一緒にお経を唱えることが供養になる)。
 法要が終わって後の法話では、白板に板書しながら「四苦八苦」や「輪廻転生」の話などをやさしい言葉で話されました。中・高生の孫たちにとっても印象深い場となったのではと思っています(焼香の作法などで緊張していたようですが)。
 なお、今回の法事に先立ち一昨年自費出版した『木田家のルーツを尋ねる―石碑の銘文に導かれてー』も、亡き両親への供養になったかなと思っています。

 法話の様子
IMG_6265m.jpg

 板書の拡大
IMG_6266m.jpg

 今回の法要で唱えたお経の「修証義」は、曹洞宗開祖道元禅師の『正法眼蔵』を中心に引用し、明治23年に編纂されたもので、日本語による分かり易い経典と言われています(住職によれば何回か読むうちに意味が理解できるとのこと)。このお経について、当日興味をひかれた「第四章 発願利生(ほつがんりしょう)」のところを改めて見てみました。
 「菩提心を発(おこ)すというは、己(おの)れ未だ度(わた)らざる前(さき)に一切衆生を度さんと発願し営むなり、(中略) 衆生を利益(りやく)すというは四枚(しまい)の般若(はんにゃ)あり、一者(ひとつには)布施、二者愛語、三者利行(りぎょう)、四者同事(どうじ)、これ則ち薩埵(さった)の行願(ぎょうがん)なり、・・・・・」と説かれています。
 その口語訳(貞昌院ホームページより)で見ると、最初に「ほとけ心に目覚めた生き方をするということは、自分本位の心を捨て、人のため世のため、生きとし生けるもの全てのもののために尽くすという誓願を起こし実践することである」とあり、「世の中の衆生を利益するために、四つの大切な法(おしえ)がある。その一つは布施、二つは愛語、三つは利行、四つは同事である」と続きます。 第一の布施は心清浄にして欲の汚れを離れること、第二の愛語は慈悲・慈愛の心ですべての衆生に語りかけること、第三の利行は平等に他を利益するための良き手立てを廻らすこと、第四の同事は自己の本心に背かず相手の立場を犯すことなく共在調和・円融無碍の作用をすること」と説かれています。

 近年仏教界は葬式仏教などと揶揄され、荒廃する寺院も多くなっていますが、本来は「人はいかに生きるべきか」を導く役割を担っていると思います。今回の法事を機に、上述の自費出版本でも触れた白隠禅師(臨済宗中興の祖、江戸期の先祖の一人が信奉した)の教え(四弘誓願の実践が強調されていた)についても読み直してみようと思います。

Posted by katakago at 19:15
太陽光発電ようやく運転開始 [2017年08月29日(Tue)]
IMG_0413m.jpg

 今春、屋根と外壁塗装工事に合わせて太陽光発電設備を設置しました(写真の東面のほか、南、西の三面にパネルを設置)。工事は4月中旬に終了していましたが、経産省資源エネルギー庁による設備審査に予想外の時間を要し、設備認定の連絡を受けたのが先月下旬で、先週末に関西電力のメーター交換が行われ、昨日、ようやく運転開始となりました。
 当初は、工事終了後遅くても一月くらいで運転を開始できるものと思っていましたが、この四月から審査が厳しくなったようです。電子申請のため、この間何度かメールでの指示により、「再生可能エネルギー電子申請」のマイページにログインして確認・承認という面倒な操作を強いられました。どうして審査にこんなに時間がかかるのか、施工業者に尋ねても納得のいく返事は聞けません。再生可能エネルギーに対する国の政策変更(「固定価格買い取り制度(FIT)」を見直す改正法の4月施行)と関連があるのかもしれません。

 運転開始後のパネル(12時24分)
左から発電、消費、売電の数値が表示されます(単位はkw)
IMG_0412m.jpg
Posted by katakago at 08:32
転作確認の立ち合い [2017年07月11日(Tue)]
IMG_5819m.jpg

 昨日午後に、市とJAによる農地の転作確認があり、地元の生産組合長として立ち会いました。5月に各組合員が提出した水稲生産実施計画・営農計画の現状確認作業です。自治会館屋上からは、矢問川右岸の農地の大半を遠望できます(上の写真)。 
 農地が分散しており(入り作もあり)、先週末に事前確認していました。当組合では、水稲が栽培されているのは農地のほぼ三分の一強です(残りは野菜・花木などの転作の作付)。
IMG_5823m.jpg

IMG_5825m.jpg

 生産組合長になってから何かと用事があり、4月からはカルチャーセンターの定期講座も尺八と万葉は坂本先生の講座のみに減らしました。
 昨日はその万葉講座(中之島)が午前中にあり、「讃岐国安益郡(あやのこほり)に幸せる時に、軍王(いくさのおほきみ)、山を見て作る歌(巻一・5,6)」の講義で、長歌の「かけの宜しく」の「カク」の解釈に関して、集中の用例を上げ解説されました。「玉だすき」という枕詞で導かれる「カク」の用例から、「心にかける」意と解すべきとのお話の途中で、残念ながら午後の対応のため途中退席しました。
 なお、この歌については、昨年「飛鳥を愛する会」の秋季現地講座でその歌碑(網の浦万葉歌碑)を訪れた際(香川県綾歌郡宇多津町)、坂本先生から解説していただきました。その記事は、次のURLに載せています。
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1172


Posted by katakago at 12:25
田植えの季節 [2017年06月10日(Sat)]
IMG_0032m.jpg

 今朝はお隣の田んぼで田植えが行われていました。地元でイネを栽培する農家も減ってきています(生産組合員の半数ほど)。

 午後は、猪名川万葉の会(代表野々村さん)主催の万葉講座が猪名川中央公民館視聴覚ホールで開催され出かけました。終了後、宝塚から参加されていた知人を植物園にお誘いし、今が見頃の草花を楽しんでもらいました。
IMG_5765m.jpg

Posted by katakago at 19:58
連休を孫たちと過ごして [2017年05月07日(Sun)]
 3日からの連休後半は、子供たちが孫を連れて帰って来てくれました。新緑の植物園や果樹園を案内したり、みんなで近くの多田神社に参拝しました。夜は久しぶりに大勢で賑やかな食事を楽しみました。

 五輪塔(木田氏中興塔)の前で記念写真
IMG_5653m.jpg

 植物園の藤棚で
IMG_5646m.jpg

 果樹園で
IMG_5635m.jpg

 おもちゃの乗り物で遊びました。
IMG_5623m.jpg

 高校生の従姉にジャグリングを見せてもらいました。
IMG_5649m.jpg

 庭掃除のお手伝い
IMG_5668m.jpg
Posted by katakago at 16:26
孫を訪ねて鳥取へ [2017年03月20日(Mon)]
 来月からは地元の生産組合兼水利組合の役員の順番が回って来て、これまでの活動になにかと制約を受けることになりそうなので、それまでの機会にとこの連休を利用して鳥取の孫を訪ねてきました。間もなく1年3か月になります。立ち歩きを始めるようになり、離乳食もしっかりと好みを主張していました。
 本がお気に入りのようです。
IMG_5472m.jpg

 食べたいものを指で指示しています。
IMG_5432m.jpg

 車で30分ほどの所にある岩井温泉(約1300年の歴史を持つ山陰最古の温泉)とその近くのクラフト館 岩井窯を訪れました。
 チャイルドシートに座ってお出かけ 
IMG_5447m.jpg

 クラフト館 岩井窯の前庭で記念写真
IMG_5450m.jpg


Posted by katakago at 19:05
奈良ホテルでの結婚式 [2017年01月21日(Sat)]
 今日は親戚の結婚式が奈良ホテルであり出席しました(新婦は妻の姪)。久しぶりにお目出度い行事に参加できて、私達もとても幸せな気分に浸ることが出来ました。お二人のご多幸をお祈りします。

 アインシュタイン博士が弾いたピアノの置かれた控室で祝電に目を通す新郎新婦
IMG_5264m.jpg

 奈良ホテル館内には、著名な画家の画や由緒ある調度品が飾られています(写真撮影はOKでした)。上村松園の画「花嫁」が本館玄関を入って右側の鳥居とマントルピースの左上に飾られていました。
IMG_5271m.jpg
Posted by katakago at 21:07
新年のご挨拶 [2017年01月01日(Sun)]
IMG_0001L.jpg

 今年も、猪名川万葉植物園に来て下さる方があるのを励みに、日々の栽培管理に努めてまいります。また、カルチャーセンターでの万葉講座受講や故地探訪も継続したいと思っています。

 孫の成長を一年でも長く見届けられるよう、健康には充分留意しなければと思っています。 

 自力で立ち上がれてしたり顔の孫娘
IMG_5174m.jpg
Posted by katakago at 20:45
| 次へ
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml