CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) ともか
孫のピアノ発表会 (08/01) 悟史
アジサイ (06/16)
平成29年尺八定期演奏会(都之雨社)のお知らせ [2017年10月11日(Wed)]
IMGm.jpg

 今年も、「都之雨社」の定期尺八演奏会が来月18日(土)に兵庫県立芸術文化センター(阪急中ホール)で開催されます。私も平成23年の「都之雨社」創立90周年記念演奏会から出演させていただいており、今回は7回目となります。
 演奏曲目10曲のうち、本曲「紅葉」(流祖 中尾都山 作曲)と「春琴抄」(菊原琴治 作曲)の2曲の演奏に加わることになり、日々練習を続けています。「紅葉」は全員での合奏(一部と二部)、「春琴抄」は朝日カルチャーセンター受講生による演奏となります。昨年は2曲(本曲「八千代」と「千鳥の曲」)を暗譜での演奏で覚えるのに大変でしたが、今年はいずれも譜面を見ての演奏なので、その分少しは緊張せずに臨めるかなと思っています。

 なお、「春琴抄」に関しては、以前にカルチャーセンターで習っていた頃に、関連記事を載せています。
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/782
Posted by katakago at 17:05
来年(平成29年)の万葉植物カレンダーが完成 [2016年10月30日(Sun)]
IMG_4819m.jpg

 来年の万葉植物カレンダーが出来上がりました。企画・制作は岡本三千代さん(万葉うたがたり会主宰、犬養万葉記念館館長)で、写真は私が植物園で栽培管理し撮影したものを掲載しています。万葉歌に詠まれた植物を100種以上育てていますが、今回で7年目となり、冬の季節に詠まれた植物種は限られ(歌は複数あるものの)、一部は以前に取り上げた植物(写真は新たに撮影)も含まれています。

 問い合わせ・申し込みは、南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館へ
   TEL:0744-54-9300
   FAX:0744-54-4200
   mail:info@inukai.nara.jp
IMGm.jpg
Posted by katakago at 11:21
尺八演奏会(12/10)のお知らせ [2016年09月24日(Sat)]
IMGm.jpg

 朝日カルチャーセンター尺八講座講師の星田一山先生が主宰される「都之雨社(としゅうしゃ)」の定期尺八演奏会が12月10日(土)に開催されます。今年は「都之雨社」創立95周年記念の演奏会で、会場は兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールです。
 わたしたちカルチャーセンター(中之島・芦屋教室)の受講生も参加します。2曲演奏することになっており、全員で演奏する「本曲 八千代」とカルチャーセンター受講生で演奏する「千鳥の曲」です。いずれも暗譜で演奏することになっており、練習に励んでいます。
 



Posted by katakago at 12:10
セミナー(のせでん悠遊セミナー)のお知らせ [2016年08月06日(Sat)]
IMGm.jpg

 来月7日(水)に、能勢電鉄主催の「のせでん悠遊セミナー」で、「植物を通して万葉集に親しむー万葉人と植物のかかわりー」と題して講演させていただくことになりました。植物が詠み込まれた恋の歌を中心に取り上げてみたいと思っています(パワーポイントで準備中)。
 さる3日に能勢電鉄のホームページでニュースリリースがアップされ、昨日より駅にポスターの掲載、車内の吊り広告にも案内が出されました。
 能勢電 車内の吊り広告
IMG_4164m.jpg

 能勢電鉄のホームページは、
http://noseden.hankyu.co.jp
Posted by katakago at 11:05
紅花染体験(6/22)のお知らせ [2016年06月08日(Wed)]
IMG_0001m.jpg

 ベニバナは「くれなゐ(原文は紅、呉藍)」として、万葉歌に29首詠まれています。
「紅に深く染みにし」、「紅の深染めの衣」、「紅の八入(やしほ)の衣」など、染色の工程を踏まえて詠まれたとみられる歌もあります。そこで今回、ベニバナの開花時期に合わせ万葉植物講座の特別篇として、紅花染体験を実施することにしました。昨年冬に予備試験を行い、少人数(10人前後)なら対応可能と判断しました。当日は、昨年収穫し風乾した紅花(凍結保存中)を使用して、黄色色素の洗い出し → 赤色色素の抽出 → 染色 → 色止め → 風乾までを行う予定です。
 布の種類によって染まり具合が異なるので、木綿(ガーゼタオルなど)と絹(ハンカチ)で比較して見るのも面白いかと思います(黄色の染液での染色も可能)。
 日時:6月22日(水) 10:00〜15:00
 場所:矢問自治会館1階

 紅花染予備試験に関する記事は、
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/946
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/947 

 今日のベニバナの様子(間もなく咲き始めるものと思われます)
IMG_4086m.jpg
Posted by katakago at 11:43
郷土史講演会のお知らせ [2016年01月24日(Sun)]
IMGm.jpg

 知人の勧めもあって、自費出版本の話をすることになりました。郷土の歴史に関わる話題も含むので、郷土史講演会として、来月5日(金)13時より矢問自治会館2階で開催します。
 演題は「石碑の銘文に導かれてルーツを尋ねる」としました。川西市内三か所の石碑と鳥居および大阪市内の石碑の銘文を基に、木田氏の系譜を辿っていったプロセスを中心に話をしようと思っています。キーワードは、清和源氏・両替商・白隠禅師で、このような話題提供は珍しいのではないかと思っています。当日は、パワーポイントを使用して話す予定です(スライドを準備中)。



Posted by katakago at 11:27
来年の万葉植物カレンダーができました [2015年11月30日(Mon)]
IMG_2893m.jpg

 万葉植物カレンダーも、岡本三千代さん(万葉うたがたり会主宰)が制作を始められて、来年で6年目となります。写真は猪名川万葉植物園で私が撮影したものを提供しています。
 月毎の植物と万葉歌を紹介しておきます。
1月 やまたちばな(ヤブコウジ)
【歌】 消残りの 雪に合へ照る あしひきの 山橘を つとに摘み来な (S-4471 大伴家持)
2月 しらかし(シラカシ)
【歌】 あしひきの 山道も知らず 白橿の 枝もとををに 雪の降れれば (I-2315 柿本人麻呂歌集歌)
3月 かたかご(カタクリ) 
【歌】 もののふの 八十娘子らが 汲みまがふ 寺井の上の 堅香子の花 (R-4143 大伴家持)
4月 むぎ(オオムギ)
【歌】 くへ越しに 麦食む子馬の はつはつに 相見し児らし あやにかなしも (M-3537 東歌)
5月 きり(キリ)
【題詞】 大伴淡等の謹状。梧桐(ごとう)の日本琴(やまとごと)一面、対馬の結石山(ゆひしやま)の孫枝(ひこえ)なり (D-810の題詞)
6月 くは(クワ)
【歌】 筑波嶺の 新桑繭の 衣はあれど 君が御衣し あやに着欲しも (M-3350 東歌)
7月 せり(セリ)
【歌】 あかねさす 昼は田賜びて ぬばたまの 夜の暇に 摘める芹これ (S-4455 葛城王)
8月 つきくさ(ツユクサ)
【歌】 朝咲き 夕は消ぬる 月草の 消ぬべき恋も 我はするかも (I-2291 作者未詳)
9月 いはゐつら(スベリヒユ)
【歌】 入間道の 大屋が原の いはゐつら 引かばぬるぬる 我にな絶えそね (M-3378 東歌)
10月 すすき(ススキ)
【歌】 人皆は 萩を秋と言ふ よし我は 尾花が末を 秋とは言はむ (I-2110 作者未詳)
11月 うまら(ノイバラ)
【歌】 道の辺の 茨の末に 延ほ豆の からまる君を はかれか行かむ (S-4352 丈部鳥)
12月 はり(ハンノキ)
【歌】 思ふ児が 衣摺らむに にほひこそ 島の榛原 秋立たずとも (I-1965 作者未詳)

 カレンダー購入希望の方は下記のいずれかまで連絡ください(頒価は1200円)。
E-mail: info@inukai.nara.jp (犬養万葉記念館)
E-mail: takao_kida@jttk.zaq.ne.jp 
Posted by katakago at 17:10
自費出版本が完成 [2015年11月27日(Fri)]
IMG_2894m.jpg

 昨年来、「木田家のルーツを尋ねる」取り組みを続けてきましたが、この度ようやく自費出版に漕ぎ着けました。
 自宅裏山にある五輪塔(木田氏中興塔)の側面に刻まれた碑文から、木田氏の祖先の事跡を記した石碑が、大坂城南の大山禅寺にあることが分かり、昨春ようやくその石碑を見つけることが出来ました。その石碑(木田院碑)の銘文は白隠禅師によって宝暦八年(1758)に書かれたことも分かりました。その内容をもとに、自宅に伝わる木田中村系図や過去帳などの文字資料もあわせ、木田氏の系譜を辿ってみました。木田氏の始まりは、承久年間に重長(源満仲の弟満政の流れをくむ)が美濃国の東有武郷木田庄を根拠地にしたことに由来することが分かりました。応仁・文明の頃多田郷に戻り、後に帰農し、江戸時代の初めに多田郷から大坂に出た木田氏は、両替商を営んだことが分かりました(鉄屋庄左衛門、川崎屋三右衛門)。
 本書では、石碑の拓本はじめ、入手できた当時の関連資料を掲載(フルカラー印刷)し、関心のある方が活用できるように心がけました。

 購入希望の方には、2000円(税込)でおわけしています(送料は当方で負担)。連絡先は、
E-mail: takao_kida@jttk.zaq.ne.jp

 本書の一部(五輪塔の箇所)
IMG_2896m.jpg

 これまでの関連記事は、
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/783
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/836
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/879
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/944
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/952
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/986

Posted by katakago at 06:41
定期尺八演奏会(27年度、都之雨社)のお知らせ [2015年09月20日(Sun)]
IMG_0001m.jpg

 今年の都之雨社の尺八演奏会は、来月12日(月、祝日)に兵庫県立芸術文化センター(阪急中ホール)で開催されます。
 今回、朝日カルチャーセンターの尺八講座(中之島、芦屋)受講者は、「秋風辞」(菊原琴治 作曲)を演奏することになっています。この一年練習してきましたが、舞台での演奏は琴・三味線との合奏のため、今日初めて合同の練習会があり参加しました。これまで尺八だけの練習はずいぶんやってきたつもりですが、三曲合奏となると呼吸を合わせて吹くのに戸惑う個所もありました。録音したものを聴きながら、練習を重ね2回目(10/3)の音合わせに備えるつもりです。


Posted by katakago at 17:07
来年の万葉植物カレンダー [2014年10月31日(Fri)]
IMGm.jpg

 
 来年の万葉植物カレンダーが出来上がりました。岡本三千代さんの「つらつら椿(株)」で企画・制作されているもので、私が植物園で撮影した写真を提供しています。今回で5年目となり、表紙も妻の植物画を採用していただきました。
 毎年楽しみにされている方も多く、早速お届しようと思っています。
 
 つらつら椿(株)への連絡は下記まで
IMG_0001m.jpg
Posted by katakago at 18:46
| 次へ
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml